« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

走る走る、君たち5

Hadasi2


Otome


静かな一日。

局のお客も、昨日ほどでは、ないが多い。きょうは、きのう、やらかしたヘマの後始末に奔走して、

気疲れした。最後は、大団円では、あった。

今回のヘマをしでかした時は、面倒な事になりそうな予感がしたが・・・・予感は、はずれた。
楽観的で、いいのかもしれない。今まで、生きてきたんだし。

ヘマはしたが対処の仕方が的確では、ある僕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

走る走る、君たち4

Syoumen4

突然、局にお客がやってきた。
暮れが始まったのか。一日、25人の客を一人で応対すると、忙しい。でも、世の中から、忘れられて
いなかったのだと、嬉しくなる。

Gozira1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

走る走る、君たち3

Kunoiti6


Hoerusisi


一日風の吹いた日曜日。

朝、山の公園へ壁キャッチボールをやりにでかけたが車が二台も停まっていて、中で、若者が本を
よんでいたりした。
壁キャッチボールは、出来ないので、川の土手を走ることにした。いくらも、走れなかった。
昨日の伊豆半島一周の疲れが残っているらしい。

木彫りを始めても、熱中する代わりに、滅入りこんでいった。風は笛を鳴らす。
アマゾンで、電子レンジを注文した。今まで、使っていたのは、おばばが贔屓にしていた三島の
電気屋が持ってきたもので、色々なボタンがついていて、私がよくよく眺めて、いじってみても、
何がなにやら、わからない。
判っている事は、大きなボタンを二度押しすると、2分回る。それで、足りなければ、もう一度、同ボタンを
二度押しして、また2分回す事だ。
年寄りに、よくこんな物を売りつけたもんだ。900Wだって。さぞかし高かったことだろう。うちの、オババは、
男前の商人に、よく騙される。悪徳商法というほどでも、ないが年寄りの家庭は、商人にぼられやすい。
私が居るのは、あまり目にはいらないらしい。トホホ

今日、注文した電子レンジは、ダイヤルを回して、何分か決めればOKという、従来どおりの単純なもの。
でも、現在のオババがこの変化に対応できるか、心もとないところではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

走る走る、君たち2

009


朝から、伊豆半島一周。左回り。
土肥のコンビニ兼フェリー待合所で、ホッカイロを生まれて初めて買う。懐に入れて、走ったが
気休めにもならない。
バイクを降りると、かなり暖かい。ホッカイロは、バイクは想定していない。冬の競輪場御用達か。

松崎の潮騒の湯に入った。
かえって、疲れたような気がした。湯から上がり、休憩室のテレビは、女子マラソンをやっていた。
近所の親父が寝転んで、見ていた。
「昼飯だ。食わないのかい。」「1時から、食べる。」という会話を管理人の親父と交わして、出て行った。

きょうは、腕時計を忘れたので、そんな会話などを頼りに、時刻を想像しなければならなかった。
半島の先端、下田の駅前のメインストリートは、信号がいくつもあり、いつも渋滞している。旅行者たちが
たくさん、歩いている。
場違いな気分で、ここを通る。

伊東が近いあたりのパチンコ屋のソファで、お握りと、たい焼きを自動販売機から出して、食べた。
ちり紙を耳の穴へ突っ込んで、しばらく寝た。
パチンコ屋に時計は、ない。時間を忘れて寛ぐ所だからだ。

パチンコ屋を出ると、空は、明るかったが朱色が混じっていた。あとは、ひたすら帰途を走った。
海岸には、オットセイの群れのようにサーファーたちが浮いていた。凪では、ありませんか。

わが町のスタンドで、給油した頃には、とっぷり暮れていた。5時かな~と、思った。家について、
時計を見たら、5時5分だった。
玄関の戸を開けたら、親父が迎えてくれた。子供みたいだ。

快い疲労感がある。明日は、バイクを彫ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

走る走る君たち

8man2_2
ここのところ、ずっと、部屋の中を蚊が舞っているのだ。音は一人前に、うるさいのだ。
初めのころは、蚊取り線香を燃やしたのだがどうも、この蚊は、刺さない。秋に生まれてしまって、
この先、良いこともなさそうなので、血を吸う意欲もないのだろうか。

太宰治の小説の中に、秋の蚊を叩いては、いけません。と、おばあさんが言う場面があったはずだ。
雄の蚊なのだろうか。雄の蚊は、血を吸わないそうだ。果物の汁をすっているのだそうだ。

Azia


Arean1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

ベトナムのランナー

I_am10_2


夜になり、雨降る。
母は、友人と長岡の温泉へ出かけた。よせばいいのに一泊する。瀕死状態で帰ってくるだろう。
生協の炊き込みご飯を朝食用に仕込んだ。かなりおいしい。

夜は、アジア大会の陸上競技ばかり見ている。いつのまにか、陸上ファンになっていた。
日本の福島が女子100Mと200Mで、金メダルを獲った。
その種目で福島の3位と2位になった、ベトナムの選手の走りが快感だった。胸を張り、上半身を
弓なりに反らせて、手は、カール・ルイスのように、大きく振る。上半身で脚をぐんぐんリードする。
ただ、ずっと寝転んで、テレビを3時間見ていたら、なんか、突き詰めちゃった。

で、日記だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

寒いですね   でもないか

「寒いですね」「はい、でも、昔は、この時期もっと寒かったですよね。」「小学校の頃、足が冷たくてね。」
朝の挨拶として、寒いですねは気楽に使ってしまうがこの11月は、えらく暖かいのでは、ないか。

今夜は、「バイク」を彫らなかったが完成は、近い。
つい最近までは、前途遼遠に見え、途方に暮れていた。少し、やる気が出て、三晩もやれば、先は
見えてくるのだ。この「バイク」は、できはともかく、よく彫り込んである。

土曜日は、天気もよさそうだし、また、バイクに乗ろう。自転車は、走るほど、温まるがバイクは、はしるほどに
寒い。ホッカイロを使ってみようか。

生協を使い始めてから、食事の支度が楽になった。ほとんど母がやっているのだが・・母は、台所
を死守しようとしている。やってもらえれば、楽なのではある。
パルシステムの食品は、おいしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

ええわいええわい

Kao10


月曜日。朝から雨が降っていた。
お客は、来そうもないなと思ったが意外に来てくれた。ありがとう!
長島先生は、私のちっとも出来上がらない「バイク」を「できあがるのを楽しみにしてるからね。」
と言ってくれた。

チェーンソウは、二台ともエンジンがかかった。気分の良い音を出したが今後、使うことがあるの
だろうか。
局の隣に置いた、大木の事。あれ、叩き鑿で彫ろう。レリーフ程度でいい。ディスクグラインダー
なら、使える。

夜になって、雨が降っている。明日、ツーリングは、無理のようだから、バイクを彫り上げるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

北条政子産湯の井戸

Ohaka2


午前中、k氏を訪問。
散歩する。お寺を見物。お墓がたくさんあった。お墓は、何十年くらい立っているのだろう。
エジプトのピラミッドは5千年も立っている。権力者は、さすがたいしたものだ。5千年経っても、
名前を人々に覚えてもらっている。それに意味があるとは、思えないが・・・

K氏は、守山近辺の史跡の看板に興味を示した。堀越御所跡という、運動場ほどの広場にかれた草が
生えているだけという所に添えられた看板の前に30分も立って見ていた。
後ろを振り返ると、北条政子産湯の井戸という石碑が立っている。二メートルばかりの高さの角柱が
道端に一本立っているだけだ。その後ろに真新しい家が3軒立っている。

帰りに、k氏の庭の柿をたくさんもらった。甘い柿だった。午後、「バイク」を彫った。年内に完成させたいものだ。
少し、色を塗りたい。ペーパーをかけて、つるつるにして、オイルを塗れば、かっこいいだろうがその精(ずく)が
ねえ。

次は、木と針金と紐の組み合わせで作りたい。と、あした、チェーンソウ2台のエンジンをかけてみること。
一年、放ったままだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

Stone5_2


久しぶりの伊豆半島一周した。
宇佐美から下田。下田から松崎へ出た。やまびこ国民宿舎の温水プールへ入ろうとしたが来年の
2月末まで、改修工事だそうだ。

天気はよかった。風はなく、少し寒かった。ひたすら、走った。バイクは走ること自体が楽しい。
どこまでも走ろうとする。
パチンコ屋のソファに座って、たこ焼きを食べた。パチンコは、やらないけれど、パチンコ屋は、寛げる
場所だ。それ以外は、ひたすら走った。
すれ違ったり、追い越したり、追い越されたり、他のライダーの皆さんたちも、お楽しみだ。挨拶は
交わさないが連帯感らしきものは、ある。「お互い、寒いのに、走ってますね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

包丁

Kai2


夜、バイクを彫った。ゆうべも彫り、けっこう熱が入った。
きょうは、注文した包丁が届いた。v10金とかいう、固いステンレス製の包丁で、13000円した。

使ってみると、期待したほどの切れ味では、ない。刃を覗くと、30度くらいの角度がつけてある。
両刃の刃物は、20度でないと、切れる気がしない。
さっそく、シャプトンを使って、砥ぎなおした。よく切れるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

サラリラ、桜の女王となる

Sararila1


うまいるを初めて、苦節8年。

きょうついに、2度目のG1を獲得した。サラリラ、桜花賞制覇、おめでとう!そして、ありがとう。

一本柳さん、ありがとう。菊に続いて、桜も取ってくれた。我が厩舎の栄光は、あなたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

泳げトイレットペーパー

Kantoku6


風少なく静かな日和。

何年か前、トイレをウォシュレットにしてから、トイレットペーパーを使わない。
それで、机の上に、でんとトイレットペーパーがある。いつから、あるのだろう。
なんのために、そこにあるのだろう。

その目的を失い、ただ存在する、トイレットペーパーは、座禅する、しろい達磨のようだ。
だがある日、トイレットペーパーは、逃げ出した。野を越え、山を越え、逃げ出した。
走れトイレットペーパー!やがて、彼は倒れ、果てた。後には、一筋の白いラインが
大地に残されていた。
父は、母が風呂に入っていると、長すぎやしないか、と心配そうにする。時には、
声をかける。
その心配の半分は、ご飯を作ってくれる人が居なくなる事では、ないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

気づけば、枯れ色

Soft6


「とっくにストーブたいてるよ。また、ちょっと寒いと、つけちゃう。」「近頃のストーブは、簡単に、つきますからね。」
「そう」

「図書館へ行くんだ。借りてきた本を返しに行く。」「それが面倒ですね。」「そうなんだ。で、また
本を借りてくる。テレビばかり、見ているのもなんだから。」

「うちは、年賀状は、来たのを見て書くんです。」「無駄がないですね。」「そう、そのときは、買いに来ます。」

「ビデオ見たって、はっきり向こうがぶつけてきてるじゃねえ。それを船長釈放してさ、ろくに抗議もしねえで、」
「レアメタル、止められちゃう。」「そりゃあ、一年だけさ。一年経てば、なんとかしちゃうさ。」

とっくに刈り入れも終わり、景色は、枯れ色だ。枯れた草が風に揺れている。
ビニールハウスと、田んぼ中の道を行く車が見える。
よく見ると、電線の多さよ。脳は、それを通常は、消している。なだらかに波打っている近い山が青く見えるのは、空気のせいか。

富士山は、紺色に、かすんでいる。北斎の富士山のように高い。雪は、全く見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

区民ソフト

Dahou1


年一度の区民ソフトボール大会。
ライトを守ったら、二試合やって、二度しか球がやってこなかった。打つほうは、6打数3安打で、自分としては、
いい方だ。
毎年、一本くらいだ。初打席で良い当たりをして、2打席めからは、力が入って、凡打ばかり、というのがお決まりだった。
今年は、2打席続けて、軽くバットが出て、2安打した。その後は、力が入って、3連続の凡打。
相手のピッチャー(1件70歳)が「もっと前へ立て。」とアドバイスしてくれた。すると、まともなゴロが出て、
最後の打席は、力が抜け切らなかったがなんとか、ショートの頭を越えた。
試合前に、バッティングの練習をさせてもらったのもよかったのだろう。

打てなくなると、すぐ焦りだすメンタルの弱さは、来年は、克服されているだろう。たぶん。焦るのだが
バッターボックスでは、冷静なのだから、いいのである。
それと、今年から、上図のような、大リーガー打法に変えた。あらかじめ、後ろ足に重心を乗せて待っている。
中高年向きの打法だと思う。

夕方、床屋へ行った。「出産のため、11月まで一人でやります。」というメモがあり、ご主人が一人でやっていた。
鋏を使ったスポーツ刈りにしてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

あの写真

Mino4


朝、8時半、バイクで出発。
やまびこ山荘の屋外温水プールを目指すつもりだった。エンジンは快調だ。天気は曇り。
気分は沸き立たない。
大瀬まで、単独ライダーの後ろに附いて走った。ライダーは、かなり多い。すれ違いざま、
メットの中を覗くと、若者か中高年だ。

松崎の海岸のトイレを借りた。バイクに戻り、エンジンをかけようとすると、セルがとても頼りない音を
させ、やっとかかったように感じた。
「バッテリーがほとんど、死んでいるんじゃないか。」と不安になり、プールも何も、打ち捨てて、
帰路に着いた。一度もエンジンを停めないで、70キロを走った。
家に着いたのは、正午だった。

複数で、つるんで走るのって、楽しいのだろうか、と考えた。楽しくないだろうな、と思った。
でも、3人で走った経験があった。
若い頃、食品工場でバイトしていた。バイト仲間3人で、多摩湖まで、日曜日に日帰りでツーリング
したのだ。3人とも、原付だった。
藤田君は、600ccが愛車だったが他の二人に合わせて、ミニトレールで来た。柴田君は、18歳だった。
彼は、買って間もない原付の新車で来た。原付なのに、車体が大きかった。

柴田君が新車を買ったので、このツーリングが企画されたのだと思う。私のバイクは、緑色のハスラーだ。
排ガス規制以前のバイクだから、スピードがでた。
多摩湖を背景に、3人と3台のバイクで、記念写真を撮った。藤田君が撮ったんだったかな。
その写真が出来て、一枚もらったのだがその、背景の湖の雲が紫色にたなびいていた。なにやら、
空気が情感たっぷりだった。
デジカメで、あんな写真は、撮れないだろう。あの写真、さがせば、みつかるのだろうか。アルバムに大事
に貼ったはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

精神的混血

Black_dog11


西風、午後になり、少々吹いた。
穏やかな日で、局は、少し忙しかった。きのう、おとといは、氷のような静けさで、哀しくなった。
でも、きょうは、人に会えてよかった。

先日、勝海舟のお父さんのことを扱ったテレビ番組を見ていて、こんな言葉に衝撃を受けた。「私たちの先祖は、愉快な人達だった。」
江戸時代の人達は、みんな、無邪気に笑っていたのだそうだ。
江戸時代の日本人を見た西洋人は、皆一様に日本人の屈託のない笑顔に魅せられたという。
「西欧社会の群集に見る、憂鬱な雰囲気は、彼らには、ない。」と、書き残した西洋人もいたそうだ。

江戸時代の日本人と、私たちとは、考えている以上に違うのでは、ないだろうか。
ほとんどの日本人は、自分を「純血」と思っているがそれは、身体の事だ。
精神は、100%の日本人が混血だ。このことは、誰もが知っていることだと思う。

言わないだけだ。着ているものは、洋服、西洋の服だし、子供の頃から学んでいる学問は西洋の
ものだ。数学、物理。美術も西洋式のアプローチを学んでいる。
できあがった自我は、半分はヨーロッパの文化で、できているのだろう。江戸時代の日本人と
私たちは、驚くほど違うのではないだろうか。

驚くほど違わないところも、あるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

Black_dog3


NHK衛星放送を見ていると、しょちゅう、ベニシアというオババが出てくる。ベニシアがなんたって
いうんだ。田舎暮らししているイギリス出身のおばばというに過ぎない。優雅な振りして、田舎暮らし
している人など、たくさんいる。
信州に布教活動でやってきた白人が日本人の女性と結婚して、所帯を持っていた。そのころ、
俺たち、工芸家芸術家の間で、薪ストーブが流行っていたのだが知り合いのガス屋がその牧師と
話していたら、牧師は、「ああいう人達は、そういうのすきですからね~」と言ったそうだ。ベニシアが
なんだっていうんだ。

農協は、金融からガソリンスタンド、スーパー、結婚式場、葬儀屋までやっている。独占禁止法ってなんなんだ。
信州の山里には、農協だけの消防団まであったぞ。

きょう、バイクのエンジンが復活した。プラグを新調したがそれは、関係なかったようだ。問題は、チョークの
引き方だ。
力一杯引いて、さらに鬼の形相で引っ張るのだ。すると、さらに3ミリほど、動く。それで、かけたら、
一発で、、轟音轟いた。
ともかく、良かった。土曜日に軽く、ツーリングしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

Lion1


西風が最近、吹かなくなったなどと、昨日書いただろうか。
きょう、吹いている。憂鬱な笛の音を響かせて。気候変動のせいで、陸地があまり、冷えないので、
海から風が吹かなくなったのかと思っていた。
近所の社長は、そのうち、吹くよと言っていたがその通りだった。年の功。

明日は、清水で、パワーアップ研修だ。お弁当、コンビニで買っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

抗議

Peanut1


寒いのやら、暑いのやら、わからない。自分の心の動きに揺さぶられる。憎しみや怒りが
湧き上がってくるのは、力が帰って来た証拠なのか。
それとも、衰弱か。怒りは、疲れる。

あまりにも弱い。齢50歳(鯖)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

Atras1
「バイク」を彫った。少しずつ、完成に向かっている。年内には、HPに掲載できるだろう。
夕方、土手を走った。かなり、走れるようになっている。スピードは、呆れるほど、出ない。
夕陽は、細かい霧のようになり、草に、川に、家々の屋根に、遠い山に降っていた。


Seou2


Jag3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

新たな段階へ

Kyouryuu3

朝、バイクと車をブースターで繋いで、バイクのエンジンをかけようとしたがかからなかった。セルは、気合
よく回るのだがエンジンは回る気配もなかった。
バイク屋さんに頼むしかない。春まで、待つか。

局の仕事は、わりあい熱心にやっている今日この頃だが木彫りは、全くやっていない。あした、「バイク」を彫りあげてしまおうか。そして、新たな段階へ進むのだ。

Itirin10


Itirin12


Omoiomoi1


Ondorya6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

Osu2


風が吹かない。気候が変わったせいだろう。

陸地が冷えないので、海からの風が吹かなくなったのだろうか。過ごしやすいが多少、気味が悪い。でも、
この地方で、冬に吹く強い西風は、外を歩くのも容易では、ないほどで、バイクに乗るときは、風の吹く方向
へ重心を傾けねばならないほどだった。
何より、家の中に居て、風の哀しげな笛の音を聴くのが憂鬱だった。

気候変動で、冬の風が収まった!これは、手放しで喜ぼう。いいことだ。
そんなわけで、研修会の開催地が清水に変更された。ありがとう!安心安心

上の絵は、自分としては、壁を押す男を表している。思いっきり押そうとしているのだが脚が滑って、力が
入らないもどかしさを表現している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

Be_up


朝、バイクで出かけようと、身支度をした。
長袖のシャツを着て、ズボンの上にナイロンセ製のズボンを穿き、手袋は、みつからなかった。リュックサックを背負い、ヘルメットをかぶった。
バイクに跨り、セルを回したがエンジンがかからなかった。バッテリーが上がっていた。
ひと月、乗らなかっただけだから、バッテリーが弱っているのだろう。
車で、少しドライブした。車の中で、本を読むと、絶対、寝てしまう。

夕方、土手を走った。かなり、走れるようになった。手を思い切り振ると、ダッシュもできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

明日は、バイクに乗るぞ

No3


なんか、忙しい。お客さんの多少に関わらずに、やる事がいっぱいある。年賀状の登り旗も立てた。
年賀状は、売り出した直後、かなり売れる。が、その後は年末が迫るまで、売れない。
だから、この時期に売れたからといって、どんと買い足すと、年末まで、不安な日々を過ごすことになる。

先日、台風のせいで、延期になった静岡での研修会は、来週の平日の午後に、名古屋で行われることに
なった。平日に名古屋で・・・・「万難を排して来て下さい。」というお達しだった。
台風くらいなら、決行してほしかった。
とは、言え、選ばれたる者たちの研修会だ。行って見せねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

Tugi11_2


陽が射すと、汗ばむ。
局は、割と忙しかった。年賀状も思った以上に売れた。明日は、早めに局へ入ろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »