« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

あまりの暑さに昼休みに、アイスクリームをたくさん、買ってきてしまった。ダイエットしているというのに、一応。
局のシャッターが限界に来ているので、新しくすることにした。
他、自分の部屋の襖の張替えをシルバー人材センターに依頼している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

扇風機は、ゆっくり、180度の間で、首を振っている。
奴は、真後ろは、絶対に見れない。後ろから撲殺するのは、簡単さ。
しかし、小銃を背負わせて、刑務所の監視塔に配置したら、嵌まるだろう。

もっと大きい扇風機が欲しければ、スノーマシンの扇風機だ。夜気温が
ー4度c以下になれば、この扇風機で、水を霧に変えて吐き出して、雪のような
シャーベットを作るのだ。それは、もう涼しい。

荒野に立ちはだかる、ガンマンのような、巨大な扇風機が回転を始める。
都会がふっとび、山が吹っ飛び、海は、吹っ飛び、大気が吹っ飛ぶ。

学生の頃、友人の下宿を訪ねた。夏の事で、暑くて溜まらん。友人は、扇風機を
買いに行くという。
ふたりで、出かけたのだが友人は、古道具屋へ入り、玩具のような、小さな扇風機を
買った。部屋に帰って、友人は、それを電気こたつの上に置いた。こたつは、もちろん、
御膳の代わりに過ぎない。
電気を入れると、小さな小さな扇風機は、轟音を発して、少しばかりの風を起こした。
怒りに震えるような扇風機は、じりじり、後じさりするのだった。
そして、大地の果てに達して、墜落した。


大相撲の野球賭博の件に関し、近所の社長は、「株の取引に比べれば、あんな物、へでもないぞ。」と
言った。許されて叱るべきだと、私も感じる。
江戸時代から、300年もの間、全国の親分衆と、仲良くやって、興業を打ってきた大相撲。今、300年の伝統
を誇る組というものがあるのだろうか。
大相撲とは、やくざ社会の天皇陛下なのでは、ないかと思うのだ。暴力団と相撲界を切り離すのは、とても難しいと思う。九重親方の奥さんが九州の親分さんの娘であることを見ても判る。

それができたとして、それで、相撲がおもしろくなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

もう真夏だ。扇風機を強く回している。
夜になると、テレビゲームだ。red dead redemptionという西部劇の箱庭ゲームだ。星空、大きな月の美しさ
に陶然とする。登場人物がアメリカ英語で、べらべら喋るので、ストーリーは、わからないのだがゲームは進んでいく。

カヤックに蜜蝋を塗って、磨いた。後は、黒目を入れるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

土曜日、今年伊豆半島9周目。小雨ぱらつく中、走る。バイクの醍醐味ここにあり。
冬の小雨は、だめだが夏の小雨は、醍醐味だ。コンビニで弁当を買ったが食べるに適当な所がないまま、
パチンコ屋へ入った。

このパチンコ屋には、休憩の場を広く取ってあり、大きな一人用のソファが10脚も並んでいる。販売機で
ソフトクリームを買い、そのソファで、舐めていると、ひとり、ふたりとやって来て、コンビニ弁当と思しきものを
開いて、食べている。そういうことならと、私もナップサックから、弁当とアクエリアスを出して食べた。

ネットカフェに入ったって、持込お断りである事を思えば、なんと素晴らしい、パチンコ屋さん。
毎週来て、玉を弾いている人達にしてみれば、そんなの当然なのだろうが休憩所として利用するだけの私にとっては、ありがたい。騒音が玉に瑕では、ある。紙お絞りをちぎって、耳の穴に入れた。
若い女性のスタッフがテーブルの上を片付けに来た。彼女の耳に注目したら、お洒落な耳栓をしていた。ピアスと見誤ったので、なければ、耳栓をしていた。
あれをしないと、必ず、難聴になるだろう。


きょう、「カヤック」にオイルをかけた。次に何を作るか、来週の週末までに考えよう。それ以外は、テレビゲームをやっていた。目が疲れた。歳を考えて、テレビゲームは、一日、ニ時間までにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

暑くて、蛙が鳴く夜だ。変わり映えせず。
扇風機がゆっくり、首を振っている。だいじょうぶ。うまくいっていると呟く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

蛙が鳴いている。雨蛙だ。
牛蛙は、今は鳴かないが昔は鳴いた。あれは、おいしいのだそうだ。鶏肉の味だそうだ。
ノンフィクションに「スリにあった話」をアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

函南の安い床屋へ、朝、行ってきた。
広く、椅子が4つくらいあった。広い待合室が間仕切りしてあった。販売機で、券を買うように店長に言われた。
店長は、口髭を生やした演歌のギタリスト風。

カットと洗髪1900円の券を選んだ。他に、髭剃りや毛染めとの組み合わせがある。機械から注がれる無料のコーヒーを飲みながら待つ。
スポーツ借りにしてもらった。またこれで、二月半は、もつ。

カヤックは、だいたい彫りあがった。西部劇のTVゲームに嵌まりつつある。おもしろいのなんのって・・・
広大な西部劇の大地ができあがっていて、朝昼晩があり、雨も降る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

雨が降っている。蛙が鳴いている。

風も吹いてきた。

寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

暑い。真夏だ。
今晩も小説を執筆。というか、書いた。もう少し展開するかもしれない。木彫家に見切りをつけて、小説家に転向するぞ。
週末の天気はどうかいな。バイクに乗れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

蒸し暑い。蛙が鳴く。扇風機を回す。
HPのノンフィクションに「鳩山さん」を追加した。
もへじ氏~、こういうのやばい?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

雨が降ってきた。
カヤックは、完成しなかった。朝、30分ほど、彫った。

漫画を読んだり、DVDを見たり、インターネットを見たり、録画しておいたテレビ番組を見たりしていると、忙しいほどで、全く退屈しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

朝、曇っていたが晴れてきたので、バイクで本年8回目の半島一周。
新しいヘルメットがきつい。おでこのところがきつかった。私の幼名は、でこやん である。
メットは、使っていると、内側のパッドがへたれて、馴染んでくるのだそうだ。
9時半出発。石廊崎着が12時20分。この間、コンビニで弁当を買った以外は、休まず、
鬼のようにはしった。てことは、伊豆半島半周、勤勉走行で、3時間か。

あすは、カヤックを彫り上げよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

夜になっても、かなり暑い。扇風機を回している。汗が滲む。
蛙がさかんに鳴いている。夕食後、

部屋に掃除機をかけた。一年ぶり。胃袋の中を掃除した気分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

生きてるぞ~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

暑くなった。
いつの間にか、田んぼに水が入り、蛙が鳴いている。今日は、沼津図書館で、簡易局の研修会だ。
会場内は、エアコンが効いていて、涼しかった。研修会は、義務ではあるが人の集まりに混ぜてもらう
数少ないチャンスである。
来週は、カヤックを完成させたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

朝は、涼しいが午後になると、暑い。
夕方、舟を叩いた。舟に乗る人は、クスノキで作っているのだが舟は、名前不詳の堅い木を使っている。
この堅さがやりがいある。堅い木を彫ったというだけで、見せられるところがあるな。

総理大臣になって、良いことなど、ひとつもないのではないか。日本一不自由な男になるのだ。言いたいことは、ひとつも言えない。ばか の一言も言えない。
昔の総理なら、影で私服を肥やし放題。女は、囲い放題。権力者だった。今の総理がそういうこと、欠けらでもやったら、大騒ぎだ。なんでなり手があるのか、不思議だ。きっと、奥さんが「総理におなんなさい。」とつっつくのだ。
一度、総理になれば、子々孫々まで総理大臣の家系だからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

きょうは、ひさしぶりに、夜木彫りをやった。
舟を漕いでいる人を削った。もともと、ポリネシアン風につくるつもりだったがそれにしても、
プリミティヴだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »