« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

Rinrin


gegegeゲゲゲゲゲゲ下と夜の田んぼで蛙が鳴いている。

くげっくげっくげっげ、というのが正確な擬音かもしれない。今夜は部屋に涼しい風が入ってくる。

きょうから夏物のパジャマに代えた。少し遅いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

Kkkk


朝食後、散歩。

狩野川公園まで自転車で行き、守山へ登りかけ、すぐやめて帰途についた。体が疲れていた。


黒いテンガロンハットをかぶったK氏に会った。この男は黒いテンガロンハットをトレードマークに

するつもりだろうか。

Kの畑で、すももをもごうとしたら7分丈のズボンを穿いていた私の脛は複数の蚊の餌食になった。

10個ほど、もらい自転車の前かごに入れて帰ってきた。

Kの観察によるとタケの首輪の下あたりの毛が薄くなっているというので見てみると、10円玉ほどの

部分が薄くなっていて、虫刺されの痕らしきものがある。付近の体毛の中に黒い小さな虫が散見される。

ダニではないだろうか。こまめにブラシをかけてやるべし。

子供の逆立ちはほぼ彫りあがっている。私にしては、よく彫り込んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

Sakanakun

過ごしやすい天気だ。

湿度60%27度c  だが今朝、疲れ果てた気分で目覚めたので、わんこのお散歩は休んだ。

あんな元気な物と、どこまでもつきあっていたら中高年飼い主は倒れてしまう。

心身共に、爽やかにしたいものだ。

で、近頃一般読者向けの精神医療の本を買いあさっている。特定の医者が10冊余り書いている。

そのへんからして、胡散臭い。だが佐藤勝彦という立派な理論物理学者も一般読者向けの本を

たくさん書いているので、それを一概に否定はできない。

心の本はたいてい通り一遍であまり新鮮なものがない。何冊か斜め読みして、残ったのは

不安を生む要素。1危険を過大に評価している 2自身への評価が低い 3他人の援助を

勘定に入れていない

あとは、不安感にとらわれる自分の姿を客観的に描写されたものを読むということは、それだけで

回復につながるように思えた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

Hatiki

局に不意にTが現れた。

ずっとそこに座っていたかのように座っていた。仕事でこっちへ来たのだそうだ。

中学の時の友達で、浜松の方に住んでいるのだが時々会う。

息子が一人いて、17歳くらいのはずだ。若々しくて

元気そうだ。空気のように存在している。明るい目だけが宙に浮いている。

歩くと、ふくらはぎの筋肉に持久力がなくなったということで意見が一致すると、

そよ風のように出て行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

Ttt

夕方散歩に行くと、おおきな高校生男子とすれ違った。メガネをしていて、柔和な顔立ち

だった。犬を川の中へ放り込んだ。今回は、犬の表情に恐怖か焦りか、怒りが浮かび、泳いで

帰ってはきたが私の脇をすり抜けて土手の上へ駆けあがってしまった。口笛を吹いても、

タケ!と叫んでもなかなか帰って来なかった。

堪忍袋の緒が切れかけているのだろうか。


夜は蛙蛙かえるさんがゲッゲッゲッとやっている。涼しくて、いい気分だ。「世の中すてたもんじゃない」

というがそれは世の中など、そんなにご立派な物ではないということが前提となっている。

とかくこの世は住みにくいと思っておけば間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

Souguu


夕方、線路沿いに歩いていると、前方にカラスが立っていた。いや、雉かもしれない。

だが真っ黒だ。真っ黒い鳥はカラスだ。だが夕方の光の加減でシルエットになっているの

かもしれない。雉だ。

頭に赤い飾りをつけた緑色の雉だった。よくみると二羽のこどもが一緒にいる。私の犬は

リードを外してあったので、雉のほうへ駆けていった。

親の雉は、鉄の柵の隙間をくぐって線路の上へ出て、そこで止まっている。子供の雉たちは、

(それはヒヨコを大きくしたようなものだった)道をまっすぐむこうへ駆けていく。

犬は雛たちには関心がないらしく、かと言って線路へ入るのは気が引けたのか、柵越しに

雉をみていた。やがてそこに便をした。

オレはその便を道の隅へ蹴とばして掃除した。気が付いたら、雉の親子は姿を消していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

Nhk

晴天で涼しかった。いったいに涼しい初夏が続いている。

おかげで、犬の散歩を早朝にせず夕方にできているのがありがたい。

今日は例によって、線路沿いの一本道を行った。工程半ばで便意を催した。

このまま行って、線路を渡りローソンのトイレを借りるか、引き返して踏切のない線路

を渡り、駅のトイレを借りるかしばらく悩んでから引き返す道を選んだ。

旅には苦難、アクシデントがつきものだ。それこそ旅の醍醐味である。

歩いていると、軽トラが止まり、「あんた犬が逃げたそうだね」と顔見知りのじいさんが

声をかけてくれた。なんでそんなこと知ってんだぃ。


10年以上続けた夜のストレッチをやめ、代わりに朝のNHK体操をやっている。朝、テレビの中の

みなさんと一緒にやったほうが楽しいです。天井沢亜里沙ちゃんのラジオ体操がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

日曜日。

朝かなり降ったのだろうか。あとは一日、かすかにぱらついていた。

夕方になると、まずまず雨は上がったという状態になり、表で子供たちが

遊ぶ声がした。

オレは一日家にいて、木彫りをしばらくやっては休み、ということを繰り返していた。

クロネコが小包を持ってきてくれて、人の笑顔を見たら、少し勇気が出た。

バイクでKの家へいき、少し話相手をしてやった。いや、してもらった。帰って、犬の

散歩に出かけた。増水した側溝の水を犬が飲むので、ついお尻をけったら犬は落ちた。

流されそうになったが這いあがってきた。何が起きたのかさえわかっていないだろう。

わが集落へ帰ったら、子供たちが自転車で遊んでいて、あいさつしたらオッサン!と声を

かけられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

Sanpomiti77

だいたい晴れという天気で蒸し暑かったが夕方になると、曇ってひんやり冷たくなった。

6時を待たなくても、犬の散歩タイムだ。

散歩のうち、6本ほどの電車が行きかい、カラスを見たり、田んぼの中を泳ぐ鴨を見たり、

畑の中では人が俯いて働いている。でかい犬を連れた人とすれ違った。でかい犬は餌を

たくさん食べるのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

Okurimukae

いい天気だった。うちの犬が逃げ出した。首輪の金具が壊れていて、はずれてしまう。

昨日の朝も、庭をうろうろしているのを収容して、首輪をつけたのだ。今日また、逃げることは

予想できたことだった。この犬はそう遠くへ行ってしまわないので、安心だ。雌だからだろうか。

生活と経済の許す範囲で行動する。雄だと、どこまでもどこまでも、引き返せないほど遠くまで

行ってしまう個体もあるのかもしれない。

首輪を諦めて、ロープで縛ってみた。すると、犬はもっと素早く縄抜けした。結局、昼休みに壊れた

ものと同じ首輪を買いに行った。丈夫そうな、それだけが取り柄そうな首輪なのだが二年しかもたんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

Yuukure2

3時半に起きた。

しばらくパソコンをいじって、また寝た。6時半に起きて、NHK体操をしてから味噌汁を

作った。いつのまにか降っていた。雨は夕方には上がった。

母の薬を病院まで取りに行った。孝行息子をやっている。それから犬と散歩した。

体が軽いので、時々走りたくなるほどだ。一回りしてかえってくる時間も短くなったはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)


Suretigai2

昼間バイクで走ると、空気が冷たかった。

夜になると、蛙の声に包まれる。蛙の池の中之島にいるようだ。救急車が走っていった。

普通の車が行きすぎる。雨が降ればいいのに。

800M西の線路を電車が通る。チンチンチン、夜の電車の窓は、朱色の混じった暖かい黄色で、

中の眠気と、物憂い平和が漏れてくる。この駿豆線も日本全国に鉄路と数字でつながっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)


Burassing


朝は涼しいのだが日中暑くなるらしい。

お客が暑い暑いと言っている。局舎の中に座っていると、一日中涼しく感じる。

太平洋にわだかまっていた低気圧が去ると、見事な晴天が続き、梅雨前線はどこに

あるのだろうか。お百姓は水が欲しいと言い始めている。


夕方の散歩は、夕食後にした。夏は日が沈んだ後の時間がいい。早朝もいいがだるい。

その上じきに騒々しい朝日が昇ってくる。夕暮れトワイライトがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)


Taue

5月のような爽やかな天気。風が涼しい。

Kの家へ行くと、kは「バナナを買いに行こう」といいエースへ行った。


180円で松井のグローブみたいなバナナを買ってきた。

その後、Kのテレビでワールドカップの日本対コートジボアールを見た。

本田の1点を守りきったらつまらない。ジボアールに追いついてもらわなきゃと思っていたら

後半、追いつかれた。と思ったら逆転されて負けた。正直に言うと、コートジボアールを応援していました。

私は好きなボクシングの試合でも、たいてい外国人を応援している。気に入った日本人選手だけを応援する。

そういう選手は稀だ。今なら村田諒太だ。

午後しばらく、逆立ち少年を彫った。昨日からHPと格闘したせいか、疲れている。


夕方散歩に出た。母が「タケは、かゆがってあちこち掻いてばかりいる。」という。ブラシを持って行き、

川のほとりで充分ブラッシングした。去年までに比べて、おとなしくブラシを受けている。我慢しているのか、

本当に気持ちいいのか、わからない。

帰りに、手で苗を植えている人を見た。田植え機で植えきれない所を手で植えるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

Kkk


空が青かった。

田んぼには水が入り、小さな苗が並んでいた。その上を終日風が吹いた。

夕食後に散歩した。土手の上を歩いていると、短パンの女子高生が20人ほど

後ろから来て、次々に私を追い抜いていった。

色気控えめの女子高生たちだ。先頭を走る娘は胸を張って堂々と走っている。

その後ろにひとかたまり、ここも強い。その後ろはかなり間をおいて、ついてくる。

後ろへ行くに従い、息が荒くなる。最後尾の乙女は、一瞬立ち止まって、また走りだす。

彼女の横には、もう一人並んでいるのでだいじょうぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

004


新しいパソコンでHPに投稿できない。ここに載せておきます。

001


003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

Hhh

局の中にいて、汗をかいた。

自分の座る背中へ扇風機を一台置いた。これでこの夏を乗り越えられるといいのだが。

金庫の中へ首を突っ込むとかなり涼しい。

夕方の犬の散歩は、となりのIさんが代わってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

雨は去った。田んぼに水が入り、あちこち家族総出で田植えをやっている。

夜になると涼やかに蛙が歌っている。

彫りかけだった「逆立ちする子供」を彫った。スタミナが持つようになってきた。

Kaimono


3キロの減量のせいだと思う。ここまで違うものか。

午後は買い物。メモしておいて、合理的な買い物をした。

野菜を6種類買い、肉は鶏と豚と牛。あと納豆、そば、食パン、ジャム。甘いもの少し。

今日は米。ここらへんが骨格で、あと何か目についたものを加えることもある。

夜はメンタルの本と、ダイエットの本を飛ばし読みした。メンタルの本は、「自分の悩みを

客観的な描写したものを読むこと自体に意味があるのかな」と思った。でもこの女の先生は、

病気は治ると言っている。しかし治るといっても、消えてなくなるわけではないと書いてある。

つまり、背負いながら歩いて行こうてことだろ。

さらに、病気はあなたの人格の一部ではない。人格ー病気=ほんとうのあなた

みたいなこと書いてある。

俺は40年かかって、そういうところから抜け出したのだ。ミトコンドリアはもともと人間に

寄生した生物なのだそうだ。でも、何十万年も人と共生した今では人体になくてはならないものに

なっている。

人格から病気を引いたところに本当の自分がいると思ったら、いつも本当の自分に憧れ続けなければ

ならないだろう。本当の自分は今の自分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

Teee


近頃、使っているお絵かきソフトは、Art Rage Studio というもので、油絵、水彩、素描、エアブラシなどが

使える。鉛筆で描く時は、ざらざらした感触がある。

絵らしきものができる・・・というのが実のところだろうけれど、こんな表現はありうるだろうか、とテストするには

絶好の道具と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

Asa

降ったりやんだり、夕方暗くなってから本格的に降り始めた。

母は夕食で菜っ葉を喉に詰まらせて、咳き込んだ。背中をたたけだの、

洗面器を持ってこいだの、大騒ぎして収まったら、「喉が焼けちゃったから、

アイスクリームを買ってきてくれ」という。

ダイエットしている私は、冷蔵庫にそういうものを置きたくないので知らんふりして

いると、母は、もう一人の息子に電話をかけて、それを買ってくるように指示していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

Dotega

朝3時に目が覚めた。

夜は9時半に寝たから、そんな時間に起きても不思議はないのだが・・・早い。

雨降る予報なのに降っていなかったが7時頃になり、降り始めた。

日中は降り続いた。

レタス、トマト、きゅうりをばりばり食べると、かなり腹が膨れる。70キロを切ったら

走れるようになった。歳のせいより、体重のせいだったのかあ


夕方の散歩では、おばあさんとすれ違った。「きれいになって、気持ちいいね」とおばあさんは

向こうの土手を指さして言った。一面、草は刈られてあった。

軽トラに乗った、顔見知りのじいさんとすれ違った。気さくな人で、豪快な笑顔ですれ違った。

私は手を振った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

Sanaetyan


暑くなり汗をかくと、体調がよくなるのだろうか。

体が柔らかくなるからだろう。きょうの夕方の散歩は非常に楽だった。

じきに駆け出したくなるのだった。今のところ、あまり走らないように自制している。

禁煙と3キロの減量と夏を迎えた暑さで、体を動かすことが楽になったのだろう。


先日女子高生ににらまれた一本道で、きょうはオレンジ色の服を着た若い女性と

すれ違った。かなりな器量とみたがでっかいマスクをしていた。香水の匂いがした。

その女性と上の絵は関係ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

Senro88


ゼムクリップがなくなってしまった。減らさないように使っているのに結局、全部なくなってしまう。

不思議だ。納得いかないが今日買ってきた。ついでにセロテープとサンダルとハンカチ3枚を買ってきた。


今日の天気についていうと、明るい薄曇りだった。日中は暑かった。近頃、電気量の請求書を見て以来

節電家になった私はエアコン使わずに耐え抜いた。タオルハンカチで汗を拭いて耐え抜くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

Kuro


夕方、6時、陽が落ちてから散歩した。

最初の交差点で栗色の髪の若い女性が豹のような黒い犬を引いていた。

道路のそこに立ち止まっていた。


Kaeri


線路にぶつかり右折して屑鉄屋の道に出ると、前方を学校帰りの少年少女が歩いていた。

男が振り返り、「単なる友人関係だよ」と言った。次に女の子が振り返り、「そんなとこさ」

と言った。すぐ彼らは右折した。私は左折。

Hurimuku


Mukoukara


線路沿いにまっすぐ自転車を走らせると向こうから誰か来る。近づくと、かわいいきれいな

女子高生だった。えへへとみていると、女子高生は私の目の前を左折して、その瞬間、

私を三角の目でにらみつけて行った。

Sonotoki

逆立ちする力士 できた

Sumo_001

この写真を見ていたら、○玉がでかすぎるので削りなおした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »