« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)


Ooooo


朝から、ロボットを製作。

脚は、面倒で、妙に固いので後回しにした。胴体をさくさく削った。けっこう集中できた。

俺もまだ、捨てたものではない。

合間に本を読んだ。奥田の「沈黙の町」いじめで高校生が自殺した事から、小さな町に波紋

が拡がっていくようすを描いたものらしい。なにやら、奥田が真剣だ。

奥田の次に好きなのが百瀬尚樹で、結局、同世代の作家しか読めないのだ。「夢を売る男」

は文句なくおもしろかった。いつか自分の本を出版してみたいという夢を持つ人々を食い物にする

出版事業の話だ。この作家の胡散臭さは、今時稀有な資質だと思う。アントニオ・猪木の再来だ。


午後は、ロボットの右腕の下ごしらえをした。億劫だったが始めてみれば、あっという間におわる。

うん、これでおもしろくなってきたぞ。

夕方は、空が晴れて、散歩に出かけた。明日は年度初めで、やる事を残してあるので、30分早く、

出勤すること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

なんか寒いな。

きょうはロボットをいじれなかった。

アマゾンに注文しておいた、セラミックの砥石の台直しが届いた。使えるのかな。

久し振りにNさんが来て、新作の絵をみせてくれた。

博物学の絵の伝統を汲むものらしく、花を微細に描いてある。葉の表だけでなく、

葉裏もきちんと描くことが要求されるのだそうだ。

仕事を引退してから、独学で絵を学んだのだ。健康の都合で、絵を描けるのも、あと一年

だよ、と寂しげに言っていた。それにしては、絵のできは、いい。

そういえば、Iさんも、きょうみえたな。木工家で、長年やってきたが前立腺癌の手術を

数回やり、今は、ぼちぼち仕事しているそうだ。

最後の一滴まで、味わい倒そうではありませんか、この命。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

Heikinda00


午後2時間ほど、人に局の仕事を代わってもらえるようになったので、作業が少しずつ

進む。

外に出て、叩いたら、非常に寒かった。適当に切り上げて、家の中で彫った。

夕方の散歩では、少し走るのだが体重が減ったせいか、けっこう走れるように

なった。それは、衰えていく脚力を自覚できたせいもあるかもしれない。

タケは、満二歳になる。やたら元気だ。こんな主人に飼われて、性格が歪むのでは、

と心配していたがそうでもなさそうだ。いくぶん卑屈に見えることもあるが・・・

我がままになられるよりは、ましだろう。

今日も、ドッグフードを前に、ハンストしている。


Robotodayo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

昼間、雨がひとしきり降ったようだ。

タケは、またドッグフードのハンストをやっている。ロボット1号のお腹に顔を彫った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

さて、寝るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

早起きして、上野国立博物館の円空展へ行ってきた。

昔、山のてっぺんまで登り、千光寺でみた円空仏があった。円空の作品は

すぐ倒れてしまいそうな物が多いのは、なぜか。

円空を見終わり、博物館内の他の展示品を見た。あまり、おもしろくなかった。

円空を見に、多くの人が集まっていることが嬉しかった。若い人達もいた。

帰って、ロボットの腹に人の顔を彫った。円空風の顔になればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

朝、ごみを出しに行くのに、半袖のTシャツで行った。

ロボットのお腹に私の顔を彫ることにした。ロボットの頭部には

顔がなく、お腹に顔があるのだ。

これは人間化しつつあるロボットかもしれない。

アマゾンの密林は一面の密林なのだがその中に密林に絡めとられつつ

あるピラミッドがひとつ見えると、景色は全然違う物になる。

そういうものを感じられるものになれば、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

Syutta


顔が円空風になった。

高校生の頃から、円空に憧れていたのだ。腕の付き方がまずい。修正せねば。

こういう、ガラクタをたくさん作りたい。彩色予定。

あさっては、円空を見に行くつもりだ。見ておかないと、後悔しそうだから。

雨だ。降っている。私は半袖シャツ一枚だ。ついに春になりやがった。散々トラブったけれど、

春まで、生き抜いたぞぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

Robot1

脚ができつつあります。

Robot22

腕をつけてみました。昔、習作として作ったものです。

Robot3


頭を馬に替えてみました。ハイル・ヒットラー

春になった。うれしい。税金の申告も15日その日に終了した。肩の荷がおりた。とりあえず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

閃いた

Robot_2
先週の土曜日、骨董市で買って来た、物入れだ。
何を入れたものか、考えあぐねた。それがさっき閃いた。

Robot2_2


こうすれば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ロボットではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

P1040884


これで作品・・・・というわけには、いかないだろうか。

端材を使ってみるシリーズ第一回である。他人が見て、何だこれは、と思う物に作り手は案外、

大きな可能性を透かし見ている。のさっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »