« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

残してあった海老

42_001

王貞治似の自画像

地元のYストアで買い物した。狭いので脚が楽だった。

自画像4を描き上げた。犬と散歩に出かけた。篠田節子の本を読んだ。

篠田はスーパーでエキサイティングな作家だ。こんな人を知らずによく生きてこれたもんだ。不思議でならない。

かなりな量の作品がある。端から読んでいる。海老を偶然最後まで残しておいたようなもんだ。ゆっくり食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

Nm


あっさり春か。

風が吹いているがそんなに冷たくない。福祉事業所の人たちが来て、母を風呂に入れてくれた。母は近頃

一人で風呂に入れなくなっているので、この金曜日が唯一の入浴だ。まだそんな歳でもないのだがある種の

病気なので、標準より少し不自由だ。


パセリとクロッカスは元気だ。犬は今日一日、外に置いた古い机の下で、とぐろを巻いていた。なんでそんな

ところで大人しくしているのかなと思っていたら、ただたんに鎖が絡まって動けないのだった。

オレよりアホなものが居てくれると、とても癒される。

猫との比較で「犬はあれは欠陥動物だぜ」と言っていた友人がいた。だがそいつはかなりな愛犬家になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

しとしと一日雨。夜になり、降り方は濃くなった。寒さはもどりました。やはり灯油の買い足しは無駄では

なかった。

集配に来てくれるSさんは、昨日休みでパチンコに行った。聞けば「まあまあだったよ。たまにはこういう時もないと」

と控えめな発言。負けた時は、嬉しそうに「いや~やられた、やられた」とやるのである。はしゃいでいると言っても

過言ではない。ギャンブルの醍醐味は負けるところにあるのだろうか。

歯医者の待合室にヘタウマの小鳥の置物があり、私は惹かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

Kj


なんだか夜になったら寒い。あすの朝は冷えそうだ。

今日は少し遅い夕方に散歩した。行き過ぎる電車の窓から洩れる灯がやわらかなオレンジ色だ。

乗っている人はみな、仕事の帰り、学校の帰りだ。外から見ていると、うらやましいほど和やかな空間に

見える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

Nn

歯医者へ行った。歯に局所麻酔の注射をされると、眠くなった。診療中に居眠りした。麻酔のせいだと

思った。終わってからも、ぼうっとしていた。家へ帰ってから調べてみると、局所麻酔で眠くなることは

ありえないそうだ。

歯を削られる緊張感から逃げ出したい思いと、麻酔を打たれたという暗示と、椅子の寝心地によるものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

Aapl

朝、部屋の中の寒暖計が18度。いきなりの陽気に三日前に買ったポリ3缶分の灯油が

気になった。この冬は石油が安かったのだし、けちらずもっと使えばよかったなどと思った。

例年に比べて、この冬は、あまり灯油を使っていないように思う。

近頃は局は静かだ。それもいいことかもしれない。パセリもクロッカスも元気に生育している

ようだ。元気なことはわかるが毎日見ているので、どう生長しているのか見えない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)


Azzv_2

早朝から雨が降る日曜日だったがそれもじきに上がり、城池へ散歩に出かけた。

自転車で池まで行き、下りて、池の周囲の遊歩道を歩いた。オレンジ色の雨合羽を着た釣り人がいた。

他にも、ごくまばらに釣り人が池を囲んでいた。

キャンピングカーが一台停まっていて、夫婦が外で寝具の畳み直しのようなことをしていた。

車の中には小さい子供が二人いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

Aalo


隣の庭がやけに賑やかだ。去年の秋あたりにもこんな賑わいがあった。あの家では息子と娘が

中学校でバレーボールをやっていて、そのチームの親御さんたちと子供たちでバーベキューを

やっているらしい。去年は、子供たちは泊まり込んで、想い出を作っていた。寒いから、ちと大変かも

しれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

春めいてきた。

でも灯油を買いに行った。ポリ3缶54Lで5千円あまり、安いとは思わんです。補助者に局を任せ、

局長は外回りだった。ガソリンスタンドは父母と息子さんの3人でやっているのだが彼らを見ていると、

時間が動いていない気がする。特にお母さんは、全く歳をとらない。

スタンドの隣の少林寺拳法の道場の敷地内に捨てるところがあるので、そこに段ボールを捨てた。

ちょうど、トラックが停まって、片付けていた。裁断する鉄のローラーが回っているところへ太い腕が

段ボールを突っ込んでいた。いい天気だ。動くと、かすかに汗をかく。向かいの靴屋はリサイクルショップに

変わった。ここには時の動きがある。しかし、リサイクル店って、つまらん物を高く売っている。100円ショップ

の方が楽しい。

そこからYストアへいき、食品買い。がさっきスタンドで金を使い財布の中は千円だった。カードは使えない

そうなので、近くのS銀のATMで1万円下した。Sストアでは、自家製のオムレツを買いたかったのだが

まだ出来ていないということで、普通に野菜や肉や米を買って、1万円で足りた。あのオムレツがないと、

Yストアもあまり変わり映えせん。だが店内がコンパクトにまとまっている。短時間で買い物ができて、

脚が疲れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

ずいぶんいい朝だ。でも明るくなるのは、まだ遅い。

寒さも緩んだかなという気もするが朝、散歩しようという気にはまだまだならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

No32_001_2


自画像No.3だ。鼻の下がヒトラーみたいになってしまった。

小雨ぱらつく寒い日だった。冬の雨の日のエレベーターは暖かい。外はあんなに寒くて雪降ってるのに

ここはこんなにこじんまり暖かいぞー。と思う。オレは8階で降りるのだ。4人の人たちと乗り合わせていた。

日本人はなんでエレベーターの中でしゃべらないのだろうとテレビで西洋人が行っていた。

西洋人は、エレベーターの中で、たまたま乗り合わせた人としゃべるのだろうか。エレベーターの扉に

ステッカーが貼ってあった。「少しの間お静かにお願いします」英語でも、Please be silence for a while.

とか書いてある。これは、連れと声高にしゃべって、乗り合わせた人たちに迷惑が掛からないようにしてください。

という意味だと思う。

8階についたらオレ一人だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

Aal


静かなぽかぽか陽気だ。風もなし。お客さんぼちぼち。

夕方の散歩の帰り道、髪を金色に染めた娘が歩いていく後姿に遭遇。蛍光色のピンクの箱を

小脇に抱え、駅の方へ歩いていた。

自転車で追い越す時、元気な携帯を使う声が聴こえた。振り向いたので顔もみた。メリハリの強い化粧

だった。どこへ行くのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

Aaqr


夜中に一度起きて、テレビを見て、そこからまた寝ると朝寝坊する。

きょうも好天だ。きのうは簡易局の研修会イン沼津駅前局に参加した。暖房がよく効いていて、

午後2時から3時は眠かった。周囲の人々も眠気と闘っていた。

朝、犬を連れて、出品している区民祭の展示会場に行った。今年は新作がないので、逆立ちする相撲取りとラジ

オ体操お姉さんを出した。それから、コンビニで菓子を買いKの家へ行った。まだ寝ていた。庭で菓子を食べた。

Kは朝飯代わりにキャラメルコーンをばりばり食べた。

家へ帰り、一息ついて、区民祭の作品を引き上げに行った。午後はキミサワへ買い物に行った。一週間分の食

料だ。今日はずいぶん歩いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

Aasq

朝5時。ひゅーひゅー風が吹いている。少し暖かくさえ感じられる。ストーブはたいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

Aak


午後になると風が吹き始めるのがパターン化している。

雪は降るのだろうか。伊豆はこの冬はまだ降っていない。一度くらい降ってほしいものだ。

寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

休日好天

自画像No.3を始めた。

昼近くになり、犬の散歩に出かけた。城池へ行った。軽い靴にしたから楽になった気がした。

夜も1時間自画像を描いた。ぼちぼち、楽しくやろう。

篠田節子のインドクリスタルという本がおもしろかったので、今、弥勒という本を読んでいる。

チベットあたりに類するような架空の小国を舞台にしたもので、綿密に構築した大嘘であり、

私よりひとつ年上の女性がもっともらしい顔をして書いているのだろうな。

インドクリスタルは、日本人がインドで水晶を買い付ける話なのだがインドの社会のことが主にカースト制度

の側面から描かれていて、興味深い。かなり時間をかけた取材をしたらしい。

この人の本はたくさんあるので、楽しみだ。奥田、百瀬、篠田、わたしが好みの作家だが

みんな同世代だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

靴は軽い方が

Aab_2

3時ごろお隣がタケの散歩をしてくれたので、それでよしとしようかと思ったがその時間を

有効に使う途を思いつかなかったため、散歩に出かけた。歩いていて思ったが重い靴より、

軽い靴の方が楽だ。いつもは、短ブーツの形のスニーカーを履いているのだが今日は、普通の

ジョギングシューズだった。

登山界には、靴は軽い靴より、重い靴を振り子のように振りながら歩くのが楽だとする説があるそうだ。

で、重めの靴をゆったり振りながら歩いていたのだが今日、軽い靴を履いてみると、疲れなかった。

靴は軽いに限る。

帰り路で、お向かいに遭遇した。愛犬を去年亡くしているので、何かその姿に物足りなさがある。

「死んでから1年経つので、そろそろまた飼おうか」みたいなことを呟いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

今日はお天気の日曜日

Aaq_2


ではなく、雨でした。この冬はよく雨が降り、それも一日みっちり降るので、「今日は少なくとも夕方までは

雨だなとわかってしまいます。
Axc


そこで吾輩は寝転がった。地球の雨は好きだが長引くと苦手だ。

Aaqw

午後になり、自画像no.3に取り掛かろうと思ったが車でKの家へ行った。途中でお菓子を買った。Kも暇そうに

していたので、しゃべって過ごした。夕方になると雨は上がり、水色の空が現れ、冷たい風が吹いた。

帰って、犬を散歩させた。寒いと犬は元気だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

Aam

犬を車に乗せて海へ行った。海は波もなく穏やかだ。西浦の海岸線は駿河湾の中だから、いつも穏やかだ。

犬を連れて、防災タワーに上った。津波が起きた時、ここへ住民が避難するということだが詰めて30人が

キャパシティというところだ。

一人でうろつくと怪しいが犬を連れていれば善良な市民に見えると思い、村の中を散策した。子供を乗せて、

硬貨を入れると、動く象さんが赤錆びて、道路際にあった。昔、デパートの屋上にあったものだ。

硝子戸のお菓子屋があった。ご主人らしき人が中にいた。横顔で私を見ていたのかもしれない。あとは家ばか

り。背後がすぐ山で、平らな場所が少ないため、隙間なく家を建ててある。ちなみに背後の山は蜜柑畑だ。

一回りして帰った。途中のコンビニでミックスナッツを買った。不覚にもついでに苺大福をひとつ買ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

おらの自画像

Yyy_003_3


こういうところへ掲げてみるとわかる。へただ。

Yyy_002


前作 こっちの方が本人に似てはいると思う。


寒いけれど、朝バケツの水が凍っていなかったので、それほど寒くはなかったのかもしれない。Kにもらった

鉢植えのパセリは生育している。たったこれだけのもので継続してパセリを口にできるとは、素晴らしいことだ。

パセリが好物なのだ。

クロッカスの鉢は昼間は外に出して、夜は家の中にしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

Aapj


ガソリンスタンドで灯油をポリ4缶買った。若い女子店員が笑顔でポリ缶にポリ袋をつけるのを手伝ってくれた。

キミサワで買い物をしてきた。混んでいた。レジ待ちの行列ができて、15分待った。

局を終えて夕方、バイクで三島の内科クリニックへ行った。完全装備でも、少し寒い。特に脛が寒かった。

医者から処方箋をもらい、隣の薬屋で薬をもらう。「具合はいかがですか?」「生活お変わりありませんか?」

医者みたいなことを言う。次からは薬屋を変えようか、それとも薬屋の質問を無視しようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

セルフポートレイトかな

Aazx

静かだが冷えた一日だった。昔に比べて風が吹く日が減ったのは明らかだ。いいことだ。

夜、自画像を1時間。手鏡の併用は有効だ。えっらく男前になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)


Ahl


昨日頼んだ手鏡が今日の午前中に届くという速さ。デッサン自画像を描いた。一枚目は頼りない顔を

しているので、今度は凛々しくしようと思い、若く凛々しい顔を描いた。

誰が描いても、まず若い顔を描いて、それを古くしていくのではないかと思う。2時間描いて、まずまずだな

と思って、なにげにネットで「デッサン」を検索して高校生の作品を見ると、俺のものより、ずっと多くの事物が描き

こまれている。

高校生の頃、毎晩望遠鏡で火星のスケッチをした。火星大接近という世紀のイベントだった。

大接近とはいえ、ビーズ玉のような星をスケッチするのだ。最初は何も描けない。それが3時間くらい見続けて

いると、運河や白い極冠が見えてくる。錯覚しているんじゃないかと疑いながら描くのだがそのスケッチは

間違ったものではなかった。

自分の顔を鏡を見ながら一心に描いていると、次第に肉や骨が見えてくるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »