« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月27日 (火)

白い満月

Oudanhodou


夕方、ハンコをひとつもらう為に出かけたら、道の向こうに

白く、大きな月が浮かんでいた。

まんまる満月だ。と思ったがよく見ると、満月までは、いま一息の

ところだった。欠け始めたところだったのかもしれない。

道の向こうに見える満月と、富士山は、途方もなく・・・大きい。


朝6時にバイクに乗った。寒かった。冬のバイクは、面倒でも

完全な格好をして、乗らねばね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)


Zitensya4

朝の散歩に5時45分に出かけた。ほとんど夜道だった。

東の空の厚い雲を割るように、割り切れないように、光がくぐもっていた。

犬は、空がどうだろうと、おかまいなしに走ったり、嗅ぎまわったりしている。

帰り道は、明るくなった。

部屋で一休みして、カーテンを開けると、雨が降っていた。雨は、夕方まで

降り続け、時間と共に激しさを増した。

そんななか、お客さんは、来てくれた。久し振りに定額貯金さえ、3人分受けた。

夜、雨はやんだが風が吹き荒れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

New_shoes


朝の散歩。まだ、暗い。でも、どんどん明るくなっていく。

日が昇る前に家へ着く。朝日は、強烈出、ドラキュラ伯が灰に

なるのもわかる気がする。

ルパン三世のテーマソングにも、「狂った朝の光にも似て・・・」

というフレーズがある。それほど朝日がいやなわけでもないが

朝日を見ると、しらけた気分には、なる。

やさしい夜が終わってしまった。という哀しみはある。

日の出前の富士は、わずかな濃淡で空に溶け込んでいる。電車は

ヘッドライトを輝かせて、通り過ぎる。黄色い光の車窓を覗くと、

上り列車には、人が物憂げに座っている。下り列車には、一人だけ

座っている。畑では、農家の若い奥さんが作物を摘んでいる。近くを

通り過ぎる時、香水の匂いがする。

歩いているうちに、富士山は、朱色になっている。

どうそ神は、暇をみつけて、ちょいちょいいじっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

Kaki1


なんだか、えらく雨が降っている。土砂降りだ。

朝、3時間に及ぶ長征・犬の散歩をした。タケは今、1歳半で若さ溌剌だ。

1時間、自転車の伴走で走らせた直後でも、リードをはずしてやると、えらい剣幕

で、あたりを走り回る。

途中、K氏宅に立ち寄った。K氏は、玄関のインターフォンから、眠そうな声を出した。

柿をたくさんもらった。朱色の大きい柿で、まさに食べごろだった。熟しすぎず、

ちょっと柔らかい歯ごたえがいい。


午後、どうそ神は仕上げ彫りに入った。荒取り、中彫り、仕上げ彫り、の3段階と考えて、

見切りをつけながら、手際よくやることにした。11月中に完成は、可能だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

あすは彫ろう

Gyorann

「秋がなくて、冬になった。」とお客さんが言った。

そんな感じだな。きのう、灯油を買いに行き、ポリ4缶で

7500円あまり請求された。エアコンの方が安いらしい。

母が灯油じゃないと納得しないので、階下のあのでかい

灯油食い虫のストーブをこの冬も、使わなければならない。


なんで衆議院が解散しなければならないのか、よく判らないが

おもしろくなりそうなので、いいことだ。

僕は、野田総理の誠実さが好きだし、TPPの話し合いの席にも

ツク、という姿勢を支持する。

維新の会は、どう見ても大勝ちしそうだ。橋本氏に政権を任せ

たら、どうなるのか興味はある。でも、市役所の職員に刺青があるか

ないか、あったらどの場所にどんな図柄か、などと調査するなんて、

私には納得がいかない。

明日の朝は、タケを連れて遠征しよう。山に登るかもしれない。また、

頂上で、早起きの登山おじさんに会うだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

風自体は、鳴らない

Jjj1


日中は、いい日和だったが夜になり、風が吹いている。

たいした風では、ないのにヒューヒュー鳴っている。なぜ鳴るの

だろうか。風自体は、鳴るわけがないのだから、どこかの家の

狭い隙間を風が通る時、笛の要領で鳴るのだろうか。

少し寒くなった。おかげで、エアコンが活躍している。


昼、お客さんはぼちぼち。年賀状を買い足しに韮山局へ行った。

韮山は、うちよりお客は、いるが忙しそうでは、なかった。

僕は、あの広い事務所の中へ入ると、とたんに窮屈な気分に

なる。自分の局の中では、わりにリラックスしていられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

買出し

Osouziobatyan


早朝の富士は暗い水色の空に溶け込み、上半分の雪を被った部分

だけが浮かび上がっている。

散歩から帰る頃になると、山は質感を持って、華やかになる。

9時過ぎ、キミサワで買出しした。先日、便秘で1時間もトイレで

戦い、こりごりしたので、今日は野菜をたくさん買った。

ずいぶん買ったつもりだったが8千なん百円だった。

帰りがけに戸田ブックスへ寄った。シャッターを開き、店員が

雑誌を表に並べていた。駐車場の車の中で、キミサワで買った

アイスクリームを食べながら、開店を待った。他3人ほど、車中で

待っている人達がいた。

休日の朝、本屋へ出かけるとは、いい趣味だな。店員は、雑誌を

並べ終わると、またシャッターを閉めてしまった。10時まで、あと5分

あるのだ。

何を買いたかったのか、思い出してみると、ボクシングマガジンか、競馬の

優駿を買おうかなと思って来たのだった。近頃では、そのどちらにも、

それほど執着しなくなったので、どうでもいいなと思い、開店を待たずに家

へ帰った。

午後は、どうそ神を彫った。正味2時間半、彫った。今、後ろの4本腕に、

かかっている。あす、後ろの4本を凡そ彫り終わり、光背をそれに合わせて、

叩き鑿で、整えたい。

夕方早々に風呂に漬かり、あとは、ぐうたらした。乏しい体力を温存せねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

40年

D2


ゆうべ、どうそ神を彫ったせいか朝目覚めた時、犬の散歩は、休もうと決めた。

7時に起き出し、近くの幼稚園まで「燃えるゴミ」を捨てにいったら、

「まあ、少し散歩させてやるか。」という気になった。自転車で線路際まで

連れて行き、しばらくウロウロさせて帰って来た。タケは、それなりに満足した

顔をした。このへんが人間には、なかなか真似のできないところだ。えらいっ。

午後は、局を補助者に任せておいて、事務用具を買いに行った。ついでに板

を二枚買った。

DIYで、驚いたのだがコンパネというやつは、高いものだ。集成材より高い。一番安いのは、

桐の無垢板なのだ。コンパネの半値だ。

帰ってみると、お客様が二人いて、一人は、偶然、中学3年生時のクラスメートだった。K子さん

というのだがきれいな人だなと思ったが、名乗られるまでわからなかった。40年ぶりだ。

僕のことを若く見えると言ってくれたが、だとしたら精神的に幼いせいだろう。中身は、

やっとこ動いている程度だ。

K子さんは、小柄で色白で、いつも笑顔の大人びた少女だった。勉強もできた。既婚者

なので、褒めても何もでない。

夕方、桐の板で、タケの小屋をフローリングしてやった。小屋の床は、風通しをよくするため

か、1cm間隔で板を打ち付けてある。

この隙間にタケの鎖がしばしば挟まるのだ。朝、見ると小屋の中で動けないでいる。

鎖を細くしてみたが同じだった。冬だから、風通しは、いらないから、とりあえずこれでいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

朝、T氏が来た。

日曜日に九州へ帰るのだそうだ。九州の自宅で占い師を始めるつもり

だそうだ。息子さんの居る、横浜あたりに住もうという計画は、捨てた

らしい。

大分県は、彼の生まれ育った場所ではなく、親族は一人も居ないのに、

なぜ、そこに骨を埋めるかもしれない道に戻ったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

買い物3件

Senrogiwa

ガソリンを入れた。

5千円もするのだな。しかし、2ヶ月に一度満タンにする程度なので、

そんなに負担ではない。そのスタンドで、バイクのオイル交換をして

もらう約束をした。バイク屋でオイル交換をしてもらうと、高くつくからだ。

約束したのは、親父で、交換するのは息子だから、どの程度、約束が

確かかは不明。

亡き父が自分で、車のオイル交換をやっているのを見たことがある。

小生は、御免だ。オイルを買ってきて、容器を調達して、車の下に入る

なんて。古いオイルの始末もあるし、容器も洗わなければならない。


スタンドの前の靴屋で、サンダルを買った。2950円もした。二年もって

ほしい。靴紐を二組買った。油断すると、タケが私の靴を齧るのだが、

なぜか、靴紐の端の固いところだけを噛み千切るのだ。


ソフトバンクの店で、プリペイド式の携帯を買った。本体と、カードと充電器

で11000円くらいだった。3千円のカードの有効期間がふた月で、そこから

1年間は、着信専用として、使えるのだそうだ。

店のお姉さんがきれいだった。ふつーくらいかもしれないが若さは、美貌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

なぜ西風は、ひゅうひゅう鳴るの


Tetubou

年賀状の販売が始まった。

年の瀬は、郵便局に早くやってくる。僕は、年始欠礼状をきのう

出してしまったので、もう、賀状の心配はない。すっきり。

しかし、よくぞここまで辿り着いたものだ。局に来るお客さんは

「早いねえ。」というが僕には、早かったのか遅かったのか、わからない

一年だった。まだ、終わってない。


夜になって、強い風が吹いている。ヒュウヒュウ鳴って、やかましくてかなわない。

「拍手はいらない、拍手はいらない。やかましくてしょうがない。」Wけんじの

漫才を思い出す。

今年の5月から、局を弟の嫁さんに手伝ってもらっているので、局が暇な時は、外

へ出られる。きょうは、年賀状を親戚の家へ届けに行き、農協の金融へ区費の

納入に行った。その領収書を組19軒へ配った。活躍。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »