« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

Marutagakita


朝、伊豆木材が丸太を持ってきた。ガレージに据えた。車は、外の駐車場に移した。
置かれた丸太は、美しい。ベンチのように腰掛けてもいい。跨って、龍の背に乗っている想像をしてもいい。
夜、その上に寝転んで、涼むのも良い。
この丸太を刻むなんて罪だ。

夕方、長伏のプールへ行った。50Mプールには、水が入れられてなかった。使えるのは、子供用の浅いプールの二面だけだった。そこで、泳いだ。20分くらいかな。それだけ泳げば十分だ。意外に泳げた事に満足した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

きょうもよく降った。
ミレニアムという小説を毎晩読んでいる。高尚な本では、ないけれど、やたらにおもしろい。
もう二冊、読み終えた。きょう、新たに二冊届いた。

体重がもう少しで70kgになる。毎夕、プールで泳いで、夏ばてするのも手だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

これは、もう梅雨ではない。雨季である。タイとかグアテマラの夏と同じだ。

牛頭観音は、投げた。すっきりした。

土曜日にバイクで走っていて、材木屋の出張所をみつけた。「木の駅」というものだ。それの本社が
三島の山にあり、そこに材がぎっしり詰まっているらしい。家具材をメインにした材木屋だから、有望だ。
こんな材木屋を15年も知らずにいたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

夜、牛頭観音を彫っていて、放り投げたくなった。
昼間にドリルで合掌した手と胴の間を抜いた。これは、やはり間違いだった。今の自分は、もう
面倒な「抜き」などやる気持はない。

抛りたい。歯を食いしばってでも完成させるのが明日につながるのだろうか。素早く捨てた方が
利口だろうか。木彫りの意欲がなくなってきているのだろうか。もう少し、上手に彫れないものか。
2連続で失敗しようとしている。
一方、伊豆木材市場の丸太は、欲しいのである。ともかく、これからは、単純な形を目指そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

伊豆木材に大きい楠の丸太がある。
枝でも、直径70cmある。とりあえず、枝が欲しい。置く場所を確保したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

夕方、牛頭観音を叩いた。
なんとか形にするだけで、精一杯だ。仕事場に完成した馬頭観音があるので、ついつい、それを見て、彫ってしまう。
馬頭観音は、自分でポーズをとってみたりしながら彫ったのだ。その方が良いものが出来るはずだ。
馬頭観音を見えないところに仕舞うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

隣の家が改築のために、取り壊す。きょう、足場を組んだ。

山で牛頭観音をチェーンソウで荒取りした。初めの一太刀で失敗したと思った。帰ろうかと思ったが
時間を無駄にしても良いから、失敗とわかるまで、やってみようと思い、続けた。
けっこう乗ってきて、形になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

Sorawomiru


今日も暑かった。夜も更けた今も暑いのであった。
朝から、局に監察官が総合監査に入って、4時まで絞られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Denwanidenwa


暑くなった。
牛頭観音を木取りして、絵を描いてある。週末に荒取りするつもりだ。
ここのところ、木彫りをやらないので、無気力な夜を過ごしている。名探偵モンクを録画したものを
一晩中、見るともなく寝ていたりしている。そうしていられるということは、幸福なことで、
また心身の状態もいいのかもしれない。いいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »