2018年11月 6日 (火)

マンドリンを乗せた馬を叩いた。楽しげな仕事で、よろしい。

雨模様の一日だったので、犬は巣におこもりしている。その前を通るたびに

引っ張り出して挑発するのだが犬は全然乗らない。こいつも、最近大人っぽくなって、

余り相手をしてくれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

小鳥のような美しい声でしゃべってやろうと、近所のカラオケ屋さんに通っている。


発声練習をしている。買ったdvdを見ながら、素直な生徒をやっている。中年のかわいらしい女性の

先生で声楽家というのか、歌っていたんだと思う。現在は、各企業を巡って稼いでいるそうだ。

合理的にできているらしく、たちまち美声になった。

午後、マンドリルを乗せた馬   という作品をバンドで切り抜いた。クルミだ。クルミの仕上がりは素晴らしい。

伊豆木で買った楠は使う気にならない。

久しぶりに材を切り抜いて、すっきりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

陽が沈んでから、散歩した。だが夕日は力強く残っていた。風は吹かなかった。

早寝するのだが寒いせいか、7時まで寝た。明日は早起きしてストレッチして、馬に乗った猿の絵を描こう。Cocolog_oekaki_2018_10_31_21_40


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

Uma18_004


蜜蝋仕上げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

Kaki3_015_2


馬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

疲れっぽいので、すこうしやった。

馬に乗っている人のへそより上は継ぐのだがそれを3回作り直した。3日かけて。

わお サイコー!
Cocolog_oekaki_2018_10_17_21_33


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

涼しくなった。

柿はまだ青い。彼岸花は散った。いかがお過ごしでしょうか。馬は、終了間近で、まだ彫っています。

このくらいの大きさがいいのかも。毎日、手間をかけている分が馬の身になっている。

俺は、馬が得意技なのかもしれない。次も馬を彫るぞ。

Cocolog_oekaki_2018_10_15_20_45


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

稲刈りが始まりそうな気配だ。

朝、セブンイレブンに行ってお菓子を買って来た。昼にはパンやがパンを売りにきた。

疲れている時に頑張らないで、セブンイレブンへ甘い菓子を買いに行こう。夜はHが饅頭と

アイスクリームともみじまんじゅうを買って来てくれた。Cocolog_oekaki_2018_10_04_19_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

隣の町で10日間ばかり、前島秀章さんが個展をやると聞き、朝、車で行って来た。

だいぶ腰が曲がっていたが並んでいるものは初めて見るものばかりだった。風神・雷神があった。

妖精二ひきの立体が向かい合った風神雷神は、ユニークだった。お雛様もいくつか作ってあった。顔を

真っ赤に塗ったマントヒヒは、あの若い作家にインスパイアされたのかな。

松尾芭蕉の立像もあった。これはヒントになった作品があったはずだ。「一笠一杖」という題で写真で見た

ことがある。

前島さんはご高齢だが常にアイディアを持って作られている。今回の作品は、売ることを考えてか、

持ち運びをかんがえてか小さなものが多かった。松尾芭蕉・・・・

前島さんは、ご婦人とずっと話されていた。話し掛ける勇気もなかったが何を話せばいいのか。

一番聞きたいのは、仕上げの方法と、材料の仕入れ先だ。

帰って馬を彫り始めた。終わりがみえてくると、なぜか手が遅くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

馬を彫っている。

なんか一時、腕が悪くなった気がした。しかし、今盛り返している気がする。幻想かもしれない。

20分以上連続して彫れないことに変わりはない。そんな自分に馴染んでいくのかもしれない。


花火・・・・・・・・・・・・・・・・・・どむ  紅い彼岸花

花火・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・どん 白い彼岸花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«