« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

Agk


6時に散歩。霧が深かった。他に歩いている人をみかけなかった。

犬は霧でも雨でも朝でも夜でも、寒くても暑くても嬉々として歩く。おばかである。

でも、あの上品ぶった猫族よりは好感がもてる。

少し、ヨガを彫った。昨日より集中できた。昼に近所の壁を相手にキャッチボールをやった。

しばらくやると、疲れたので、自転車で犬を走らせた。

午後はジャパンカップをみた。しかし、日本の馬は強くなった。20年くらい前までは、走る馬の父は

たいてい輸入した種馬だった。今は、ほとんどが日本のターフを走った名馬たちがその父となっている。

暖かい11月で、楽だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

Kk


早朝から降ったり止んだりの天気。

降るときは、心配になるほどの勢いで降った。日中そんな空模様で、夕方になって

陽が射した。タケを散歩に連れて行こうかと思ったがやめた。

母は午後7時には寝てしまう。人生に興味を感じていないのか、といえばそうなのだと思う。

日中も、ほとんど寝ているし。

だが、そうではないという反面もある。どこから仕入れるのか不明だがこの家を巡る状況は

把握している。この人に残されたものは、権力欲だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

晴れたり曇ったり。蛍光灯がチカチカする田舎の駅舎のベンチで寝たことを思い出した。

夕方、暗い中を犬と散歩したが気分は盛り上がらず、脚は上がらず、

だが旧友に再会して話ができた。

Axr


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

Ajo

風の音がする。と思ったらエアコンの音だった。

こんな時期から暖房をはじめていたら、この冬の暖房費が思いやられる。

しかし、もう彼岸花も終わり、稲刈りも終わり、富士山が裾まで白くなった。

暖房したっていいだろう。がんばれ、もへじ氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

なあにかちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷたくわってちゃっぷちゃっぷ

くもをすいすいすいすいおいぬいてすいすいすい

て、歌っていたような気がするな、ひょーたんじま。局はなぜか、年末のせいか忙しかった。.
Awg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

よるになり、しきりに私は、部屋を片付けた。

紙屑やゴムひも、買い物のレシート。机の上、畳の上、指が勝手にこまめに動いて、部屋を片付けてしまう。

そういえば、しばらくこの部屋に掃除機をかけていなかった。今夜は私は特別に機嫌がいいらしい。

10時を回って、降ってきた。下の絵は白鯨の射手クイークェグ。南洋の蛮人の王子。全身奇異な刺青を

入れている。島の酋長になる前に世界を旅しているらしい。船で第一の射手である。

Azm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Adgh

人知れずあったような海を見ながら走った。

沈黙した原発は、このまま遺跡になるのだろうか。巨大なプロペラが海岸に沿い、

街路樹のように立っていた。

姉は空を突き刺すように片手を挙げて、横断歩道を渡った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

シュリーナガル28年前

Att


かわっぷちから、せきれいが飛び立ち、その中に川蝉が一羽混じっていた。この小鳥を見ると、

流れ星を見たような気持になる。せきれいより、翼の振動が細かかったように見えた。背中は水色だった。

その時の光の当たり方で、この小鳥は違う色に見える。だから翡翠とも書くのだろう。

自慢話だが30年近く前、インドのシュリーナガル地方を旅して、湖面に緑色の川蝉が群れを成して飛んでいる

のを見た。

シュリーナガルは私が行ってすぐ、紛争地帯として旅行者が行ける場所ではなくなった。それがいまだに続いている。
長野県のような,高地の農作地帯で、中心の町には大きな湖がある。そこから一帯に網の目状に水路が

巡らされていて、そこを舟で、農産物やなんかの草を運んでいた。それは風情があた。
夕方の湖面の中に島があり、そこに宮殿がシルエットで見えた。

日本を発つ旅客機の隣に座ったバングラディッシュのビジネスマンがシュリーナガルを激賞し、すばらしく

美しいところだ。行くのか?と聞いた。
この地が30年にもわたって、旅行者を拒否し続けているのは、この土地の伝統と香りを守る結果になっている
のではないかと思う。

この地を旅すると、ところどころに民芸品を売っている。それが信州上田の農民美術と呼ばれる地場産業

の昔の作品にとても似ているのだ。

上田の農民美術は山本鼎という文化人が信州の農閑期の産業として、ロシアの木彫工芸品を移植して

発展したものなのだ。

シュリーナガルは峻嶮な山を越えればロシアという土地だ。ロシアの産物と血液が入っている。

インドでは、美人の産地としても名高い。インドでは肌の白い人が美人らしいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

Ae


寒くなってきた。

局に来るみなさんは、この冬も雪が降るのでは、と恐れている。私もたぶん降ると思う。

ところで、近頃私はとても機嫌が悪い。火事と喧嘩と交通事故に気を付けよう。


先の週末、落ち込み加減の状態でいた私に声をかけてくれ、江川邸の夕べのイベントに誘ってくれた

近所のSさんに感謝している。翌日、Sさんには民謡の発表会にも連れていってもらった。人はありがたいもんだ。

救われた気分になった。

そんなわけで、タケの顔に眉毛が生えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

午後冷たい雨が降っていた。御殿場あたりなら、もう雪になるのかもしれない。

タケの眉毛は、マジックで描いたのがきのうだが今朝、墨汁で描いてやった。個人的には笑える。

人の意見も聞きたい。


Agl


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

タケにマジックペンで眉毛を描いてみた。

眉毛の真ん中を繋いだところがみそだ。


Awy


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

いい天気だが寒かった。

朝の散歩は暗い。夕方の散歩も暗い。昼間が短くなっている。夜が長くなっている。

夜に昼間が圧迫されている。

Aad


今朝の散歩ではよく脚が動いた。走ってみる。15M走ると、「今は頑張れるがあとで、疲労に潰されるのでは
ないか」と心配になって、止まってしまう。

事実そうなるだろう。はしるもんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

Awqe


近所のSさんと民謡の発表会に行った。

家元と弟子の皆さんの発表会だった。私は、合いの手を入れる女性の声にひかれた。

短い意味不明の言葉。張りのある声で、プロの歌手が歌っても、この合いの手に霞んでしまい

かねない。

Sさんは民謡が好きならしく、ほとんどの歌に合わせて、低く合唱していた。終わって変える時、

幸せだといった。よかったけれど、5時間は長かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

Ab


夕方、SさんとKさんと3人で、江川邸でのイベントを見物に行った。

斜めに切ったタケの中に水を入れ、そこにロウソクを浮かべたものを無数に立ててある。

開門から順路があり、池の周りに並べてあったり、岩の壁に富士山の輪郭をえがいたり、

狩野川が光の波になって、こちらへ押し寄せてくる。

順路の途中で、尺八の演奏会があり、コーラスがある。素朴で、一生懸命だ。


最後に模擬店が並び、食べ物や竹筒入りの燗酒が売られている。私は、厚焼きと、タコスと

ピザ二片を買った。KさんとSさんは、竹筒の酒を飲んだ。私はお茶を飲み、Kさんの車を運転

して帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

Afk

5時15分、家を出たら、いきなり目の前に人が現れて、思わずお互いにあいさつした。

時々会う人だから誰かわかるのだがすれ違っても顔は見えなかった。

西の空にオリオン座が傾き、天頂付近には白い半月があった。寒かった。


補助者のFさんが来てくれたので、午前は市役所での用を済ませて、午後は少し「逆立ちヨガ」

を叩いた。叩きはここまで。

「逆立ちヨガ」はまだまだ時間がかかりそうだ。一日一個とか、

10個とか作れるものをやりたい。考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

西風が吹き始めた。

夜になり、ヒュウヒュウいっている。

Ajjk

庭へ出るところに古い机が置いてあり、その上にタケを載せてみる。飛び降りられない。

階段式に降りられるように、小さな机を置いてみる。それでも降りられない。

しばらくしてから見ると、寝ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

Akl

朝の散歩は行きがけは、ほとんど夜でした。

不意に年配の男とすれ違い、おはよう!とお互い元気に挨拶した。状況が非常なほど、

連帯感は増す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

Ajj

5時半頃散歩に出かけた。

真っ暗ではなかった。霧がたちこめていて、上を見ると、月が光っていた。少し青く澄んで

いた。霧は真上にはないらしい。

路上に黒い鳥が二羽、黒人のダンサーみたいにステップを踏んでいた。川原の土手の遊歩道では

みちだけが見えていた。霧の向こうで電車の走る音がした。霧でぼかされた10M位先までの道が

見えていた。アスファルトはグレイで、その両側は緑だった。


昼、昭和堂で時計の電池を交換してもらった。「ふむ10年に掃除したのか」裏蓋を開けて、おばさんは

呟いた。4年前にこの店に頼んで、時計のオーバーホールをしてもらったのだ。1万円ほどかかった記憶が

ある。乾電池の交換の費用は千円だった。

丁重にお礼を述べて帰った。私の前にも、腕時計のバンドの交換をしてもらっている男がいて、その男も

絶えず笑顔で、おばさんに話しかけていた。おそらく、この店で買ったわけではない時計の手入れをしてもらって

いたのだろう。こういうケースでは、ついついおもねってしまうね。


夕方久しぶりに、もへじ氏に電話した。ちょっと悩んでいることがあったということもあった。話すことで、

気が晴れたし、具体的な指針ももらえた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

Amm

生暖かい日曜日だった。

起きたくなかったけど、起きて散歩に出かけた。雨が止んだばかりの6時だったので、

暗いし、湿っぽかった。犬は張り切って走った。犬というものは、常に飼い主に忠実で

変わらぬ友情のようなものを示してくれる。ありがたい存在だ。


洗い物を片付け、朝食の支度をする。たった二人分の食事で、かくも多くの洗い物が出ることが

不思議だ。母は、昔から食器やお玉、スプーンなどの道具を遠慮なく使う傾向があった。昔はそれを

自分で洗っていたからいいのだが今は、使うだけで、洗わない。

それが不当なほど洗い物が出る一因かもしれない。私は、洗い物を増やさないことを念頭に置いて、

料理をする。


逆立ちヨガを午後にやった。これも時間がかかりそうだ。もう少し、うまくなりたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

Axv

天気が悪いような予報だったがよかったではないか。

腕時計の電池が切れたので、近所の時計屋さんで交換してもらおうと行ったが

「本日休ませていただきます」の貼り紙があった。

私は携帯を持ち歩かないので、腕時計は必要だ。特にバイクに乗るときは欲しい。

電池の交換は裏蓋を開けることからして技で、素人には不向きだ。で、専門家に頼むのだが

これが依頼したみせにより、500円から2000円という開きがある。地元の店にお願いするのが

絶対条件だ。そうしても2000円請求されるケースがある。


逆立ちヨガを叩いた。一部開通。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

Aqk

どんよりした天気だったが暖かかった。

11月に入った割には、生ぬるい日が続いている。土曜日は材料をさがしにいこうか。

先輩のMさんは、しょっちゅう材料をさがして西へ東へ歩いていた。私の場合、材が底をつくまで、

心穏やかにしている。木材への愛着の違いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

Ahk

補助者のFさんが午後に来てくれたので、リサイクルセンターへゴミ捨てに行った。

要領よく分別して捨てた。

立派な大きい合板の机が捨ててあった。欲しいと思ったが触ってみるとぐらぐらした。

それでも、狩野川公園の骨董市に出されているものよりはいい。本当に欲しい場合は

どうするのだろうか。リサイクルセンターのオークションデイなどあるのだろうか。


今、目覚まし時計が鳴るような耳障りな電子音が部屋の空気を乱した。ベッドの母からの

緊急信号だ。さっき、母の買い物から持ってきたチョコレートの袋を返せとでも言うのだろうと

思って、階下へ降りて行った。母は私を見ると、「チョコレートを返せ」と言って無表情に手を出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

Alpp


夜になり、寒くなった。暖房している。

集配に来るSさんは、もう稲刈りを終えたそうだ。コンバインを持つ人にお金を払って、例年

やってもらうのだそうだ。3連休中にやったのだが雨が降らなくてよかったと言っていた。


田んぼに水が入り、一斉に青蛙が鳴き、植えた苗が根付き、青い穂をつけ、それが段々豊かに

なり、黄色くなり、ある日刈りとられる。

背筋をしゃんと伸ばして、いちに、いちに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

Aui

朝、散歩した。6時は暗い。時々人とすれ違う。

くらいので、みんなあまり張り切っていないようにみえる。通り過ぎる電車は無人だ。

だが回送ではない。


朝食後、部屋で本を読んでいると、めったやたら眠くなる。気付くとねている。で、バックパックに

上着を二枚入れて、クリーニング屋へいった。美洗館というのだが今や町中美洗館だらけだ。

洗濯は明日できるそうだ。せっかくバイクできたし、天気もいいので、軽く海岸を走ろうということになった。

戸田まで海岸線をたどり、峠を越えて帰ってきた。釣人たちは、楽しげに話していた。バイクのツーリングの

団体さんと何度かすれ違った。


大仁の長屋で来年のカレンダーを二冊買った。あまり早くそれを買うと、来年は永遠に来ないのではないか

というジンクスが個人的にあるのだがまあ、11月にも入ればもいいいだろう。

その他、コンビニで携帯のプリペイドカードを買ったので、財布はきれいに空になった。最後の給油は

カードでした。

暗くなり始めてから、ヨガさかだちを叩いた。始めると、なかなかやめられなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

Ac


いい天気の一日だったはずだが夜になったら、雨の音が聴こえたり、風がひゅうひゅう

吹いている。

午前中、買い物に行った。冷蔵庫の中をほぼ食い尽くしたので、やむにやまれず出かけた。

食料品を買い物かごに次々に放り込むとなんか充実した気分になる。

午後は、ヨガ逆立ちを叩いた。タケが興味深げに眺めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

Afg


夜になり、雨がやんだ。

朝はかろうじて降っていなくて、タケを散歩に連れて行くことができた。タケは怒らないから

えらい。

床屋へ行った。奥さんと死別して、息子さんとふたりで暮らしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »