« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

Natuyo

渡り鳥のT氏登場した。

この人は春と秋に数週間ずつ現れる。去年の秋に続き、

カラオケにはまっているようだ。初めてのカラオケ屋に入り、歌えども誰も拍手しない。他の人が歌うと

拍手が湧く。なんべんトライしても拍手が出ない。気落ちして帰ったが後日、そこを再訪したら、入るなり、

「先生、また歌いますんかい」と言われたとか。

裏声でホーと声をだしていると、高い音が出るようになると、T氏は言った。練習してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)


Korako

また一日雨だった。

心地よくこもって、「逆立ち力士」を削った。立体も、大き目になると、切り出し小刀が約に立つ。

雨がゆったりした気分にしてくれて、ぼちぼち彫った。

夕方になると、雨は上がり、風が吹いた。キミサワへ買い物に行った。強い雨が上がったばかり

なのに、店内は賑やかだった。近頃は買い物の手順が決まったので30分とかからない。

帰って、風の中、犬を散歩させた。タケの脚はよく動くが俺の脚は歳と共に鈍くなっている。

でも、はしってみたりする。夕方は暑くなり始めている。じき、朝走ることになるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

Sakurasakura


昼前、K氏と狩野川の桜を見た。

寒かったのによく咲いたものだ。テキヤさんの店が並んでいた。たこ焼き、とうもろこし、イカ焼き、

ピカチュウカステラ・・・・ピカチュウカステラの実態は確かめるべきだった。

年配の人たちが多かった。みんな、ナップサックを背負っている。若い人たちも混じっていた。すれ違った

若い女性はなぜか美女ばかりだった。

狩野川公園は、いいところなのだが近くの小さな山のせいで、富士山が隠れてしまっている。あんまり

みごとに隠れているので、笑ってしまう。

背後の山に登ると、中腹のいい場所に、広々と青いシートを敷いてある。午後か夜に花見をする人たちが

いるのだ。頂上まで登ると、小山を脱した富士山が見えていた。

あすは、相撲取りを彫ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

Syouzou


新しいお絵かきソフトを買った。これはしばらく遊べる

今、母の介護に看護師さんが週一、おそうじの人が週二回、お風呂に入れてくれる人たちが

週一回来てくれる。これだけ来てもらうと、母は気が疲れるようだ。

私が身の回りのことを一人でできなくなったとき、こんなに面倒をみてもらえれば、安心なのだが

このご時世だ。甘くはないだろう。それにしても、母の介護を見ていると、ジパングは福祉大国だ。

僕は変なのかな?ずいぶん前の話、夢の中に神様でてきてさぁ、”直してやる”っていわれたんだけど、いなくなる って思ったらさ(病気直るってことね)
さびしくなっちゃって、丁重にお断りしました。
 なんかへん? (今日とあるサイトでみつけた言葉    美しい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

Natuhamada


局に突然白い髭を生やした仙人的なおじいさんが現れた。

普通なら、ここで100円貯金をするとか切手を買うとかして、自己紹介にさりげなく移るとこだが

この人はいきなり自己紹介を始めた。「脳梗塞で二度倒れながら、日本列島を4周しました。

今もこうして歩いています」というようなものだった。謹聴しながら、失礼なことに私は内心やがて、

資金のカンパの話が出やしないかとびくびくしていた。

老人は、ご自分の来歴と抱負を書いた一枚の色紙を置いて去っていかれた。69歳とその色紙に

あった。80歳くらいにみえた。

動かなくなった自分の体を操りながら、自分に目的を与えながら生きているんだな。

Test


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

Photo


三島へ行った。雑踏がある。

Rolita77

近頃ロリに惹かれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

Haruaruki


HPの新しいパソコンへの引っ越しは済んだ。

サーバーからHPのデータを新しいパソコンにダウンロードして、そこのHPビルダーでトップページを

拾ってやると、芋づる式にすべてのページが出てくる。リンクも切れずに移行できたわけだ。

結果だけ言えば簡単だけれど、なかなか、ネットで調べたり、本を買ってみたり、友人からケーブルを

借りたり、紆余曲折を経ている。

「簡単なことなどないさ」とヘミングウェイも言った。

きょうの夕方は春だった。春の夕暮れ独特の穏やかな暖かな解放感があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

Photo


晴れの日が二日続いた。

午前は外で「逆立ちする関取」をたたいた。一番厚い板を使っているので、やりがいがある。

バンドは正面図を切り抜くのだがその後、側面から切り抜きたくなる。これが大抵無理があって

しくじる。今回は腕を細くしてしまった。

しばらく叩いてからキミサワへ買い物に行った。行きがけD2で肌着を買った。たまには、肌着も

買わねばね。「パンツ買わねばね」というのがあったな。小学生だった昔、なにか全国レベルの

詩集があってその中に男の子が何かのお駄賃に小銭をもらって「パンツ買わねばね」と言うのだ。

午後も外で、叩き。寒いな、疲れたな、と思っていたら、関取をコンクリの床に落としてしまった。

片腕が折れた。

接着剤でくっつけた。もしこれでダメだったら、作りなおす。この逆立ちする関取は傑作になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

Tatte

珍しく青空だった。でも風は冷たい。

午前中はコンビニでコーヒーを買い、Kの家へ行った。お彼岸ということで

K氏の近くのお寺は賑っていた。

Kはすでに父君の墓参りに行ってきたという。彼の住んでいる地区はお寺だらけだ。

お寺団地と言って過言ではない。四日町というのだから、古くは繁華街で、今は高級農村地区

で、お寺が多いのである。意味がわからん。

ともかく、エクセルとワードのディスクを借りてきたので、コーヒーの元はとった。ありがとう。

午後はついに木彫りをやった。「逆立ちする関取」をバンドで切り抜いた。

琴欧州は引退したのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

Hiru


暖かくなるのかと思ったら、寒かった。氷河期だから仕方ないか。

近頃となりのオヤジさんが夕方になると、うちの犬を散歩させてくれる。

生き物が大好きなひとで、犬のことも鳥のことも昆虫、植物なんでも

詳しい。何で、犬を自分で飼っていないのかは、想像はつく。

うちの犬は、おやじさんが犬を返しに来たあと、私の散歩にもつきあうので

俄然しあわせな日々になっただろう。

愛犬に死なれたSさんは、今までどおり、なんてこともなく暮らしている。すぐに

子犬を手に入れようとしたらしいが奥さんに拒否されて断念したそうだ。

ひとりで散歩している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

Fuji9

パソコンはネットにつながった。ややこしい設定がいるのかと思っていたが

線をつなぐだけでネット化した。この先もそんなにむずくないのではと、光明が見えてきた。

風がやかましい。春一番だそうだ。高知で桜も咲いたそうで、春が来るのだろう。長い冬だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

Kouzi1

土曜日はあちこち出かけ、買い物もして、冷蔵庫もお掃除して活躍した。

で、きょうは疲れて、椅子に座りテレビを見ていた。時々、眠った。

逆立ちする関取 をバンドで挽こうと思っていたが冷たい風が吹きすさぶ中、

とてもやる気にはならなかった。

新しいパソコンが届いた。アマゾンに注文したものだが大きさや重さは

イメージどおりだった。これから、やらなければならないこととか、そこに

隠された数多の困難を思うと、早くも疲れてくる。


先日、NHKの2億5千万年後の地球  という番組を見ていたら、「科学者たちは

10年後から10万年後に氷河期が来ると考えている」と、すらりと言った。

原発は取り壊さない方がいいと思う。

Mmm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

Dene1


雨降りだった。

このパソがXPなのだがなんでもそれではもうまずいらしくてOSを新しくしなければ

ならないのだそうだ。でまあ、このパソも十数年使っていて、動きも鈍くなっているし

買い替えようかと思う。ノートにしよう。

でもホームページビルダーの引越しを考えると気が重い。面倒なことはなるべくしたくない。

OSを替えると、それに合わせて、ソフトも買い替えなければならないとは、理不尽だ。

誰もOSを新しくしろなんて頼んでいない。


オレはいつでも文句を吐いていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

Nakayosi1_2

いつもより、1時間近く遅く散歩に出た。

線路際の草の道に出ると、前方を女子高生が二人歩いていた。

黒に近い色の制服の下に明るい色の脚4本動いていた。

原木駅で降りて、少し引き返したあたりに二人の家はあるのだろう。

その角を曲がるだろうと思っていると、曲がらない。まっすぐ行く。

近頃すっかりオヤジ化した私の脚は、ゆっくりと動き、二人との距離は

縮まらない。二人は、草の道が終わったところを左に曲がって、踏み切りを

渡った。どこへ?

私は、踏み切りを渡らず、真っ直ぐ行き、川の土手へぶつかり左へ曲がった。

坂道を登ると、夕陽を背景に橋へ差し掛かる彼女たちを見た。

橋の向こうにあるユニクロへ行くのだろうか。ユニクロへ行くのなら、原木駅では

なく、ひと駅手前の伊豆仁田で降りた方が近いではないか。謎は深まるばかりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

Tyuubou1


空気が冷たい。犬がいなければ外には出ないだろう。出掛けは風が吹いていたが

やがてぴたりと止まった。遠くの山は紺色で陰影がくっきりしていた。

雨後の景色のようだった。

中学生の女の子が自転車で走るボクの前を歩いていた。おずおずと、腕を振らずに歩いて

いた。自転車が追いつく寸前にその子はわき道を右へ曲がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

Mabusii1

日曜日。わりに好天。しかし3月に入ったのにずいぶん空気が冷たい。

午後から沼津で某講演会を聴いた。質問を二回もした。それもマイクを

渡されて。こういうのって、気分のいいものだ。

帰って来て疲れたので、散歩をさぼろうとしたがタケが死ぬほど真剣な目で

見るので、出かけた。帰りに一人で歩いているSさんに出会った。「早くその犬に

子供を産ませてくれ」と言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

Sokode


久し振りにいい天気だった。

税金の勉強もほぼ終わった。父が亡くなり、母の年金が増えて私の扶養に

ならなくなったので、そこが痛い。

しかし、習近平とかプーチンとか、テレビに映っているけど、卑猥だな。いかがわしい

こいつら平気で人を殺せるような犯罪者ではないか。プーチンに睨まれた人は

不思議な死に方をするし、習が薄を追い落としたやり方見ていれば、マフィアよりひどい。

強いやつがトップへ行くのはわかるけど、こいつらひどすぎないか。

こいつらが超大国のトップにいるということが猥褻だ。役者ではあるんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

Amebakari3

一日中、雨が降った。たゆまず降った。夜になっても降っている。

局は暇だった。証拠書は3枚だった。客の少ない日が続くと、私は孤立化していく。

だが、午後は申告の勉強をやり、進展をみた。明日は書類を封筒に入れて、午後壜で

出してしまうつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

母の介護度が1から2へ昇格して、きょう介護のマネージメントをやってくれる人が

来て、新たに週一で看護師さんに来てもらい、お掃除ヘルパーさんには週二回来てもらい、

さらに必要ならば、運動、体操の手助けをしてもらう療法士さんにも着てもらおう、という

話になった。すでに入浴サービスは週一で来てもらっている。

患者側は費用の1割を負担する。なんか申し訳ないような・・・薬をきちんと飲ませたら、

一時と違い、トイレも一人でできるようになった。でも助かる。心強い。ありがとう。


おすもうの逆立ちは絵まで描けた。何枚か描いた絵を壁に立てかけたコンパネに貼り付けていく。

そうやって、絵を離れてみると、どれが良いかわかる。近くで見ていた感じとは明らかに違う。

このやり方は、浜松の美術館で見た動物の彫刻の展覧会から学んだ。

仕事は、大きく構えた方がいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)


Aruhiarutoki


寒さがまた厳しくなった。

ぜったい、温暖化の心配など必要ない。Co2派削減しない。増やす。

補助者が来てくれたので、2円切手と52円と82円切手を買いに行った。

ついでにエースへ寄り、ネズミホイホイを買った。ついでに食料品も買った。

葱が高い。椎茸の値は変わらん。

大きいフライパンがほしかった。値段を見たら650円だった。ならばと、28センチの

物を買った。使ってみると、フッ素加工してあるとかで、焼きそばがひとつもフライパンの

表面につかんのだな。感動。

隣のSさんの家のシロが死んだそうだ。Sさんがシロの缶入りの餌、ジャーキーなどをくれた。

ここしばらくは、点滴していたそうだ。1週間ほど前、Sさんが留守をしている時、シロが

人がオイオイ泣くように、吠えていた。人なら慟哭というものだ。

心の底からSさんを呼んでいたのだな。Sさんに看取られていけて、よかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

Sumou_saka

今朝は、組のどぶ掃除と市内一斉空き缶拾いがあったのだが雨で流れた。

相撲取りの三点倒立の絵を描いた。

前作の少女の逆立ちが時間をかけた割りにパッとしなかったのは、なぜかと

考えた。材料がしょぼかったという結論に達した。

同じやるなら、いい材料を使わないと損だ。今度の相撲取りは、いい出来映えにしたい。

そこで、いい材料と、いい構想を持つことにした。場合によっては、染料で物を茶色に

そめることもあり得る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

静岡でやっているシャガール展を見に行こうかと、朝バイクで伊豆縦貫道に乗っかった。

暖かいと思っていたが走り出してみると寒かった。ネックウォーマーまでつけた完全装備

だったが途中で引き返した。

口惜しいので午後、函南町桑原の美術館へ仏像を見に行って来た。平安、鎌倉時代の

如来、菩薩、12神将像などがある。静かな山里で、千年余もの間、これらの仏像を守ってきたのだ

そうだ。

ボランティアの御婦人の長い説明を聞いて、少し疲れたがためにはなった。平安時代あたりの仏像は

大きな木に彫っておいてから、楔かなんかを打ち込んで真っ二つにして、中の芯の部分を刳り抜く。

そうして、ひびを防いだ。

だがその後は、大きい木を探さずともすむように高度な寄木の手法が主流になった。それからは、

日本各地で仏像が作られるようになった。とのこと。

暗いスペースにライトアップされ、陳列されていた仏像は、立派な者だったが内に野趣を秘めた

ものだった。素朴な空海像がよかった。

相撲取りの逆立ちを作りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »