« | トップページ | »

2015年1月15日 (木)

Ajn

朝、ごみを出しに行くと、隣の敷地で職人さんたちが働いていた。

職人とは偉いもんだ。8時には仕事を始めている。正方形の石を敷き詰めて玄関までの路を作って

いる。ここ三日やっている。

おはようを言ってから、「降りますよ」というと、唐突にはなしかけられたのに面食らったのか、なんども

聞き直してくる。空を指さして、「降ってきますよ」というと、通じて、その時までやるさとか言った。

予報では、朝降り始めるようだから、きょうは中止にするべえというようなことは職人の世界には、ないのだろう

か。ゴミ袋を幼稚園の所定の場所に置き、帰りに彼らに「向こうはもう降っていましたよ」というと、

苦笑していた。俺のギャグは寒いのだろうか。なるべく、しゃべる人になろうと考えている。

雨は、すぐに降りだし、一日たっぷり降った。日中は暖かいくらいだったが雨がやむ夕方になると、

冷えた。

まだ降っているのかもしれない底冷えのする陰々滅滅たる夕景色の中へ、犬と散歩に踏み出そうという気にも

ならなかった。


|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171917/60979825

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »