« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

羊羹を食べるの巻

Hune

山へ行くつもりで夕方を待っていたら、また雨が降った。降りそうな予感があったのだが降った。

夜、羊羹をひとりで、もくもく食べた。一切れ食べたらずいぶん甘くて、もう充分と思ったがブラックコーヒーを

一口飲むと、二切れ目も美味しく食べた。甘さが胸の中で嵐の海のように逆巻いたがまたコーヒーを一口すると、

三切れ目も、おいしく食べられた。その調子で五切れを食べつくし、非常な満足感に浸って、しばらくうっとりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

Ame_tyotto

夕方、図のごとく雨が降った。とうとう降った。降って、すぐやんだ。

私は、局を閉めたら、すぐ山へ登って、馬頭観音の荒取りをするつもりで、荷物を全て車へ積み込んで

おいた。雨を見て中止にした。

夜、いじる木彫りがないと、夜が長い。今、秋山祐徳太子の本を読んでいて、その中にブリキで作った

円空風の仏像の写真がある。昔、女の子が胸の辺りで手をひらひらさせたものだがそんなポーズの仏像なのだ。

私は、かねがね、木彫りが大きく手足を広げられないのを不満に思っていたのだが手足をひろげなくても、

塊りの仏像でも、こんなにいいんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

空について思う

昼日中、机を前にして、空の事を考えた。空だ。

曇って曇って、低い空。なんと広大なことか。地上にあるものは、耕された畑と田んぼ。手入れをされない

葡萄畑だ。昔は、ビニルハウスの中で生きていたのだがビニールは、きれいに失われ、ハウスの鉄骨だけが

残り、それは赤錆びてゆく。赤錆びた骨格に守られた葡萄は、青々した葉を揺らせている。そして通り過ぎる

車の音。車は、平面の上だけを走る。

地上は、そんなものだ。

だが考えて。空は、地上の100万倍も広いんだ。地面を100万枚も積めるのが空だ。私は、思いを巡らした。

空に、そこにどれだけ多くのものがあるだろうか。その豊饒を理解しようとした。小鳥、飛行機、飛行蜘蛛、

ちり、埃、巨大な雲、光、

一方、深海では、抹香鯨と大王イカが格闘している。

洞穴にシーラカンスの一族が住んでいる。プランクトンが雪のように舞っている。人知れず海底火山が

大噴火している。鮫の群れが漂流者をひとりまたひとり、海へ引きずり込む。カリブ海の底には、

16世紀の金銀財宝。海の方がおもしろそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

箱根は隣町

Oirase

涼しい日だった。東から冷たい風がさわさわと吹いていた。奥入瀬川の流のようだった。

局に来た奈古谷のお客さんは、ジャンバーを着て、鼻水をすすっていた。エメラルドタウンから来た客は、朝、

ストーブを焚いたと言った。

ところで、下田まで1時間で行けるということが判明した昨今である。夕方、箱根へ行き、お風呂を借りて帰って

来る事は可能かもしれない。

夜、馬頭観音の木取りの仕方を煮詰めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

絵を描いた

Batou1

朝、8時から町内一斉空き缶拾い。

空き缶など拾い、消毒薬を壜に分けてもらった。

D2に買い物に行った。延長コードを二本。ヘッドフォン。ビデオカセット3本。シャンプー詰め替え用を3本購入。

ボディシャンプーを買い忘れたのが悔やまれる。今日は、木彫りをやる日だと思い決め、家にいる。

テレビをつけて、寝転びながら作品の構想を練る。馬頭観音と体育座りしている若い女性、というアイデアが

ふたつ並んで頭の中にあった。眠くなった。体育座りの女というのは、TV番組表雑誌の裏表紙にそういう女の

写真があったからだ。昼ご飯を父がお弁当屋から買ってきてくれて、それを食べた。カツ丼だった。今、どちら

かというとダイエットしている私は、カツ丼はパスしたかったが買ってきてもらった身分で文句は言えず、おいしく

いただいた。「鮭の切り身などが入っている、バランスの取れたお弁当を買ってきてよ。」と頼めばよかったと

思った。でも、それでどんな弁当を父が買ってくるかは、心もとなく、やはり自身で行くしかないのだなと思った。

他人に自分の食べるものを選んでもらうということは、木彫り屋が材料を人に任せて買ってきてもらうようなものだ。

夕方もかなり眠かった。それでも私は、構想を練り続けた。3時になるころには、どうやら馬頭観音を作ろうと

いう方向で決まっていた。それからダービーをテレビで見た。なんと60何年ぶりに牝馬がダービーを勝った。

快勝だった。ウォッカという馬だ。愕いた。馬頭観音を作ろうということで決まった。胡坐をかいていて、両手を

前で合わせて拝んでいる。ジーンズをはいて、襟付きの半袖のシャツを着ている。このシャツは、柄物で

彩色を施す予定だ。

そこまで決まり、私は、父の車を借りて、ドライブに出かけた。ほとんど下田の近くまで走って、帰ってきた。

父の車は、マニュアル車なので面倒で楽しい。普通車は、スピードが出るので、後ろに車を溜めたりしない

ので快適だ。

夜、クスノキの材に馬頭観音の絵を描いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

すいすい天城

Amagikoe

すいすい走って、下田まで行った。若葉緑の風の中・・・・・

そして天城を越えて、すいすい帰ってきた。天城を抜けるときは、渓流の縁の苔の中を歩く小さな虫になった

気がした。天城の森は、しっとり湿り気を含み、ひんやりして、爽やかな光がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

雨降りたくさんたくさん降った

Mizutamari

朝から雨が降っていた。昼も降っていた。夕方も降っていた。夜も降っている。今も降っている。

たくさん降った。そしてまだ降るのである。風も吹いてきた。こういう天気がたまらなく好きだ。

夕方、大仁のBCへ行った。いつつばかり、最高のバッティングをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

暑いかな

Kaimono1

良い天気。

焼き物の長島先生が来て、「寝ている猿」をおもしろがってくれた。この猿、あまり自信がなかっただけに

ありがたかった。またひとつ作ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

夏も近づく

Nirakou

少し暑い。

木彫りの今度作るものの絵を描いている。当分、絵を描き続けよう。10作分くらいの構想を貯めるのもいい。

夕方、壁とキャッチボールした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

ナチュラル

Oyako

また好天。少し暑い。

夕方、大仁のBCへ行こうと思ったがやめた。届いたnaturalというCDを聴いた。なんて良いんだっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

あたり一面

Hiyori

土日の研修会もなんとか乗り切った。今度と言う今度は、駄目だと思った。皆様のおかげです。

で、今日も良い日和だった。先日、まとめてアマゾンで、ブラジル音楽のCDを注文した。ぼちぼち届くのが

楽しい。ブラジル音楽のCDは、回したとたん、あたり一面ブラジルになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

直接感じて

夕方、大仁のバッティングセンターへ行った。ゆっくり打った。木彫りもやりたいものだ。流木を使ったものを

やりたいと、前から思っているのだが海へ行って見ると流木はないのである。

農民美術の先達の言葉に「直接感じたものが尊い」というのがあって、そうだよなあと思う今日この頃だ。

武捨さんは、「直接感じた素朴な造形」と、受け継いでいる。直接感じて・・・・・・・だよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

未来を救うのさ

風の涼しい日だった。

車検は6月に迫っていたのだ。エアウエイブを買おうと言う気持ちより、キャロルでいいよねえという気持ちの

方が強くなった。キャロルには、全く不満はない。

良く走るし、故障しないし、屋根は開くし、燃費はいい。ただ、より性能の高い車に乗ってみたいという欲求がある。

そういうものを追うのは、この科学文明と共に破滅へ向かう事を意味する。私は、一生キャロルに乗って人類の

未来を救うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

風が吹いた

涼しい一日だった。風が吹いた。午前中は、車をきれいにした。午後は、寝転んで本を読んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャロル

午前中、中古車を見に行った。軽しか持った事がないので普通車の座席に座ると、圧倒される。慣れるだろうが

今乗っているキャロルはやっぱりいいなと思った。屋根も開く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

暑かった。

車を買いたい。ホンダのエアウエイブという車が良いなと思っている。サンルーフで、1500CC。荷物も積める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

雨降り

隣組のどぶ掃除が雨で流れた。良く降っていた。連休の血と汗と泪を洗い流すがごとき雨だった。

私は、大仁ボウルへ行って、テニスとバッティングと卓球とサッカーの練習をやった。昼からデラホーヤ対メイウェザ

ーを見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

大仁に・・・・知らなかった。

実は、大仁にバッティングセンターがあったのだ。たまたま、ネットによって知った。ボーリング場に併設さてて

いるのだ。田園に向けてネットを張った4打席がある。その他、ストラックアウト、サッカーのストラックアウトもある。

テニスの練習用マシンもある。これがおもしろいのなんの・・・

きょうは、その大仁へ朝、行ったのだがあとは、家で静かに休んでいる。おいちゃんは、少し遊び疲れた。

きょう、あすは、ゆっくり休養する。休養には、最高の季節だ。居ながら軽井沢の5月である。木彫りのどこが

おもしろいのかさっぱりわからなくなりました。私は、小説家に転向いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

インディアンサマー

朝もはよからバッティングセンターへ行った。

ストラックアウトを6ゲームやった。こんなにやるバカはいない。あげくに、ノーコンピッチャーになった。

今まで、積み上げた来たものがぶっこわれた。

千本浜へ行って、昼ご飯を食べた。コンビニで買った物を車の中で食べた。お弁当とお茶とチョコレートと

ロールカステラの切り身と柿の種。海は、水色できらきらしていた。浜辺の草の青さが目に滲みた。こんなだった

ろうか。沖縄かカンクンの海みたいだ。

バーベキューをしている人たちもいた。わたしは、堤防に球をぶつけてキャッチボールをした。壁が傾斜して

いるので、ほとんど真上へ跳ね返ってからゴロになって帰ってくる。おもしろいおもしろい。やがて、強く投げたら

高く上がって、堤防のてっっぺんを走る歩道へ落ちた。それで、シタシタッと堤防の斜面を駆け上がり、手を縁に掛け、体を引っ張り上げ、左足を縁に掛け、歩道へ身を落とそうとしたが重心が移動してくれ

ない。・・・・できない。私の自身の身体能力についての認識は、30歳代のものかもしれない。その頃から、12キロ

増えている。私は、あえなく堤防の斜面を滑り落ちた。まあ、もう一度やって成功したのだがそれは、脚を縁に

掛けて、ひらりと歩道に飛び降りるというものではなく、トドのようにずるずると体を縁に引っ張り上げて、

歩道へ落ちるというような無様なものだった。帰りは、斜面を滑り降りるのは、極めて危険だと感じて、

百メートルばかり向こうの通路を利用したのだった。

そのあと、本を読んで昼寝した。どちらも充分にできなかった。車を出して、富士のバッティングセンターへ行った。

そこでまたストラックアウトをやり、心身ともにぼろぼろになった。今日は、調子が悪いなと思ったら、そこで

やめるのが名選手だ。それができなああああい!泥沼にはまってしまうのだった。

でも、まあよくやった。この人生のインディアンサマーを楽しもう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

暖かくなった

Ringo

あしたから4連休で、有意義に過ごしたいなどと思っている。

木彫りを彫りたいのだが何を彫るか決まらない。やる気の出るような物を考えたいのだ。とりあえず、明日の朝は

バッティングセンターへ行って・・・だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »