2016年8月30日 (火)

Aqa_004


やませみ少女の色付け完了。あとは、蜜蝋クリームで磨くだけ。

台風は東北への上陸となったがそれでも雨は降り、風は吹いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

ヤマセミ少女の仕上げの彫りを終えた。仕上げだけは、なぜか自信をもってできた。

さらにチークオイルをかけた。

台風が近づき、時折、風が吹いた朝だったが台風はそれた。仙台の方へ行った。夕方は、すがすがしかった。

歩いていると、川の土手に彼岸花の紅を見やしないかと、警戒した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から雨降り。

風が少々ある。涼しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

Awr_002


ヤマセミを彫った。さすが小鳥の彫りは的確という気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

Aqaq_003


Aqaq_001


Aqaq_002


頭の上に載っているのはヤマセミだ。もう少し削るひつようがある。鳥には色をつける。少女の黒目と、

唇の紅と眉毛には薄茶をいれる。他には色はいれない。

ああでないこうでもない、さんざん手を加えた。顔がまずく見えて見えて、どうにかここまで、持ってきた。

今でもいいのか、まずいのかわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ヤマセミ少女。

左耳を彫り、全体を掃除しながら、ヤマセミを彫り始めた。少し疲れた。これ、デキはどうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し涼しくなった。でも暑い。

ヤマセミガールのヤマセミを彫り始めた。英語の勉強した。バイクで三島まで用足しに。Kんちへまた行った。かき氷を作ってもらった。

散歩はせず。

ハイビスカスの鉢を買ったのだ。一輪咲いては朝には散り、朝に咲いては、夜に散る。力いっぱい派手なこの花

が好きだ。

Av_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

Aqws_001


午前中、ヤマセミ乙女を彫る。

今まで、いいな!と思ったり、へぼいなと思ったりの繰り返しだったがここらで、ありようが見えてきた気がする。

手間はかけただけのことはある。素朴で、芯のしっかりした、それは優しい乙女だ。

あとは頭上のヤマセミを彫る。ヤマセミは頭部が仕上がってからでないと、彫っても折れてしまう危険があるので、ここまで待った。

昼食後、Kんちへ行って、すいかを食べさせてもらった。

木彫りがまだ社会に繋がらないので、孤立感がある。簡易局をやっていれば、休日以外は社会との

きづなを感じられる。段々、社会とつながるだろう。作るものは次々に傑作だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過。

で、涼しくなるのだろうか。北海道は豪雨にさらされたそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

Asdf_005


台風が伊豆をかすめて、土砂降りだった。

一日、ヤマセミ少女を彫った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«