« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土)

短気大学卒業

明日、区民体育会につき、運動場の草取りに参加した。

区内の会社のグラウンドを借りる。好天に恵まれ、怒涛の汗を

かいた。

草刈機持参の人達が刈った後、熊手持参の人達が草をかき集める。

次に私たち歩兵が人海戦術で草を袋に詰めて、後方へ運ぶという寸法だ。

もう秋だと、甘く見たのがいけなかった。帽子をかぶっていけばよかった。

日射病で倒れるかと思った。

終わると、缶入りのお茶をご馳走になった。これがぬるかったがありがたかった。

犬の散歩で行き会う人達が声をかけてくれた。中学の同級生のY君とも会った。

彼は毎年、熊手持参で来る。父の葬式に参列してくれて、ありがとう。


シャワーを浴び、昼飯を食べてから、買い物に行った。食材を少々と、後はアイスクリーム

とフルーツゼリーと菓子と、コーラと菓子パンの類を買った。母は、パンとアイスクリーム

と、あとはせいぜい寿司を少々食べるくらいだ。

昨日、母がイット缶(このイットが変換できない。)で段ボールを燃やしているので、

やめろと言ったら、「おまえがいつまで経っても、片づけないからだ。」と、低い声で呪文を

唱え始めた。私は、趣味のようにゴミ片付けをしているつもりなので心外だった。

私は、ホースで水を掛けて、母の趣味の焚き火を消した。すると、また呪文が

始まった。私は、持っていたホースで、母の顔に水をかけた。

今日、草刈の時、隣のおやじさんが私を避けるようにして、さっさっと帰ってしまった。

あれを見られたのだろうか。

父がいたころは、母の恨み言の呪文は、全て父に向けられていたが父が逝くと、予想通り、

それは、私に向けられるようになった。「おまえは、だんだんお父さんに似てきた。」と、

数日前、母に言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

2M

Tori_tori


局は、暇だった。

10月1日から、郵便配達の会社と、郵便局会社が再度、合併して、

日本郵便局株式会社になるということで、会社の指示は、あわただしい。

しかし、ここは暇である。

局に座って、窓をみていると、2Mはありそうな翼を広げて、鷺が田んぼに

舞い降り、たわわに実った稲田の中に隠れた。そこで何をやっておるのか。

夕方、道祖神を叩いた。4本の腕の下書きをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

天空しかない

Senrogiwade

目覚まし時計で、6時に起きたが疲れている気がして、タケの散歩は中止

した。

一日曇りで、涼しかった。それでも昼になると、暑さを感じた。涼しく

なると、お客がいくらか増えた。嬉しい。

夕方、自転車でタケを走らせた。いつもと逆の方向へ走らせた。ある地区に

近づくと、タケはブレーキをかける。

そこには、直線路があり、そこで自転車を力一杯漕ぎ、

限界のスピードまで、挑戦させたのだ。それを何度かやったら、その直線路に

近づくと、タケはブレーキをかけるのだ。競走馬じゃないんだから、そんなに

走らせることもないんだろう。

夕方の道にYさん夫妻が孫娘とニコニコして立っていた。孫娘は、「あっ犬だ」

と叫んで、隠れてしまった。

大人の女性に守られて子供たちが6人くらい歩いていた。赤い犬を散歩させている

女性。畑仕事をしている人たち。この町は、空だけは広い。天空の町マチュピチュ。

天空しかない韮山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

人並みに、それが大変なんだろ

Sisyo

陽が射すと、まだまだ暑い。妙に蒸す。

が、予定通り道の両側を彼岸花が走っている。何年か前までは、

この彼岸花が咲くのが鬱陶しかった。

「夏も終わりか、また歳をとるのね。」と感じたからだ。今年は、やっと、

夏が終わったか、これから快適だぞ。喜んでいる。


夕方、バイクで市役所韮山支所へ行き、督促状が来た国民健康保険税の

二期分を払って来た。

父が逝き、母が頼りにならなくなったので、役所から来る書類は、私が

目を通すことにした。ら、手強い。国民健康保険、介護保険、なんの還付金。

父の源泉徴収票です。その上、農協の共済及び通帳、積み立ての相続です。

父の共済年金と厚生年金の始末をつけましょう。手強い。

人並みに暮らしていくのは、えらいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

叩いた

Nantonaku_coca

朝、雨の中、函南のキミサワで買い物した。

かご二つで一万円。ネーブルを7つ買った。アイスクリームも、ごっそり

買った。家へ帰ると、アイスを三つ、すんなり食べたので、久し振りに

量りに乗ってみると、65キロあった。増えた。


きのうの、作業の疲れが残っている。でも、午後、叩き鑿を始めた。

正味1時間やった。車庫の屋根の下で、雨を見ながら叩いた。長袖かな、

と思ったがすぐ、汗をかき始めた。

この道祖神は、6本腕だ。本体と前で合わせている手とその腕を今、

彫りだしてある。これから、その背後から、残り4本の腕を彫りだすことになる。

画用紙に描いた図をみながら彫っている。

仏像の類は、やりたくないと思っていたが・・・・・やる。けっこう、おもしろい。


やっと、秋になったらしい。夜9時。雨はやんで、800M向こうの電車の通る音が

聞こえる。ひまわりは、咲いているが彼岸花も、集落の中の道端で見た。

明日は、街道をどこまでも、紅く縁取っているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

Asaasa

朝、バイクで海岸まで行ったが干物の市は、たっていなかった。

日曜日だけらしい。帰りに狩野川公園でチョコクランチのアイスバーを

二本食べた。

午後から、道祖神を始めた。バンドソーで切り抜いてから、


新兵器の電気チェーンソウを使った。3ヶ月ほど前に近所のDIYで買った

もので、私が20年前に買った電気チェーンソウより音が小さい。近所迷惑

には違いないが30分以内なら許容範囲かなと思った。

犬は、私がバイクで出かけようとすると、吠える。帰って来た時は、吠えない。

電気チェーンソウを回したら、吠えるので、すぐ裏に繋いだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

外出しました

Midorinasu


お昼休みにバイクで、S銀行へ貯金に行った。

若い女性の行員に「老後の資金になさるのですか。」

と聞かれた。「そうです。」違いない。老後といえば、金が

第一。

「55歳以上の方ですと、国民年金の支払いが始まるまで

の間、利息がプラス0.3%となります。」

「私が年金もらうのは、65歳からだから、あと10年くらい+0.3

になるわけですか。・・・300万円に限り。それお願いします。」

化粧もごく薄い、ショートの黒髪の娘だった。定期貯金の専門だって。

S銀、貯金のお礼がサランラップと、ちっぽけなティッシュボックス一個か。

きょうは、局は、わりにお客が来た。少し涼しくなったせいだろうか。

長島先生が姿をみせた。何も新作ができていないし、丸太に彫りかけた

鯨も、なんら進んでいないのを見て、あきれていた。

長島先生は、倦まず弛まず仕事をされる方だ。


夕方、父の墓の掃除に出かけた。明日、父の小学校の学友たちが墓参に来てくれ

るということ。

墓地への登り口で、バケツに水を汲み、墓石を拭いて、花を替え、そのへんを掃いた。

素早く終えたつもりだが、もうやぶっ蚊に足食われちまったい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

Yoruamega


局に朝からSMGが来た。

サポートマネージャーというもので、簡易局をこまめに管理する仕事だ。


近頃、西の方でオートキャッシャーごと強奪される事件が相次ぎ、「終業時に、キャッシャー

から現金を抜き取り、金庫へ保管しなさい。」というお触れが出ているのだが

私がそういうことをしていない事実を数日前に見られてしまった。それで、今日

その確認のため、早く来たのだと思う。

やっておいて、よかった☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

セイコーとシティズン

Seiko


朝、犬の散歩に出たが疲れている気がしたので、道中半ばで引き返す。

二三日前、富士山のてっぺんに少々の雪が張り付いたがもうきれいに

溶けている。


板に道祖神の絵を描いた。もう少し、下絵を煮詰めた方がいいかな。

素朴だから、どうそ神であるにせよ、下絵には労力を使うべし。

他の時間は、テレビを見たり、本を読んだりして過ごした。


腕時計が二つある。どちらも銀色のメタル製だ。ひとつは、父の形見だ。

父は、夏、日焼けした腕に銀色の腕時計をしていた。わりにかっこいいな

と、子供心に思った。まさか、この時計では、あるまい。

もうひとつは、18年前に真田町を出て、伊豆へ帰ってくる折、真田町の

工芸会の人達から贈られたものだ。

近所の昭和堂という、おばさんがやっている店で、オーバーホールに出して

もらった。先日、ベルトの留め金が壊れたので、直してもらえますか、と

頼むと、「うーん、折れちゃうかもしれないよ。」「折れてもいいです。」という

会話のあと、おばちゃんは、片目にレンズを嵌めて、トライしてくれた。

売り物のベルトを眺めていると、「これで、つかってみな。」と、工房から

出てきた。時計は、また私の手首に収まった。カチャッ

修理代を請求しないので、「千円だけでも、受け取ってください。」と一枚

渡すと、おばさんは、500円玉を返してよこした。

腕時計のスペアができてしまった。SEIKOとCITIZENだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

港で

Tawamu

5時45分から犬の散歩をした。

汗をほとんどかかないので、いい。この犬は、近頃生理している。

手術を受けさせようかと思う。それしかないな。

8時から、市内一斉空き缶拾い。今回は、わりと多く拾った。こういう

イベントに参加すると、自分の社会性を確認できた気になり、少し安心する。

とは言え、社会性というものは、いつ崩れ去るか、わかったものではない。


自転車でK氏の家へ行った。Kの軽トラで海岸の干物の出店を見て回った。

このあたりの海岸は、後ろがすぐ、山だ。そこに畑を作っているので、プラムとか

サマーオレンジなども並んでいた。

さんまの子供の干物、イカの一夜干し、イカの塩辛、プラム、イボタの干物などを

買った。

出店の裏は、海で、釣り人がたくさんいた。ちょうど、一人が竿を目一杯撓ませていた。

上がったものを見るや、男はゴム長の踵で、魚の頭をつぶした。

別の釣り人オヤジの解説では、「毒があって食えない。でも、名古屋から西の衆らは、

食べるんだよ。」とのこと。ふぐみたいに、毒を抜いて食べるのだろう。

イカを釣っている人もいた。朱色の長細いルアーで誘っている。イカの子供だそうだ。

何度も何度も、ルアーに魅かれて寄っていくのだが、寸前で逃げる。根気が必要だ。


午後は、暑い中、二階の二部屋を掃除した。掃除機をかけただけだ。でも、すっきりした。

どうそ神を彫ろうと、板を引っ張りだした。レリーフになるので楽だろうと。しかも、絵は

水木しげるの漫画の中から拝借する。「これ、彫ったらおもしろそうだ。」と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

9月の真夏に

Aruhi


久し振りにバイクで遠出した。

安倍川の河川敷の公園で、お握りを食べた。近くの古本屋で買った、つげ義春の「紅い花」

を読んだ。入道雲もくもくの9月。大きい雲が頻繁に陽射しをさえぎった。

寝転ぶと、私は、ホームレスの放浪者になり始めているのかもしれない、と思った。

いるでしょ。自転車に家財道具一式積んで、さすらっている髭もじゃのおじさん。

ああいうおじさんになる道にいるのかもしれない。

木立の影は、まだベンチに届かず。木立の下で昼寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

9月になっても、真夏だ。

ゆうべは、私の部屋の温度計は、35度cを示し、エアコンのある

局舎へ避難した。何の為に暦はあるのか。


今朝、6時に犬の散歩をしたら、涼しいことがわかった。犬だけでなく自分

も走ることができる。夕方の散歩では、汗ばかり流れて、さっぱり足が動かない。

今朝は、いつものコースを休憩なしに、走ったり、歩いたりできた。

川原の土手からは、富士山から箱根へかけて、弓のような稜線が見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

9月の入道雲

Umi98

朝、母を近所の病院へ連れて行った。

要介護認定の手続きの為の診察ということだった。第一段階ていどの

認定で、週一でお掃除のヘルパーを雇えるとのことだ。

帰りに吉田ストアで買い物。買い物かご二つで、大体一万円だ。

母の財布を使う。

午後は、なんと熱川で簡易局のブロック会があり、11時過ぎに車で

出かけた。時々、雨が降るという予報だったため、バイクは避けた。

休みなしで走っても、2時間はかかる。立派な入道雲が聳えていた。


伊豆半島の簡易局がほとんど全部、集まっていた。支社から、講師が

二人きてくれて、貯金業務について、みっちり3時間勉強した。

最後になると、私の集中力は、途切れ途切れになっていた。

以前は、富士でこういう勉強会が持たれたものだが、伊豆半島独自で

開催したのは、初めてだ。歴史的勉強会と呼んでも過言では、ない。

過言かもしれない。

ここ数年の間に、伊豆の東海岸には、簡易局が次々に開局して、

数が非常に増えた。その上、若い局長が多く、勢いがある。

観光客が多く、経済的にもわりに潤っている地域なので、繁盛局も多い。

結果、このような勉強会につながった。

私はお世話になっているだけだが感無量なものがある。

帰りは、海の上の雲は、淡い朱に染まっていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

ビタワン

Byouin1

雷が夕方から夜半まで、鳴っている。盛んに鳴っている。

時々、外で人の声がする。

暑い日が続いている。9月に入ったとたんに、涼しくなったので、

こんなもんさ。なんのために暦があろうか、と思ったが甘かった。

これでも、海の家や海の駐車場は、閉店しているのだろうか。

だいたい、海開きとか、いまだにやっているのが変だ。


きのう、タケは一日中横になっていた。ジャーキーを鼻先につきつけても、

食べなかった。置いていって、あとで見ると、なくなっていた。

医者へ連れて行った。

病院のドアを開けると、回れ右して帰ろうとした。生まれて初めての

病院のはずだが・・・・・ペットショップに居た時には、三種混合ワクチン

摂取済みだったから、行った事は、あるんだ。

「最近何か、変わったものを食べましたか。」「はい、生の豚足をあげました。」

「それですね。ワンちゃんは、純良なペットフードだけを食べさせておけばいいんです。」

サイエンスダイエットの袋が待合室に積んであったな。

「ドッグフードは、なにを食べさせてられますか。」「ビタワン」

「ふふふふふふふふふ」

タケは、二本の注射を打たれた。飲み薬を3日分いただいた。私は、診察台の上のタケ

の顔を押さえていたが、針が刺さっても、反応しなかった。時々、不安そうに後ろを

振り向いた。私に向けている顔は、楽しげだった。なんであれ、かまって貰えるのは、

犬にとっては、嬉しいことなのだ。

きょうになって、少し元気が出てきたようだ。餌は、やっただけ食べてしまう。

この暑いのに、豚足を3日もしゃぶり続けていたのが良くなかったな。3日目には、私が川へ

抛り込んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

そうだ、おまえはもう浮いている。

Lawson_mae

朝、隣組のどぶ掃除。

早朝、雨が降っていたので、中止かと思っていたら、やがて止んだ。

どぶ掃除に続いて、防災訓練。消火ホースを点検したら、防災倉庫を整理したり、

放水はしなかったが熱心にやった。

その後、犬を車に乗せて、K氏の家へ行ったが留守だった。犬をドッグランで走らせた。

それから、狩野川へ行き、水泳教室をやった。

私が川の縁に素足を入れると、驚いた事に犬も水に足を入れ、
浅瀬を歩いた。私と同じ深さのあたりを

歩いて、それより向こうへは行かなかった。

もしかして、自分から泳ぎ始めるのでは、と期待したがそれは、なかった。

抱き上げて、ドボンと放り込んだ。犬掻きで帰って来た。一度だけで勘弁してやった。

泳ぐのは、爪きりほど嫌いでは、ないらしい。

水から上がると、土に体をこすり付けていた。

帰りがけ、エースに寄り、買い物をした。先週から、セブンイレブンの弁当を昼食だけにした

ので、冷蔵庫が空っぽになった。エースは、たまにしか行かないので、何がどこに

あるのか、わからず効率的な買い物ができなかった。

夕方は、母の部屋を片付けて出た、廃品の分別をした。生産は、しなかったが

働き者の一日ではあった。


今年の市民文化祭に作品を出すため、ゆうべ顔合わせに出かけた。やたら、質問を

しまくった。すでに私は、浮いている。

ここ一年近く、木彫りの作品は作っていないので、過去の物ばかりだ。ま、ひと区切り記念

として、出展しよう。机半分なので、厳選せねば。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »