« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

Uuk

散歩へ出かけて帰ってくると、汗を冷ましたくて扇風機を回す。夜になると冷えて来るから、まだ灯油が

残っているストーブに火を入れる。

オラの部屋のファンヒーターの上には、扇風機が乗っているのだ。ロバの上に羊が乗って、その上に雄鶏が

乗ってとかいうドイツの童話があったがそれに似ている。


地球はたいてい異常気象なんだそうだ。異常気象のはざまにわずかな穏やかな時期がある。私たちは、

その稀なはざまの季節を生きていたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

Oj


朝のNHKみんなの体操は、やめて、従来のストレッチを再開している。

朝、寝床でやるのだ。朝は体が硬すぎてだめ、と思っていたがそうでもない。さっといい加減に1Rやって、

2Rめになると、楽に伸びるようになる。自分でメニューをこさえたストレッチの方がやはり納得できる。


局に新しい端末機が入った。朝から午後二時までかかった。現物を見ると、ほっとするものがある。

これが現役として稼働するのは、ひと月後だ。それまで、よく練習しなさいというわけ。これも楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

Kku


スライディングを彫った。いつになったらできあがるのだろう。両腕を折ってしまっているし、その接着が

どうなるかも・・・・だいじょうぶだ。

買い物にいかなければなのだが、行かず。散歩はした。日曜日のせいか、たんに暖かくなったせいか、歩いて

いる人が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

Gh


久しぶりに穏やかな日和だ。洗濯をした。ワン吉を散歩に連れて行った。万歩計を買い、計ってみたところ、

自転車を降りてからの僕の散歩の距離は、およそ1.2キロだ。

それから、お出かけした。帰りに弁当と食パンを買ってきた。洗濯ものの乾いた衣類を手近のソファの上へ

投げておくのだが今日片付けた。納戸も整理したいのだ。

散歩の折り返し点に図上に描いたものがある。これは遊歩道の終わりを意味するポールでこの間に鎖を張り、

車両の進入を停める。

最初はおっかなびっくり跳んでいたが、今では助走をつけて跳ぶ。いっそう華麗な跳躍を目指している。

頭を割らないようにしたい。今のところ、ワン吉に邪魔されたことはない。

Gy


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

Amy


暑かった。

新しい端末機を置く場所を作るのに鉄庫と格闘して、本年最初の汗まみれになった。

鉄庫といってもスチール棚みたいなもんだから、軽いとばかり思っていたがこれが重く、

中に詰め込んである本やバインダーを出しては踏ん張り、また出しては踏ん張りしても

びくともしない。そんなことを繰り返すうちに棚のものは、ほとんど出してしまった。それでも鉄庫

は重い。

ついに本気の本気を出して、鉄庫にがぶり寄りして動かした。スペースはできた。こういうスチール製の

金庫の類は、重くするために砂やコンクリートを仕込んであるのだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

Afu

また少し寒くなった。野菜は値上がりしているという。まだ買い物に行って、困るほどではない。

しかし、キャベツというものは、なんであんなに安いのだろう。あの重さ大きさを運ぶ事を考えたら、

割に合わないだろうと思う。安い時と高い時の差が大きい野菜らしい。


50歳過ぎたら肉を食べろ  という本を読んで、あっさり宗旨替えして、ご飯少な目、肉多めにしている。

体重の増加は止まった。きのうスーパーで買ってきた大きい鶏のもも肉のから揚げを母の前へ置いたら、

きれいに食べて、小さな骨だけを残した。歩くのもやっとで、ほぼ一日中横になっている人があれだけの肉を必要

とするのだろうか。だが母はおかゆは、ほとんど食べず、肉を喜ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

Aql


近所のSさんが退職したそうだ。毎日家にいる。あの元気さで仕事なくても困るだろう。

そういえば、近所は、元気過ぎる定年退職だらけだ。Kさんは、市の美術界の会計に区の評議員に

母校のOB会の役員に、安協の横断歩道のおじさんにで、忙しくてしかたないよと高笑い。

外交的な人は退職しても社会とのきずなは固いのだな。


夜になって、風が吹いてきた。台湾では地震があった。沖縄では津波を警戒している。私は夕食後、

ピーナッツを食べすぎた。我慢できず、いつも一袋食べつくしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

8時半朝バイクで出発。

国道に入ったところで、家へ引き返し、薄手のジャンバーを厚手の物に替えた。意外に寒いのだ。

走ってみてまだ寒いので、リュックサックから青い手拭いを出してマフラー代わりに首に巻いた。

高速へ入ったが、ガソリンが足りないことに思い到り、富士のインターチェンジで降りた。

行先は静岡だ。静岡市美術館の大原美術館展を見に行く。

天気は上々だが涼しすぎる。よく桜がちゃんと咲いたものだ。途中ローソンのソファで食事らしきもの

を摂った。


大原美術館は山口県の美術館で、日本でも早い時期から印象派のコレクションを始めたのだそうだ。

日本にも印象派に触発された画家が多くいたことがわかった。虎次郎という画家が資産家の援助を

受けて欧州へ渡り、絵を買い集めたというが虎次郎自身の大きな絵が二十点ほどもあり、細かいタッチと

原色に近い色をふんだんにつかって描いたものだった。朝鮮の女性が正装した姿を描いたものが美しかった。

聞いたこともない名前の印象派の画家の絵もあり、それぞれ個性的だ。これほんとにまじめに描いたのか?上手

い人がわざとこう描いているのか、まじへたなんじゃないの?と、傍らにある説明書きを読む。ふむふむあの画家

に認められたのか、それじゃ本物だ。才能あるな~


マチスの海岸を描いた絵があった。建物の模様ですぐマチスとわかったがタッチが直線的でシャープだ。

ミロは、横長のキャンバスを黒く塗り、その上におなじみのマンガのような絵を線で描いてあった。

更にその上に黒の絵の具に大きい筆を使って、漢字のような文様を大きく3文字分描いてあった。

モジリアーニの首の長い女性の肖像画。ピカソのお皿が二枚。棟方志功の小さい版画が10点ほど。

青木繁の自画像らしきものがあった。それから梅原龍三郎。

あまり、胸を打たれたりしなかった。歳だし。へーーこれがマチスか、眼福眼福くらいで、ようし俺もつくるぞぅ

という気にもならなかった。でも案外何かを感じていたりするのかもしれない。


行きがけの信号待ちで床屋を見つけ、入った。カット、シャンプー髭剃りで1980円。この業界もよくよく

寡頭競争のようだ。その代り、椅子と刈り手が8人いた。私は店長に刈ってもらったせいか、うまく

刈ってもらった気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

Ucm

お寺の護寺会費とつけとどけ、と言うものの請求書が来た。毎年来るもので、父の葬儀以来の数年

これを払っている。護寺会費は銀行の口座に振り込み、つけとどけは、直接お寺へ持って行く。

きょうは補助者のFさんが局を守っているので、バイクで韮山局のATMへ行き、振り込んだ。他銀行への

振込は、なかなか手数がかかり、5分かかったと思う。次に同じ口座へ振り込む場合は簡単になるらしい。

次からは、カードを入れると、「この銀行のこの口座へお振込みになりますか?」という仕掛けではないかと

推理する。

その足でお寺へつけとどけを置いてきた。目の前に現れた課題は、速やかにクリアする。インベーダーゲーム

のように。億劫な時もあるが・・・

ついでにKの家へ行くと、インテリ風のブレザーなど着ていた。聞くと、法律相談会へ行ってきたとのこと。

前から彼の悩みの種だった。山の入会地の問題を相談に行ったのだそうだ。

Kは山の中に土地を持っているのだがそこに、ある造園業者が伐った枝を長年にわたり、捨てているのだ

そうだ。それを燃やしてみたり、廃棄物まで捨ててあるという。

弁護士には、「簡易裁判所へ行きなさい。話はそれからだ」と言われた。警察署へ訴えにも行ったそうだ。

二人の若い刑事が高い所から見下ろしながら話を聞き、仕事を増やしたくないと顔に書いてあったように

Kには見えたそうだ。

しかし、Kには自分の財産を守る権利があるのだから、造園業者の所業は許されるはずもない。提訴する

なり、示談交渉するなりして、Kには正義を全うしてほしい。和解金が取れたら、俺たちでパッとやりたい

ものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

雨降り。

「雨はきらいだぁ、代わりに金でもふりゃいいんだ」という歌のせりふがあったけど、そんなもの降ったら、

インフレっていうか、即座に金は価値を失うだろうし、たいへんだと思う。

でも、そんなこと思う人は、おおらかな心の持ち主なんだろう。いいことはみんなで分け合う的な人なんだろう。

ワン吉は、小屋の中で、冴えない顔をしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

Mn

今日も雨。一日降って夜も降っている。ストーブを焚いている。もしや更に灯油を買い足さねばならない

のだろうか。

ワン吉は散歩に行きそこなった。それをしないで、さっさっと風呂に入り、ご飯を食べると夜は非常に

長い。ちなみに今日の夕食は、肉まんとやきそばだ。やはり、地球は氷期に向かっているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

日曜日

Pko

公民館へ県議選の投票へ行った。

自転車で出ると、ワン吉が吠えた。これが車で出ると、諦め顔してみている。公民館の前には、

年寄りの男女が集って、おそらく全員投票を終えたところで、どこかへ出かけようとしていた。候補者は

二人で、思うこともなく名前を書いた。

いつからか、投票場には、靴を履いたままはいれるようになった。便利だ。

「スライディング」を彫っている。なかなかに楽しい。片腕をあっさり折ってしまった。(人形の)がそのままの

方が彫りやすいので、彫るだけ彫って適当なタイミングで接着しようと思う。

夕方、散歩したが冷えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

Oyt


ワン吉、午後狂犬病の予防接種を受ける。

私が抑えていると、医師が後ろからチクリとやり、ワン吉は一瞬振り向いた。気にもせず、ワン吉は

次の局面に臨むのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

桜も難儀やなあ

Kul


ピカソの陶芸と言う本の中にあったひとつを真似たもの。

さっき、狩野川公園に行った。並んだ桜が雨に濡れながら散っていた。模擬店が3店ばかり残っていた。

人が来て、戸締りをしたか、何かして帰って行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

雨降り。お百姓は田起こしができないと苦笑いしている。

夕方になってもやまず、ワン吉は出かける気充分で、仕事が終わった私を見ると、伸びをして

みせる。降っているので、散歩は無理だ。

夕食後ハックというドラッグストアへ買い物に行った。洗濯用のネット二枚と、赤のボールペン。他に重曹、

Bの鉛筆4本。一日一回外へ出ないと危険な気がする。

「ホウ酸どこにありますか?鍋の焦げたのを取るのに使うのです」店員は「はい、ホウ酸・・・・・・・・重曹で

すか?」と歩きながら問うた。

ホウ酸と重曹では、かなり違うだろう。ホウ酸って、農美の塗料に関係があったっけ。そうだ。ミルクカゼインを

溶くのにホウ酸を使ったんだ。花の彩色をやるのに使うミルクカゼインを何かの溶液で溶く時、ホウ酸を

混ぜるのだ。それで鉢に下塗り二回する。

岩絵の具にねばねばになったカゼインを加えながら練り、できた絵具で彩色するのだ。鮮やかな発色をする。


家へ帰り、重曹で煮てみた。これで数時間置いておくと、こげがとれるそうだ。期待薄だな。

ネットには、酢を鍋に入れて数時間おけば、きれいにとれるとかいてあったが全く効かなかった。

他に、玉ねぎの茶色の皮を鍋に入れて煮なさいなどと書いてあった。試す気にもなれない。

明日は木彫りやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

Cg


一週間ぶりだろうか。T氏登場。T氏の恋は、思っていたより深いようだ。

きまじめに悩んでいる。

病とまで言える想いに囚われるとは、天晴れというか、若い。私の場合、小学生、中学生の

頃は、いつでも、どこかの女子に焦がれていたがそれ以後、女性で悩んだのは二十代で一度きり。

それ以後は、そういう事はない。好意をもつことは日常茶飯事だが病としての{好き」というのはない。


ツインソウルとか、T氏は言い。「パソコンで調べてくれ」と言う。詩のようなブログが出てきたので

1ページプリントしてあげると、T氏はそれを読むや、「ほかのページも見れるかな」9ページ全て

プリントしてあげた。T氏はしばらくそれらに没頭してから、何やら呟きながら帰って行った。

私にも60歳を越えてから、こういうことが起こりうるのだろうか。

この世には恋と花とロマンしかないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

静岡へ行った

Lu

静岡市へ研修会に行った。伊豆箱根鉄道の中での光景。入口に向かって人々が集中している。

Bv


静岡市内のコンビニの中の椅子に黒人の若者が一人座り、音楽を聴きながら雑踏を眺めている。リズムに

合わせて、軽く首を振っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

また寒くなった。雲が厚くて、月は見えなかった。局が少し忙しかったので、夕方の散歩の頃はへばっていた。

散歩はいつもの半分でよかったかもしれない。

母は今、弟の家へお泊りに行っている。たまには、話し相手がいて、大事にしてくれるところへ行きたいだろう。

私はというと、ひとりになってやりたいほうだい!わ~~~~~~~~何も変わらんではないか。茶の間の

おこたの上は年中、母の薬箱、化粧品、筆立て、チリ紙でおおわれていた。その間に食器を置き、食事を

していた。おこたの上をまずきれいに片づけた。お腹の中を掃除したほど、気持ちがいい。

それはそうと、洗濯カゴが消えた。どうにもみつからん。もしかして母の衣類を入れて持って行ったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »