« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

風がなく、陽射しのある日だったが東風が冷たかった。
夜、一時間木彫りをやった。形に拘ると、動きを忘れる。夜になっても、風はなく静かだ。でも、車はさかんに
道路を行きかっている。

ボブ・ディランの昔の歌の台詞に、time is ocean というのがあって、私の思うには、きのうも、きょうも
似たようなもんで、揺られ揺られている間に歳をとるんだというような意味ではないかと思う。
実際、きのうと今日を区別する確かな物ってないよね。

昼間、父母が伊賀スーパーへ買出しに行った。週一回、私がいけば済むことなのだがまだまだ、
買い物に行きたいらしい。母は、そのせいか、夕食には、パックの惣菜を数種類並べて、済ませた。
くたびれたと言うことだ。
年寄りのために、コードレスの親子電話を買ったり、電気炊飯器を買ったり、新しい平らなまな板を買ったり、
両面焼きグリルつきのガスレンジを買ったりしているのだが母は、電気炊飯器以外には、すぐなじめず、
親子電話の子機は、信用できないと言って、触ろうとしない。川の中へ放り投げてやろうかと思って、思いとどまってよかった。近頃は、お膳の上に置いて、かかってくるのを待っている。
新しいまな板は、大きすぎると言う。元の表が凹になったまな板を使い続ける。きのう、のこぎりで切って、小さくしてやった。元のまな板は、鉈で割ってあげた。
両面焼きグリルで、餅を焼いて、焦がした。火力を弱くすれば、焦がさないと思うのだが「まあ、だまし、だまし使うさ。」などと、うそぶいている。新しい物に適応しにくいのが老人だろうが見ていると、イラッイラッとするな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

日曜日。朝から、木彫り。午後も2時間ほどやった。一日、仕事場にいても、思ったほどには、捗らないものだな。
気温も低めで、天気もパッとせず、週末は、天気がOKという、もっぱらの噂だったがそうでもなかったようだ。
父は、朝、寒いと言って、ストーブに灯油を足した。

午後、佑太が来て、印紙を買っていった。パスポートを作るのに、使うのだそうだ。オーストラリアへ、修学旅行するそうだ。近所の息子も何年か前にオーストラリアへ修学旅行で行ったな。
私の高校の修学旅行は、九州だった。夜行寝台で行き、5日間くらいだったか。思い出すに、贅沢な旅行だったな。オーストラリアの方が安価なように思える。韓国とか、台湾、タイランドなら、もっと安いだろう。
一ヶ月くらい歩いたって、10万かそこらで・・・・

私のパスポートは、もう切れただろうな。確か9年前に、8年間有効のパスポートを作った。どこへ行く予定もなかったがいつでも、この生活から脱出できるんだという、証書が欲しかった。どこへも、行かなかったな。
それも良いこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

名前

部屋に戻り、灯りをつける。
慣れた仕事を無難にこなした一日だ。疲れなんてない。リクライニングチェアの上で体を伸ばす。でも、開放感は、あるさ。
DVDレコーダーで録画した番組をチェックする。映画なんて、たいがい駄作さ。見れるものなんて10本に1本もありゃしねえ。
デトロイト・コップ・シティ?ふん、題名だけは、一丁前だな。見てやるか。

これがS・L・ジャクソン主演の狼のような捜査官と歯科医療器具のセールスマンの中年おやじが偶然組んで、銃の密売組織を壊滅させるという映画で、笑えた。

久しぶりの満足感に浸りながら、リクライニングを更に深く傾け、エンディングの役者の名前が連なる字幕に目を向けていた。延々と続くやつだ。
映画というものは、なんと多くの人々が多大なエネルギーを費やしてできるものなのだろうか、という感慨をいつも感じる。
その時、不意にひとつの名前が俺の目に飛び込んできた。あ、あの名前は・・・・たしか・・・いや、そんなはずは・・ありえねえ、絶対ありえねぇ!                   Eric Potechin  
エリック・ポテチン・・・・んな名前があったなんてーーーー

end
これどうかな。小説なんですが一応。
きのう、新しい眼鏡を受け取ってきた。プラスチックレンズは、傷つきやすいから、ずぅぇったい、からぶきするなと
店員がのたまった。レンズクリーナーをお使いください。目の前に、レンズクリーナー3000円が置いてある。
これを買いなさいと、言わないのが奥ゆかしい。買わないよ。

今日は、1500円床屋へ行き、スポーツ刈りにしてもらった。人んちの鏡で見ると、白髪が多いなあ。でも、まあ、精悍になったような。眼鏡は、度は前と同じにしてもらったが掛けてみると、景色が明るく見える。それは、いいが
遠近眼鏡をかけているような、違和感がある。慣れるのだろうか。

結局、木彫りは30分だけ。龍の頭はいいのだが人の頭、ふたつがうまくない。へただなあ。やになる。
明日は、腰布から彫ろう。朝からやるぞ。

きのう、母が簡保の宿で一泊してきたら、今日は一日へばって、寝ていた。私は、自分の食事は、ちゃんと作って、たっぷり食べたが父の分は、作らなかった。父が俺の分も頼むと言えば、作ってあげたが言わない。父は、カップラーメンを食べた。3時ごろにも、カップラーメンを食べていた。
老人の一人暮らしは、カップラーメンに埋もれるのだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

びっくり

寒くて、雨降り。
近所の人に、中国の木彫りを見せていただいた。孔子像で頭部だ。直径25センチほどの丸太に
彫ってある。白木仕上げだ。
その像の目の彫り方に驚いた。彫刻の場合、目の仕上げ方は、誰も悩む所だと思う。その孔子様の目は、・・・・・
おわんの真ん中から噴水が出ている状態を想像してほしい。おわんが黒目で、噴水が瞳孔だ。
そういう形に彫ってあるのだ。間近で覗き込むと、妙なものだが離れて見ると、活き活きした人の目になっているのだ。びっくり。
今彫っているもので、やってみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

昼休みに、本局へ切手を買いに行った。帰りに伊賀スーパーで買い物をした。
帰って、冷蔵庫を見たら、肉とベーコンは冷凍されて、たっぷりあった。冷蔵庫をチェックしてから
買い物をすべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

風もなく、穏やかな一日。
午前と午後に少しづつ、彫る。三面の造作は、ほぼできた。腰に巻いているものの造作をせねば。
出かけることもなく過ごす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

風が吹き、遠くの景色が霞んでいた。
どうやら、黄砂が吹いていたらしい。眼鏡がいたんだので、新しい物を誂えに出かけた。また、黒縁眼鏡にした。
私には、どうもセルの眼鏡があっている。
メタルフレームは、突然、ネジが抜けたり、つるが曲がったり、壊れやすいように思える。それに、セルは、ぬくもりがある。レンズは、ガラスにしたいと思ったが店員の言うには、私が今、掛けている眼鏡は、プラスティックなのだそうだ。だとすれば、問題ない。プラスチックにした。4日後にできあがるそうだ。
眼鏡市場という店だ。15750円だったか。
時計の電池交換を要求してみたが「時計あつかってないんですよう。」という予想通りの返答だった。それにしても時計の電池が一年で切れてしまった。早すぎる。故障の可能性もある。

帰りに、ガソリンを入れた。ガソリンはやはり、人にいれてもらうのがいいな。リッター10円安ければ、セルフも考えるがまるで安くないんだもんな。セルフは却下。
空気圧も見てもらい、ボンネット開けて、点検もしてもらった。バッテリーが弱り始めているから、気にして置いてくださいとのこと。
本屋に寄って、ボクシング雑誌を買った。100円均一ショップで、茶碗とマグカップふたつと、メモノートと、物いれの篭ふたつと、枕カバーと、ガムテープ二本と、フックのネジを買った。
最近、コーヒーカップを二つ、欠けさせてしまたので、カップを買った。大きくて、薄手で使いやすいものだった。便器を連想するほど、細工のないものだが使いやすい。
かえって12時だった。

夕方3時に木彫りを始めたが擦りガラス越しの夕陽が暑くて、じきに撤退した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

6時半、起床。
ゆうべは9時に寝た。随分、寝たもんだ。9時前に、沼津のBC(バッティングセンター)へ行った。
一年ぶりくらいだ。自分の体が鈍っているのがわかった。
午後、は正味一時間、木彫りをやった。明日は、朝、バイクのエンジンをかけて見ようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

静かな日。
朝、涼しいが午後になり、冷えてきた。夕方、さらに冷たい風が吹き、やがてそれに、雨が混じった。きのうと同じ天気では、ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

朝、涼しかったがだんだん、冷えてきた。夜は、ストーブを燃やしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

朝、3時ごろ、強烈な風で目が醒めた。雨が混じり、雷がなり、地震も来た。
そして、暖かい一日だった。
新しい、マウスが届いた。やはり、シャープな動きをする。嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

晴れ。朝、町内一斉清掃。
「昔は、空き缶がいっぱい落ちてたもんだがな。」「今は、ないねえ。」などとぼやきながら、みんなで
田んぼ中の道を歩く。持ってきたビニール袋を、格好つく程度に、ふくらませるのに、みんな苦労している。
組長さんは、今日が最後のお勤めで、挨拶して、解散した。

午前と午後、少しづつ木彫りをやった。足を削り上げ、龍の頭の造作と、吠える顔の造作をやった。
吠える顔は、本当に吠えていること。

夜、パッキャオ対クロッティを見た。パッキャオの一方的な判定勝ちだった。パッキャオがステロイドをやっている
という噂は、私は本当だと思う。階級を上げれば上げるほど、強くなるなんて言う事は、薬でも
使わなければ、ありえないことだ。
ただ、薬さえ使えば、誰でも、あんな活躍ができるかと言えば、そうではない。パッキャオは、稀有のライオンハートと、技術を持った選手なのだ。

だが、薬を使い始めたら、ボクシングは、どうなってしまうのだ。その歴史は、どうなってしまうのだ。
若いファンにが彼に熱狂するのは、当然だと思う。パッキャオは、それだけ、魅力のあるヒーローだ。
そのスピードと、手数と、フットワークを駆使して、ガードの固い、論理的な中南米のボクサーたちを打ちのめす
姿は痛快だ。世界のスタンダードとなった中南米のボクシングに対する、東洋ボクシングの反証とも、受け取れる。
若いファンが彼を英雄視し、超人と呼ぶのも当然だ。しかし、薬はいかんなあ。私が若い頃、もし、モハメッド・アリがステロイドを使っていたと知ったら、その事実を受け止めるのは、つらいと思う。

でも、パックマンは、使っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

きのう、高校生の甥に身長を聞いたら、「最近、計ってないからわからねぇ。学校で計っても、先生が黙って、目盛り読んで、書き込むだけだし、体重計に乗ったら、こっち側の針のとこに紙貼ってあった。わけわからねぇ。」
と言っていた。

身長も体重も、個人情報なのだ。本人にも教えないで管理しているのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

暖かい日。風もなし。花粉が飛び始めているようで、マスクをしている人もいる。
佑太が顔を見せた。ファイナルファンタジーをやっているそうだ。彼は、物心ついた頃から、FFをやっているということになる。5歳から16歳まで、FFシリーズが続いた。
5歳から16歳。これは、長い。その年月は、広大な暗い森を延々と歩き続けるイメージだ。ヘンゼルとグレーテルが歩いた森だ。
その後の30年分くらいに相当するのでは、ないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

静かな陽射しの一日。
パソコンのキーボードを変えた。最近、手の調子が変わり、デスクトップのキーボードを叩くより、
局のノートパソコンの方が打ちやすくなった。
ノートパソコンのキーボードは、パンタグラフ式というのだそうで、キーの端を打ってもOKなのだそうだ。
デスクトップに多いメンブレン式は、キーの中央を押さないと、文字が出ない。

で、アマゾンに注文したボードが届いて、今使っている。良い感じだ。メンブレン式に比べ、安定感がある。
そして、局のノートパソコンのボードに比べて、キーのストロークが大きめで、しっかり打てる。
そのため、aaaと、どもる心配が少ない。よいではないか、よいではないか。
それと、このボードには、テンキーがついていない。だから、非常にコンパクトで、机が広くなった。よいぞ
よいぞ。2600円だったか、安いのだ。今日は、マウスも注文した。今使っているものは、何年前だったか、
かなり前に買ったものだから、今の物の方が動きが良いに違いない。1200円だから、冒険でもない。

いい打ち心地だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

風が強かった。寒い風だった。
一日、局の中にいた。夜、ストーブを燃やしていると、暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

なぜか、きょうはお客さんがたくさん来た。なぜだろう。どこから来たのだろう。
夜は、木彫りという気にはならない。でも、竜頭観音は、楽しい。

DVDレコーダーを買ったので、映画を録画しておいて、見ている。新しい映画に、とっつきにくい今日この頃だが
録画しておくと、とりあえず暇な時に見てみる。10分見て、駄目だと思えば、削除する。
たいていの映画が削除なのだが中には、引き込まれるものもある。今、スラムドッグミリオネアという映画を
見ている。印度を舞台にした映画だ。なんかすごいぞ、これ。後半を見るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

朝から雨で、月一の隣組のどぶ掃除は、流れたのだ。
一日中、雨が降っていた。木彫りを午前と午後、一時間ずつやった。肩から腕がうまくないな。
全体的には、まずまずだ。
雨は、まだ降っているが気圧は、高くなっている。明日は、晴れるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

昼間は曇り、雨降らず。
東風が吹く。東風は、冷たい風が諄々と吹く。奥入瀬川を連想する。なぜか。
夜になり、雨が降った。
4月に長谷川穂積がモンティエルと試合をする。これを見るまでは、死ねん。
それと、今やっている三つ頭観音を完成させるのも楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

6時半起床。
寒いのか暖かいのか、よくわからない。客に「寒いですね。」というと、「そう?あったかいよ。」
と言われ、「あったかいですね。」と言ってみると「さむいよ。」と言われた。
一日中、局の中にいると、実のところ、今日が寒いのやら暑いのやら、わからないのである。
つか、知ったことでは、ないのである。

夜、浩が寄って、申告の書類を見てくれた。今日、申告書を税務署に郵送したので、労作のコピーを
見てもらった。なかなか鋭い指摘もあったがもう送ってしまったので、後の祭りであった。
とはいえ、来年に向けて、参考になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

一日、暗いほど曇っていたがついに降らなかった。
局の月の始めの仕事も、だいたい片付いた。近頃、局の仕事に意欲的だ。客は
相変わらず多くはないが。

明日は、確定申告を清書して、税務署へ送ってしまえるかもしれない。
多少憂鬱な気分なのだが体は、良く動くという妙な状態がここ何ヶ月か続いている。
夜の木彫りはしない。もう寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

月の初めで色々仕事が多かった。
客は、相変わらず多くは、ないが帳簿付けたり、報告したりの仕事が多い。

佑太がチーズケイキを持ってきてくれた。狼男のような髪型になっていた。
午後になったら、疲れてしまった。残りは、明日にしようと思ったがじきに手が
動き始める。気力と体力のアンバランスか、気力Aと気力Bのアンバランスか。
風邪だと困るので、ストーブを焚いて、暖かくしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »