« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

95歳

蛙が鳴いている。扇風機の回る音がする。
Umass

逆立ちは、なかなか始まらない。土日は、バイクに乗ったり、
テレビを見たりしている。もてあましぎみだ。
 
局へ、よく来てくれる方に95歳のおじいさんがいる。腰は、ずいぶん
曲がっているのだが軽トラを乗り回している。畑をやっていて、みごとな
玉葱をくれたりする。
声も元気で、力強さを秘めた笑顔で話す。知性には、ますます磨きが
かかっているようでさえある。
戦地から帰還した人だから、強いのか。それでも、滅多には、いない95歳だ。
終戦の時、29歳だったわけか。
生まれたのが1906年だ。ジョン・L・サリバンの時代だ。つまり、近代ボクシングは
全く、なかったわけだ。
その95年を生きて、あの活気。どうすれば、ああなれるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

いきなり暑くなった。
5度Cくらい飛ばして、暑くなった気がする。朝から、エアコンを回した。
お客さんは、久しぶりに多かった。
先週は、日に5人なんて日もあった。なぜ、お客はまとまって来るのだろう。
「今日は、郵便局へ行こう。」と、多くの人が同時に思うのだろうか。
そうとしか、思えない。

停止中の原発を再開するらしい。地元の人達は、反対しているが次々に
再開していくんだろう。
これから、エアコンが使えないのは、きびしい。
原発の発電量に見合う代替エネルギーを確保するまでには、50年かかるそうだ。やれやれ。

もう今から、原発ぜんぶやめた!と言って、やめたらどうだろう。とたんに、日本が
チベット並みの経済力になっても、その方がいいんでは、ないか。
あの福島原発の惨状を見て。故郷を失った人々、難民のように暮らす人々、大事な牛を餓死
させる農民、農業、漁業への被害。風評被害は、純粋に原発事故による被害だ。

それらは、いずれも金には、代えられない被害だ。それを敢えて金に換算するとして、
それを東電と国で、補償できるのか。できっこない。

現代の中で、畑を耕し、自分たちで家を建て、ランプの下で、夕食を摂る、アーミッシュの
人々を尊敬する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

Tobu


局の西の窓に、すだれを掛けた。
扇風機を置いた。それでも、あまり涼しくないので、エアコンを
回した。
建設屋さんのオフィスでは、節電のために、エアコンを我慢している
と、印紙を買いに来た事務員さんが言っていた。
韮山局では、エアコンを使っていると、集配の人が言った。彼らは、
かもめーるのノルマが二千枚とか。簡易局でよかった。

お客は、少なくて、証拠書も情けないほどの数だ。座っている。
ひたすら座っている。
夜になれば、蛙が鳴く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

ロードワークした

夕方、久しぶりのロードワークをした。
川原の土手に人影は、なかった。橋から走り始め、次の橋まで
来たら、それを渡り、初めの橋を渡って、終了。
今、65キロなので、もう少し速くはしれそうなものだ。この次は
全力疾走してみよう。

一日中眠くて、やる気が起きない。少し、努力する必要があるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

もう、冷房を使ってしまった。
節電など屁でもないと思っていたがこの夏、どこまで冷房を節約
できるか、心もとない。

テレビで見た知識だが太陽は、11年周期で、その活動を活発にしている
のだそうだ。それは、黒点が多くなる事に現れる。
今年がその周期のピークになるはずなのだが全く、その兆候がないのだという。
これは、天文観測が始まって以来の異常事態なのだそうで、その意味する
ところは、地球が寒くなるということだそうだ。平均気温で、2~3度C下がるという。

この夏から、その傾向が出始めれば、節電になるかもしれない。でも、寒い冬も
苦手では、ある。

逆立ちの妙な絵を描いた。これをやってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

砂利

朝、砂利がトラック2杯届いた。

父が注文したという。これから、庭に敷き詰めるのだという。「おかあさんがこないだ、
庭で滑って転んで、顎に怪我をしたから、」と言う。
スコップで庭へ盛っていくのだが10分で息が切れた。父は、「庭に敷いて余ったら、
裏に敷くという。

電話で甥に、良いアルバイトあるから来るか?と言うと、来ると言う。3人でやると、
速いのは、もちろんだが不思議と疲れない。
昼前にほとんど終わり、甥にはバイト料を払って、帰した。ギターが少し上手くなったので、
もう少し、高いギターを買いたいのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

ぼちぼち

お客さんは、ぼちぼち来てくれる。

とても、ありがたい。一人一人に感謝する。サランラップは、まだ注文
していない。
珍しく、陶芸家の長島先生がみえた。女の子の逆立ちを見て、喜んで
下さった。孫を見る、じさまのような調子だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

ポストをもらった

今夜も蛙が鳴いている。
Post8

局のお客様は、ぼちぼち。記念切手とかもめーるを買いに、韮山局へ
行った。
局長にポストの貯金箱をもらった。かもめーるを買ってくれたお客さんへの
お礼の為の品だそうだ。
色々、工夫して、成績を伸ばす努力をしているのだな。最近、うちの局は、
ティッシュばかりだ。サランラップを仕入れとこう。

夜は、英会話の練習と、日記とストレッチに日課をする。英会話は、覚えても、
すぐ忘れてしまう。声を出すのがいいのだ。
他の時間は、テレビを見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

便利な西瓜

天気良好。
お客さんは、ぼちぼち来てくれる。株の配当金を受け取りに来る人が多い。
元局長のI氏がみえた。引退されたのが3年前だったか、5年前だったか、
ともかく、当時の記憶と比べて、全く変わっていなかった。
暇で困る、と仰った。豆に動いていられるのだと思う。
Ohisa

生協で買った、小玉の西瓜が存外に美味しかった。いくらだったかな。
カタログで見ると、まるで大きさがわからないので、普通の西瓜より、
やや小さめと思って、注文した。
届いたのを見て、思わず「ちいせいよ~」と配達のお兄さんに言った。
「小玉ですから、これで大き過ぎるって、言われることさえあるんですよ。」
と返された。

手毬くらいの大きさなので、扱うのに楽でいい。3人家族なら、それを切り分けて、
夏を味わい、満足できる。便利だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

意外にも好天。

K氏宅訪問。「予約のない客だ。」と言いながら、自家製の苺ジュースを
出してくれた。美味しいジュースで、飲み終えて、氷が残っている。
グラスの底に果汁の最も濃縮された液が沈んでいる為、しばらく待っていれば、おいしい
ジュースが一口飲める。また、しばらく待てば、また一口飲める。
際限なく、飲めるようだった。

5年間の禁煙を破って、二日だがすぐに煙草は、おいしいものになり、自制しないと、
たちまち、ヘヴィースモーカーになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

5年ぶり

Sakadati04


お客さんぼちぼち。
来て頂けるのがありがたい。5年ぶりの煙草は、味気なかった。マイルドセブン・ライト。
昼から夜までに、3本吸った。
ローソンで買った。やはり、店員に免許証の提示は、求められなかった。そうだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

タコス

夕方、ロードワークした。
車で川原まで行くのだ。Tシャツで、走った。走り始めると、前方に犬を連れた男が
歩いていた。
走るのだが20Mくらいの差が詰まらない。一秒に15CMくらいしか詰まらない。
なんて歩くのが速い男だ。背が高く、赤い髪をしている。若い男だろう。

少し、スピードを上げてみると、差は縮まってきた。やっと追いつき、抜かす時、
男の顔を見ると、男は、笑って挨拶をくれた。50歳くらいだったな。

5年間、やめていた煙草をまた吸う気になって、夜、近所の自販機へ行った。
見ると、知っている煙草は、なかった。420円もするのだ。
第一、コインをいれても買えない。タスコだか、タコスだか、証明書としての
カードがいるのだ。そう言えば、話には聞いていた。
コンビニで、免許証みせれば買えるのだろう。54歳の男がそれを求められるのだろうか。
ともかく、いきなりコンビニへ行っても、どれを買えば良いのか、わからないので、
一時撤収を決めたのだ。

家へ帰り、ネットでタコスの入手法を調べた。公式サイトから、申込用紙をプリントアウトして作って送るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

SMG

午前中、お目付けのN氏登場。
Sakadati331

また、あれがない、これがないで、探し回った。結局、今回も絞られる結果になってしまた。
どうも、私は、不要になった書類をなにげに捨ててしまう傾向があるようだ。
張りを持って、仕事をしたいものだ。

今夜も蛙の合唱が聴こえる。週末には、逆立ちⅢを始めたい。いちおうの絵を描いて
おこう。
ああ、蛙が鳴いている。隣の部屋の片隅に、つげ義春の本をみつけた。漫画では、なく
旅したことなどが綴ってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

田んぼに水

Sakadati33


田んぼに水が入って、蛙が合唱している。
いきなり夏になったかのように暑い。
Vvv1

きょうは、定額貯金の預け入れがあった。300万だから、うちの局にしては、
大きな額だ。
それにしても賑やかだ。蛙。土の中で冬眠していた蛙たちが田んぼに水が入ると
同時に鳴きだすのだろう。土のかなり、深い所に潜っているのだろうか。
旺盛な生命力だ。人間には、真似できない。

私が中学生の頃は、朝、道を歩くと、路面に雨蛙の死骸がいっぱい張り付いていた。
車に轢かれたのだ。緑色のモザイクになって、新鮮な匂いがした。
今は、そういうものを見る事はない。蛙の数が減ったのだろうか。牛蛙のごう、ごう、
という音も、聴けなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

車はすごい


Udetate


朝、上天気。
車というものは、さすがに疲れない。なにしろタイヤが四つもついているのだから。
ゆっくり走れば、二時間走っても疲れない。
午後になると、曇り始め、どんどん曇り、今にも降り出しそうなほど、暗くなった。
だが降らなかった。
小さな港に、小さな漁船が一隻入ると、人が集まり、何かしていた。やがて、太った
奥さんがバイクで帰ろうとすると、太ったおばさんが呼び止めて、何かを渡した。

やがて、皆がその場を去った。すると、また一隻の小さな漁船がやってきて、一人の
老人がとも綱を岸に結んだ。
今度は、誰も集まらず、収穫はなく、彼は、そこにあった軽トラに乗ると、去った。
老人と海  みたいだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

テレビな日々

上天気。

バイクで沼津へ行った。お昼に帰って来た。父は、スーパーの弁当を食べていた。
母は、食パンを焼いて、食べていた。

私は、何か作って食べて、それから自室でテレビを見た。少し寝ると、2時だった。
そのままの姿勢で、またテレビを見た。
放映中のテレビ、ハードディスクに録画したテレビ、DVDのテレビ、VHSのテレビ。
心も涼しく、見た。夜も見た。健やかにテレビを見た。

一見、無気力なようだがこれだけテレビを見続けるのには、パワーがいる。と、思う。
今夜は、珍しく酒を飲んだ。ほろ酔い加減を持続させながら、テレビを見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

日々是日々

定額貯金のお客さんがいない。
時々、雨が降った。
Ookina

父と母は、「さっき、とてつもなく大きな音がした。」とか、「明け方、でっかい音がした。」
とか、言いあっている。
週末は、土曜日の天気がよければ、バイクに乗ろう。日曜日は、逆立ち3を始めたい。
それまでにアイディアをなんとかしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

玉転がし

寒いので、ポリ缶を傾けて、最後の油を出して、ファンヒーターを回した。
でも、じきに暑くなってしまう。

「逆立ち」の三つめを作りたい。何かアイディアがほしい。

局のお客さんは、ぼちぼちだ。近所の若い奥さんが二人来て、組費の出し入れを
やっていってくれた。組長の奥さんと、会計の奥さんだ。
お礼に洗剤の小箱を奮発した。「奮発した」とは、じじむさい言葉。若い頃にも
こんな言葉を使ったのだろうか。年齢と共に、言葉遣いが変わっていく一面は、ある
だろうが総じて、若い頃の言葉は、変わらないだろう。
Circo

英会話は、ぼちぼちひと月になるが続いている。いまだに、単数と複数の使い方が
わからない。
エイリアンを見ていたら、字幕を見ながらなら、英語がけっこう聴き取れるようになった
気がする。
英語を使う機会があるとは、思えないが趣味としては、いい。声を出すのも気持がいい。
ジョギングは、近頃やっていない。よたよた走っていても、楽しくない。年齢から
考えて、スピードが増していくとも考えにくい。だから、減量したい。5キロ減ったと思いねえ。
そら軽やかに走れるぜ。5キロ減らすと、62キロか。遠いな。

美味しい物を我慢して、あと何があるというの。よかったなー昔は。インスタントラーメンを
一個半食べてから、ぐっすり寝てたもんな。それで、55キロだった。20代のときは、52キロだった。
フライ級からミドル級までの人生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »