« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

研修会は年3回


Kensyuu


朝、馬の頭を叩いた。

厚い板を使ったので、ボリューム豊かになった。近所の子供が

通りすがりに見て、「なんだこりゃあ!」と言った。

午後は、沼津の駅前郵便局で、研修会をやった。近頃は若い顔が多い。

どこの局の受託者か、わからない。

ひとつくらい質問しようかと思っていたが、ついついしそびれた。「もう一度、言って下さい」

がやっとだった。それでも、ゼロよりは、ましか。

風の吹く日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

局に残った暑中見舞いはがきが一枚あり、

きょう、暑中見舞いらしきものが届き、その返事に最後の一枚を

使った。これで、今年の暑中見舞いはがきは売りつくした。

よくぞ、上手に終わりけり。

取って代わって、年賀葉書の見本やポスター、年賀印刷申し込みのパンフレット

などが次々に届いている。ふう。


夕方、K氏の優雅な農園で、ぶどうをもいだ。すいかと、その葡萄をリュックサックに入れて

背負うと15キロはあった。バイクで帰って来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

What are you doing?

Tonbi1

どでかい太陽が昇ってきた。

朝、5時半に散歩を始めると、じきに朝日が現れる。とたんに汗をかく。

もっと早めに出かけよう。

線路沿いの電柱にカラスが二羽止まっていた。そこに鳶が舞い降りて、

カラスの隣に止まった。争いが起こるかと思いきや、二羽とも、そのまま澄ましている。

と、カラスが鳶の方へ、少しずつ近づいていった。鳶はさっと舞い上がり、行ってしまった。

と思いきや、旋回して戻り、電柱の端に止まった。そこには、もう一羽のカラスが居たのだが

カラスは瞬時によけたらしい。

あいつらは、あそこで何をしているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

お~い

Rio


近所の子がうちの庭に遊びに来た。

犬と遊びたがった。犬は遊んでもらいたいのだが子供が近づくと、吠えたりする。

鳥の唐揚げを子供に渡し、子供から犬へ餌を与えた。

さあ、これですっかり仲良しさ。と言ってみた。


朝方、冷えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

吠えない馬

Hoenaiuma2


昨日、床屋へ行って来た。

きょうは、頭が寂しいほど涼しい。

朝、市役所の女性の職員が介護保険の更新に当たって、母の様子を

みにいらした。母は、動きがだいぶん鈍くなっては、いるが入浴、着替えは自分で

やっている。

記憶も怪しいが大事なことは、覚えていて、自分を巡る状況はしっかり把握している。

難は、御飯を作ろうとすると、30分も水洗いをしていて、ちっとも料理が始まらない。

鍋で椎茸を煮ながら、冷蔵庫に顔を突っ込んでいる。私が横から、手伸ばして、味噌を

取って鍋へ入れると、「あ、それを捜していたんだ」と言う。

少しずつ、次の段階へ進みつつある。


週末は、ロボットの馬の頭をもう少し、大きめな物に替えたい。ワンコには、癒される。

口の端ヲグイと上げて、舌を出しながら、明るい目で俺を見る。癒される。餌か、散歩を

期待している顔なのだろうが、癒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

仕事が終わってから、バイクで病院へ行き、頼んでおいた書類を受け取った。

母の保険証の更新にかかるものだ。受付には看護婦さんが二人いて、女子高生が

パンフレットを差し出して、「よろしくお願いします」と言っていた。

それから、ガソリンスタンドで給油した。人がサービスしてくれるスタンドだ。

車で行くと、フロントガラスなどを拭いてくれるがバイクだと、どこも拭いてくれない。

出る時も、車道に出て、「はいどうぞぅ」とやってくれない。

セルフが好きになりつつある。


そこから折り返して、セブンイレブンで煙草を1カートン買った。店員は、小柄でかわいい娘だった。

客は、豪快な格好をした鳶職の人達が多かった。なぜか。生きるエネルギーにあふれている。

ロボット2号の頭部を作り直そうと思っている。今のものは、材が2cmくらい薄いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

蜜蝋の厚塗り


Ikiiki1


朝、5時半に散歩に出かけたがお日様は、山の端を出たとたんにギラギラ全開だった。

歩いているだけで、もう汗をかいていた。

向こうを見れば中年の夫婦が元気に歩いている。男は、元気よく手を振って歩いている。

私も歩くフォームには、注意しているのだがあんなに元気には歩けない。

私は疲れやすい体質になったらしいので、元気を拾い拾いしながら、生きていくのだ。


予想外に局はぼつぼつお客さんが来てくれたので、嬉しくなった。この仕事をなるべくなら、

今しばらく続けたいものだと、思う。

ロボット1~3号の仕上げは、うまくいった。蜜蝋を溶いた後のテレピン油の量が全てだった。

こんなことに、何年も気づかなかったのが悔しい。

テレピンを多めに入れれば、蝋は、ゼリー状になる。それを物に塗れば、蝋の厚塗りができるのだ。

いい艶が出る。

チークオイルを一度塗り、その後、蜜蝋を一度塗り、磨いただけで、マホガニー、ケヤキなどは、

ピーカピカになった。クスノキの部分は、更にもう一度、チークオイルを塗ってみた。

前島秀章さんの仕上げは、やはり蜜蝋だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

繊細な僕

Ll1


「夏にこんだけ暑くたって、電気は、足りてる。福島の事故んときゃ、計画停電なんて、バカなことを

やったがそんな必要ねゃあだよ。

大企業が普通の10分の1なんて値段で電気をつかってるだよ。そういうのを維持するために、

原発が必要なんだ。」

てな話を時々、局に来るおじさんが話していた。そういえば、俺も毎日、昼は局で、夜は二階の

四畳半で、ガンガンエアコン使っている。現在日本の全ての原発は停まっている。なのに、電気

が足りないという話は聞かない。トンネルの中の灯りもついている。

つまり、日本が富める国であり続けるために、原発はひつようだったのか。原発反対。


人の話を聞くと、簡単に意見が変わる私だった。


TPPの事でも、米の関税撤廃したら、わが国の社会のあり方まで、変わってしまうだろう。

などと、呟いていた私だったが、もへじ氏に言わせると、

「そんなに変わんないと思うよ。今だって、周りを見ても、専業農家なんて、ほとんどないじゃない。

自分たちで食べるお米を作っているくらいだ。」

というような話を聞くと、なるほどと思ってしまう。兼業農家の副収入が減るだけか。

他人の意見にぶれやすい体質だった。


昼間、局舎から出て、陰で煙草を吸う。濃い緑の葉っぱが油にまみれて、煮立っているようだが

その裏に秋の気配を感じてしまう繊細な僕だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

ヘルパーさん

Mokuyoubi1

朝5時が薄暗かった。日は短くなってきている。地球は太陽の周りを回っているのだなあ。

やがて彼岸花を見ることになるだろう。

きょう、ヘルパーさんが来て、掃除をしていってくれた。すっきりきれいになった。母のヘルパー

だから、二階の掃除はしてくれない。週一回1時間やってくれて、1250円とかなので、やって

もらわねば損しちゃう。介護保険を使うので、そういう料金になる。


蜜蝋の溶かし方がわかった。

湯煎で溶いたあと、テレピン油をドバッといれるのだ。蜜蝋をお風呂に入れるくらい入れるのだ。

そうして、しばらく冷えるのを待つと、きれいにゼリー状になる。

これを布などにつけて、塗ると、厚く均一に塗れる。

一方、ネットで検索すると、「蜜蝋ワックス」というものがあり、これは湯煎など不要、缶のふたを

開け、布につけて塗るだけだ。これもアマゾンに注文した。

今夜、すでにチークオイルを塗ったロボット1~3号に、この蜜蝋を塗った。

この後、パフをかけて、その後、もう一度、チークオイルを塗ると、かなりいい艶がでそうな

感触がある。

この工程を更に繰り返すと、艶と木目は、その都度強調されるのでは、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

いい女に耳かきをしてもらう

3日前、風呂に入っている時、風呂の中へ潜った。

右の耳に水が入り、抜けなくなった。自分の声がよく聞こえない。ご飯を食べると、

噛んでいる音が異常によく聞こえた。

K氏に教わった市政でやっている24時間健康相談室に電話してみると、「たいてい一晩

寝れば治ります。それでも不快な症状がとれない時は、耳鼻科の診察を受けてください。」

と女性のカウンセラーが答えた。

翌朝になっても、耳は変だった。もう一度水を耳の中にいれれば、抜けるかもしれないと考え、

再び風呂の湯の中へ潜った。左耳にも水が入り、抜けなくなった。

耳が変なまま、月曜に仕事をこなした。電話の音がよく聞こえなかった。右の耳で聞くと、

もう少しよく聞こえた。

翌日の朝が来ても、状態は変わらなかった。その日は、仕事が休みだったので、病院へ行った。

耳鼻科のドアを開けると、若い女性の医師が座っていて、三角の筒を私の耳に入れて、中を

覗き、抉い針金みたいな耳かきで私の耳を掃除した。時々、痛かった。

終わると、助手のおばさんが「耳垢が溜まっていたのよ。ほら、こんなに」と見せてくれた。

耳垢の描写は、したくない。

それで、耳は正常に戻った。あの女医さんは、マスクをしていたが美貌だった。目元に浮かぶ

笑顔がエロカワ系だった。

椅子を回して、こちらを向いた時、白衣の下から太腿が見えた気がした。さりげなくしっかり

脚を見ると、淡いピンクの七分丈のズボンだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

大施食会

Korobu1


大施食会。おせがきかいと読むのだったろうか。

そういうものに出席した。お寺でやってくれる法要で、檀家の役員たちと、

今年が新盆の家の人が参加する。

お坊さん10人で盛大にお経を詠んだ。鐘と太鼓が入り、寺の住職を中心に

坊さんたちが輪になって、回ったりしながら1時間、お経を詠んだ。その間

参加者は二度、焼香をした。お坊さんにひとりが歩きながら読経していて、

滑ってころんだ。が素早く立ち上がり、読経を続けた。

私は、とめどもなく汗をかいて座っていた。ハンカチが重くなり、ズボンの上に

汗を垂らした。もともと汗っかきだが近頃の汗の掻きかたは尋常ではない。

長い1時間だったが伝統芸能をみるようで、よかった。

終わると、供養してもらった新しい卒塔婆を持って、お墓に立てる。その後、

昼食が供される。仕出し弁当だった。知っている人もいないので、黙って食べた。

会の前、ネクタイを締めるのに、15分かかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

靴クリームも成分に蜜蝋を含んでいるのか

The_race

もう日は短くなり始めているのだそうだ。

今朝は、散歩をさぼった。夜、もへじ工房のもへじさんと電話で話した。

彼は、絵を描くかたわら、カスタネットなどを作り、それを路上販売している。

そのカスタネットは、フラメンコのダンスで踊り手が使うそれだ。カスタネットの

仕上げ方について、質問してみると、これが蜜蝋をパフに直接こすりつけて、

磨くというものだった。「手でみがいたんじゃ、あの艶は出ないでしょうね」

とのこと。

ロボットシリーズは、このパフを使ってみようと思う。パフは、基本的に車の

ワックス磨きに使う、ポリッシャーというものだ。ホームセンターで買ってこよう。

ネットを鑑みるに、蜜蝋の代わりに靴クリームを使っているという人もいる。

夜になっても雨降らず。庭で犬がなにやら、かじかじしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

机上

Hirune88


カップに一杯の小銭。水の入った1.5Lのコーラのペットボトル。ピンク色の免許証入れ。

茶色の革の財布。めがね。鉛筆。メモ帳。フィラリアの予防薬の箱。インクのビン。文庫本。

ライター。輪ゴム。大きい爪きり。小さい電卓。小さいデジカメ。英語のテキスト。リモコンみっつ。

ペン皿。ペンケース。ヘアブラシ。「人生、腹を立てず、気を長く、心まろやかに」の色紙。

これは、菅平のスキー場のリフトのアルバイトをしていた頃、上役の足助さんが書いてくれた

ものだ。アスケと読む。娘さんが美人だった。以上、私の机の上にある物をあげた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

入会地

朝の散歩。

川原の土手に自転車を停めたおじさん。自転車には荷物がいっぱい積んである。自転車は

マウンテンバイクに似た形なので、よく見る自転車型流浪の叔父さんかどうかは、一見微妙。

おはようございます、と声をかえてみる。「おはようございます。」犬がすぐ、おじさんにじゃれる。

「なんていう犬種の犬?」「コーギーです。」「むかし、うちで秋田犬を飼っていたよ」

「秋田犬って、咬んだりするんでしょ」「そんなことない」犬、なおもおじさんにじゃれる。

60歳前半かな、日焼けして、痩せている。歳より若く見える人かもしれない。

「じゃ」と、別れる。あの人は、何週間か前にも、あそこにいたようだ。


ロボット3号の手を彫り上げて、午後、K氏宅へバイクで行った。Kは午前中、山の下草刈りに

行って来たそうだ。年一度のイベントで、山の入会地とかいう、隣近所で大昔から代々共同

所有している土地の下草を刈る作業だ。かなり、汗をかいたことと思う。すいかをご馳走になった。

午後、ロボット3号にチークオイルをかけた。だいたい完成。

ロボ3は、神代けやきの迫力が作品の出来を後押ししている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

命の連鎖に思いを馳せて

Asakaraame1


朝方、降っていた。

きのう、おととい、犬を散歩に連れていっていないので、傘をさしてでかけた。

犬は水を浴びるのは、嫌いのはずだが散歩となると、楽しげに歩いている。

歩いているうちに降りが本格的になってきた。7分丈のズボンは濡れず、シャツは

たっぷり濡れた。


午前中、雨はずっと降っていた。局の中からひまわりが一本見えた。その向こうに田んぼの

風景があり、傘をさした男が一人歩いていた。白いシャツに黒いズボン。サラリーマンらしい。

その向こうの山は灰色の空に沈んでいる。

雨の中、お客さんはぼちぼち来てくれた。昼に父方の親戚一統が父の墓参りをして、帰りに

寄ってくれた。礼を言って、車で帰るのを見送った。少し走ると、赤信号で停まったので、

見送りを中止して家へ帰った。

お盆というものは大事にされているのだな。祖先の霊を祭るもので延々と連なる命のバトンタッチ

こそ尊いということだ。祖先があって、我がいる。

とは言うものの、私はおじいさんの名前までしか知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »