« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)


Azp


たらたら一日降っている。

3連休も、雨模様らしい。磐田へ行ってくるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)


Aso

いつまで経っても明るくならない。

6時になって、ラジオ体操をやってから散歩にでかけた。強い三日月が空にあった。油断していると

ブーメランみたいに飛んできて、俺の首を刈っていくのだ。

帰り道の終る頃、向こうからユート君がやってきた。ユート君、おはよう というと、挨拶を返してくれた。

彼はその道の角で、学友たちが来るのを待っていた。集団登校なのだろう。

局をやめて、木彫りというか、あーちすととしてやっていくことを考えている。もう人生も残り少ないし、

余命をアートに使ってもいいか。

きょう、補助者に局を任せて、逆立ちヨガの荒取りをしていたら、気分がよかった。自分で自分を律して

いくようにすれば、涼やかなアーチストライフも夢ではないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

Awt


年賀状を買いに行った。世界はひたすら回るのだ。せいぜい声をかけて売ろう。

夜になり、少し寒い。テレビではゴッホとゴーギャンがアルルの町で同居しながら、絵を描いた

話をしている。テレビを消して、本を読みながら寝ようか。このあたり、いとおかし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)


Azc

夜明けに雨が降ったらしい。朝の散歩の時、地面は濡れていた。やたら曇っているので、いつまで経っても

暗かった。人に会って、おはようを交わすのがいい。

T氏が来てくれた。あす大分へ帰るそうだ。局の仕事も、いくつか持ってきてくれた。帰ったら、カラオケ三昧だ。

と張り切っていた。

私の「逆立ちヨガ」も今、荒取りで、おもしろいところなのだ。ここらへんの情熱を冷静に、仕上げ

へ向かって拡げて行きたい。

11月中に仕上げること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

ヨガの逆立ちの荒取りをした。一時間。

その後バイクで出かけた。バイク日和と快調に走ったが帰りは雨だった。

Adt


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

Aer


天気がいいので峠を越えて、熱海へ出た。バイクで行った。

熱海の海岸沿いの道には、適当に観光客が歩いている。若い女性が二人で

歩いている。脚が長い。

手作りの美術館やテーマパークのようなものを時々見る。怪しい昭和パークなんてものも

あった。身長18Mもありそうな怪人の像が立っている。欧州なら景観を損ねると

クレームがつきそうな代物だ。

伊東までいき、コンビニお結びを食べて、帰ってきた。大仁へ出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

Aqm

補助者のFさんが来てくれたので、母を連れて医者へ行った。定期的な診察だ。

行ってみると休みだった。この医院は木曜日は休診だったのだ。Yストアへ帰りに寄り、

食料品を買った。いい品物があるので、あっというまに一万円買ってしまった。でも、近くの

地元スーパーは、どうも…苦手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

Anp


ここのところよく眠れる。

就寝から6時間で目覚まし時計に起こされる。涼しくなったせいだろう。朝から雨で、タケは

何日か散歩していない。

夜、雨の中をコンビニへ行き、ミックスナッツとチョコレート(マカデミアンナッツ入り)を買ってきた。

買ってきて、すぐに全部食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

Ao

夕方バイクで海へ行った。

冬物のジャンバーを着て行った。鷗が飛んでいた。西の空はわずかに朱い残照があった。

たまに釣り人がいた。赤い燈台があった。

背後の山は海の景色に入ると、急激に縮み、大瀬崎の一点になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)


Am


5時はまだ夜だ。

人の爪痕のような月が出ていた。一等星クラスの星がいくつか見えた。東の山の縁が

見えていた。

自転車を走らせると、充分着込んだので、寒くはなかった。もう稲を刈り取った田もある。

お百姓たちは、まだ来ていない。富士山は雲に隠れていた。走ると疲れるので、ひたすら歩く。

橋の下の人はまだ出勤していなかった。


夜になり、半袖で楽にいられる適温だ。降っているのだろうか。彼岸花はとうに消えてしまい、来年を

密かに期している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

タケは路上にカラスをみつけると、猛烈な勢いで突っ走る。自転車を強引に

引っ張って走る。

カラスは10Mのところまでひきつけてから飛び立つ。

Aff


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

Ak

雨は上がり、久しぶりの青空を見た。

朝は、少し寒かった。暗いうちに犬と歩き始めたのだが下を向いて歩いていたのか、富士山の

初冠雪に気付かなかった。そこだけ雲に覆われていたのだろう。

午後、渡り鳥のT氏が現れて、歌の話を中心に楽しませていただいた。

カラオケ仲間のある美しい女性が「わたし若いころに結婚

したから、男は亭主しかしらないの。せめてあと一人二人知ってからでないと、死んでも死にきれないわ」

というような話をして皆で大笑いしているのだそうだ。

その女性から手作りクッキーをもらっているT氏は現在モテ期とのことだ。氏は占いの研究も忘れた

わけではなく、法華経と四柱推命学を組み合わせたところに可能性を探っているという。

思いがけない組み合わせということは、あーちすとは常に考えているべきところのものだ。


今、ヨガの逆立ちを作ろうとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

Al


どんだけ降るんだ。

大雨を予想された台風が過ぎて、この雨だ。今日はうちの局は休みなのだ。母は昔、この局の

創立記念日だと言ったように記憶しているのだが今朝、「きょう、なんで休みだ?創立記念日、

なんの?」などと言っていた。かくして歴史は風化して、しきたりが残る。

午前に雨の中を車で出かけた。用事の帰りに車のガソリンを満タンにしてきた。リッター172円。

ちと高め。給油の間も雨は間断なく降っていた。


有意義に休日を過ごしたいのだが動くと疲れるので、じっとしているのも深い。DVDを見ながら、

雨の音に包まれうとうとしていた。怠惰ではなく、安らいでいる、または休息していると思えるのは

尊いことだ。休息するにも、ある程度の精神的余裕が必要なのだ。今は、少しそれがある。

気になることは、釜の中に常にご飯がたくさん入っていて、いつまで経っても冷蔵庫の中のうどんを

食べることがでいないことだ。

明日の朝はなんとしても、うどんを作る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

一日家の中で過ごした。

かぼちゃを生れて初めて煮た。ほとんど味付けはいらなかった。かぼちゃは、サツマイモみたいなもんで、それ自

体甘いんだ。

簡単にできて、日持ちする。かぼちゃの煮つけは得意料理になりそうだ。

Avb


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

002_2


Ay_2

5時半散歩。どうも朝の方が調子がいい。

田んぼ道でリードをはずしてやると、犬は舌をだし、思い切り能天気な顔をしている。

台風が近づき、降り始めそうな朝8時、側溝の掃除した。きょうはなぜか留守の人が多かった。

若いつもりで、溝の鋼鉄製のふたをひょいひょい上げると、やがて目眩がする。へたすると、

倒れかねない不安があるので、ゆっくりやっている。

kキミサワへ買い物に行った。たくさん買ってきた。米も買った。信濃乙女といったか。

市民文化祭は、明日13日に台風直撃の恐れがあるため、13日の予定をすべて中止して、、

今日で終了にした。夕方、作品を回収に行った。品のいいおばあさんが話しかけてくれて。

材料とか聞かれたがつまり、とてもいい作品だね、とほめてくれたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

Ad


きょうは補助者の方が突然いらしたので、午前中はバイクで修善寺のBCへいき、

球を打った。自動販売機のアイスクリームを二つ食べた。隣で30代くらいの男が

振っていた。めったにヒットしていなかった。球が来たときには彼のバットのヘッドは

下に落ちている。そこから掬い上げるようにバットを振る。よく言われる、球を迎えに

行く状態だ。ドアスイングとも呼ばれる。あれで、たまにバシッとヒットすることがあるから驚く。

バットのヘッドを定位置に保ったまま、球を引き付け、ここだというタイミングでヘッドを自由落下させて、

球をやんわり受け止めるというのが正解の打撃だ。

ボクシングで言えば、彼の打撃は、相手の顎を捉えるはるか前にグローブを下げて

振っている状態だ。

フックのパンチは、グローブの位置を定位置に置いたまま、腰から肩を回転させ、相手の顎へ

当たる直前に肘を跳ね上げる。ここにインパクトが生じる。

明日は市の文化祭にブツを出す。昨日、すべての物にワックスをかけた。逆立ちする6体だ。

題は「逆立ちする人々」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

J


今朝は早くに目が覚めてしまい、寝なおして6時に起きた。散歩は夕方した。

涼しかった歩き始めると、少し汗をかいた。

明日は朝歩こうか。


T氏登場。またカラオケの話一色だった。歌のところどころを歌って聞かせてくれる。うまい。

歌詞の意味を汲んで語るように歌うあたり、深い。以前は無邪気に声を張り上げていたという。

ある日、人の歌を聴いていて耐えられず、店のママさんに「まま、俺の歌うるさい?」「うるさい」

というやりとりがあって、それから考えたのだそうだ。

今は譜面の研究にまで及んでいるそうだ。私にはT氏ほどのエネルギーはないがそれでも、

木彫りで何か目的を持ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

Aw


寒くなると、食が進む。と、よく眠れる。

5時を回ってから、努力してやっと起きた。散歩にも頑張って出かける。散歩は、もう夕方にしよう。

夕方歩いても涼しい。


T氏登場。いくらか痩せていたがそれも演歌に打ち込みすぎた結果のようだ。歌の話だけしていった。

地元の佐伯の町のカラオケ店に本当に良い仲間ができたらしい。

その店での同志との交流が楽しくてしかたない。以前は老後の身の振り方をあれこれ言っていた

が今は、そういう景色は消えた。佐伯の町に骨を埋めるみたいなことを言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

どんよりした日だった。

風もなく、昼に寒さを感じ、ズボン下を穿く。が午後になると暑い。しょーむない。

Ax


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

Adh

よく降った。ひたすら降った。昼ごろ西から水色の空がやってきて、あがった。

これでいいやら悪いやら、新聞読んでも書いてない   岡林のうただぞ~

人生に迷う58歳。これでいいやら・・・

いいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

Awe

雨で区民運動会は流れた。去年に続いて流れた。

一日中間断なく雨が降った。風はなく、ひたすら降った。私はずっと家の中にいて、

逆立ち女子の彩色をして、蜜蝋ワックスを塗り込んだ。わずかな仕事量だが

落ち着いてできた。乾くのを待つ間に宮部みゆきの本を読んだ。癒された一日だった。

夕方から、運動会の懇親会19組があった。和気藹々だった。運動会は流れても、懇親会はやる。


夜半、雨は激しさを増す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

Aki_2


珍しく、函南の本屋へ入った。

アマゾンがあっても本好きの人たちは本を手に取りに来るのだな。アマゾンで買おうとする本の

読者の感想を読んで買っても、そうはずさないと感じているが・・・・・・・・・いや、けっこうはずすかもしれない。

おもっていたより、むずかったりして、半分も読めないものがけっこうある。内容が予測とかけ離れていること

もたまにある。

一度手に取って、ぺらぺらとやりたいところだ。宮部みゆきの世話物二冊と、カポーティを一冊買った。

逆立ち女子は色塗りを始めている。今回は、オイルを使わないので、少し感じが変わるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

Azr

夜、部屋の中にアマ蛙が一匹いた。

以外にすばしこかったが捕まえて、窓の外へ抛った。アマ蛙は状況の把握がいいらしく、

私が捕まえようと近づくと、ジャンプして逃げ、私が四つん這いで追うと、ジャンプの連続で

逃げた。生きるものは、みな死にたくない一心だから、当然か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

秋になると蚊が増える。

金鳥蚊取り線香とか、アース蚊取り線香とかしか使わなかったのだがこの夏から

電気を使う道具を使っている。

蚊取り線香のように見ているところで、蚊が落ちることはないけれど、電気を入れて

おきさえすれば蚊に刺されることはない。

Ah


お勝手でみかけるゴキブリも、動きが鈍っている。

「やりたいことはないの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

Azz

5時に散歩に出ると、暗いのであまり人とは会わない。

オレンジ色の月が見えている。川の土手へ行ったら。おじいさんが重そうな

リュックサックを背負って、階段の上り下りをやっていた。「山登りのトレーニングですか」

「ああ、穂高へ行くんです。仲間に迷惑かけちゃいけないからトレーニングしているですよ」

穂高って、よく知らないけれど、たぶん火山ではないだろう。

橋の下の住人は、すでにそこに収まっていた。この人は、近所のどこかから、毎朝自転車に乗り、

通勤するようにやってきて、一日を橋の下で過ごしている。

何日か前の朝、土手の上を歩いていると、彼が自転車を停めて、ラジオの調整をしていた。

なんかとても懐かしい歌が聴こえた。挨拶をした。60代くらいの痩せた男だ。


富士山は、相変わらず平面的な紫色をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »