« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月29日 (水)

キリンの顔を彫った。

レリーフなので、当然厚みが足りない。しかも下絵は正面図だ。横向ければいい物を。

ともかく元気よく彫ることだ。夕方雨が降った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

ゆっくり、キリンを彫っている。

木表に深彫りしているせいか、彫っている間にも板が反ってきている気がする。

彫りあがりは、この週末かな。

ところで、アウンサンスーチーって、胡散臭いな。何十年もの幽閉暮らしの後、ついに権力の座についた今、

目が怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

朝、バイクで干物を買いに行った。海は静かだった。

キリンを彫った。夕方散歩をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

なんやしようむないもんつくってるんとちゃうやろか。きりん・・・悩むアーティストは、鑿を置き,バイクで

買い物しにエースへ向かった。

夕方になったら、近所の子供たちが私を外へ連れ出して、遊んでくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

きょうは朝から快調にキリンを彫った。

まだ、叩き鑿の段階だ。午前中だけ彫った。午後は英語の勉強などしてゆっくりした。

近頃、叩き鑿のハズレが多いなと思っていたのだがふと、ハンマーを見ると頭の打撃面の半分がつぶれている。

20年余り使っているウレタンハンマーで、頭の両面がつぶれていた。

アマゾンへ新品を注文した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

朝からキリンを始めるがきのう調子が良すぎて、活躍したせいか、…・体が重い。

作業場で本を読んでいた。

あと三日で彫りあがりにしたい。その後、馬場と同時に仕上げをして、看板を加えた3作をHPに乗せる。


散歩していると、「郵便局やめたんだって?もったいない!」と二人のおばさんに言われた。だが私は、

この新しい工房がとても気に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

Konnatuki


工房の外,風遠しのいいところでキリンを彫った。テーブルの上に板を置き、椅子に座って彫った。

これなら腰が楽だ。ぼちぼちやった。キリンの輪郭の深さを決めた。

レリーフは経験が少ないので、自信はあまりないが普通に取り組めば、それなりになるのでは・・と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

安倍川目指して、朝10時にバイクで出発。

明るい薄曇りの空なので緑の河川敷で、キンドル読むには都合がいいと思った。

静岡市のバイパスは、高架線で街のど真ん中を突っ切っている。静岡の向こうが

安倍川だ。社会人がユニフォームで野球をやっていた。私は、木陰のベンチでコンビニ弁当を

食べた。タルタルソースのかかったチキンカツ弁当。おいしかった。アイスクリームは溶けはじめて

いた。ピーナッツを一袋食べた。吹雪饅頭というものを食べた。昔からある大福に似た饅頭なのだが

そういう名前だったのだろうか。

ベンチに横になって昼寝した。まんべんなく曇った空に太陽は黒い傷跡のように見えた。雨粒が時折

落ちてきた。伊豆の国市の天気予報は夕6時から雨。安倍川では、もう少し早く降り始めるわけか。

キンドルには、奥田英朗の短編集が仕込んである。夫が突然、UFOを見たり、交信していると言い出した。

妻のとまどいと対策に走る姿を描いたものを読んでいたら、少し離れたベンチに若い男が犬と共に現れた。

シャツを着たテリアと戯れ始めた。ベンチの上には小型のスピーカーを置いて、どこと繋がっているのか、

盛んに音楽をやっている。

場所を変えて、UFOの話を読んでいると、雨粒の落ちるのが頻繁になった。

2時半、帰途へ。西から雨が追いかけてくるのだから、急げば雨に見舞われずに済むと思ったがそういうことには

ならなかった。雨の降りはだんだん強くなった。小雨なのだが走っていると、結構な雨に感じる。

沼津に入って、疲れを感じたので、バッティングセンターにはいり、1打席打って、お茶を飲んだ。

家へ着いたら5時だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

少し遅く起きた。

馬場にチークオイルをかけた。この後色つけから、蜜蝋クリーム仕上げ。

キリンは、次は叩き鑿というとことまでいった。と言っても実働20分。きょうは暑くて、仕事の日ではない。

働くべしという倫理観から自由になろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

シナの板にキリンの絵を描いた。

ルーターで輪郭を取った。ここのあたりが腰がなかなか上がらない所だが済ませてしまえば、あとは

快適な工房生活ができる。明日は電気チェンソーでキリンを浮かせる。

キリンはレリーフだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

kが田植えを終え、軽トラをかしてくれるというので、朝から借りてきて、カウンターの残骸やら、

看板の鉄骨、収納箱など積んで、きれいに捨ててきた。

Kに車を返して、まだ10時半だったが今日の仕事はこれでいいやと感じた。それでも、午後からぼちぼち馬場を

いじった。胸板は自然にできてくるものであり、けして最後に付け足すものではない。案の定、とってつけた胸板

になった。まいい。全体的にはいいできだ。

散歩は歩き始めは足が上がらなかったが歩いているうちに調子がでて、いくらでも歩けそうな気がした。キリンの

絵を描いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

午前中、馬場をもう一度、手を入れた。そしたら、厚い胸板を作り始めた。

この胸板が盛り上がったら、彫りあがりにしよう。仕上げは後にして、きりんのレリーフに行こう。

午後はバイクで免許センターへいき、二時間の講習を受けて、新しい免許証を受け取った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

役所へ納税証明書やら住民票やらもらいにいった。

馬場の腕は、くっついた。パテを接合部の隙間に埋めて、乾いたところで刃物できれいに整えた。

明日は、免許証の更新に行ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

毎日忙しく、そこかしこで人々は田植えをやっている。

馬場は彫りあがった。ダボで折れていた腕を繋いだ。あまり見事にはできなかった。

明日は隙間をパテで埋めよう。

バイクで三津の日曜市へ行った。イカの一夜干しと夏ミカンを買った。ちまきも買った。

夕方、そのバイクを洗った。ついでに犬も洗った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

ごくゆっくりだが馬場は、完成に向かっている。

あと顔と手を仕上げて、折れた腕をダボで繋ぐ作業をする。日曜日までには、彫りあげる。

次はキリンのレリーフだ。仕上げを水性ペンキで塗ってやる。

郵便局へいき、通帳の記帳などをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

晴れ

暑くもなく、寒くもなく、いちおう8時半には工房へ入り、彫り始めるようにはしている。

集中できる日もあれば、出来ない日もある。

午前中は彫って、午後は、修繕仕事とか、草むしりとか、ごみ片付けとかするのもいい。

きょうは午後、買い物に行った。帰って、しばらく彫って、散歩して、シャワーを浴びて、英会話の勉強して、

やることはあるのだが人とのふれあいが少ない。

局をやっているころから、「この仕事をやめたら、俺は社会との接点をうしなうぞ」と思っていたが

やはりそういうことだ。どうしたもんじゃいの~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

田んぼに水が入り,蛙の合唱が始まった。よく眠れそうだ。

午前中、馬場の顔を彫った。グーグルの画像から馬場の写真を捜し、スケッチして、それを見ながら彫った。

わりと似ているんではないかと思う。

午後は、バイクに乗り、遊んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

アリが死んだ

同窓会へ行ってきた。ミニバスで海へ出て、城ヶ崎を散策してl昼は洒落た和食をいただいた。

皆さんの言うには、私は昔の面影がないそうだ。苦労したせいではなく、20キロもウェイトが増えたせいだと思う。

モハメッド アリが死んだ。

14歳の時アリがジョーに敗れる姿を見た。その後、アリは3年半世界を転戦した。それを追ううち、

私は、アリのファンになっていた。

17歳の時、アリがフォアマンを倒すのを見た。私はアリのようにドラマティックに生きたいと望んだ。

私の人生にアリの栄光はなかったがアリの魂はいつも私のそばにあった。

きょう、アリが死んだ。だがこれまで同様アリは私と共にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

工房の整理をした。ぼちぼちやった。汗をかくと、窓から開き戸へ抜ける風が涼しかった。

夜は英語の勉強。スカイプの先生はだいたい二人が主になっている。ヤーファとイェレナ先生だ。

二人とも先生らしい先生で、ヤーファはおっとりして、私の答えをニコニコと楽しそうに聞いてくれる。

イェレナ先生は、少し年かさで、元気で歯切れがいい。よく笑い、新鮮な教材を提供してくれる。

二人ともセルビア人だ。ガイジンさんなので、初めは緊張したが近頃は、少し慣れてきた。

英語の向上より、日本語の発音がよくなればと始めたが楽しくなった。

愛らしい女子学生の先生などもいるが話していて、私の顔がいやらしくなっているのか、以後長く

休んだり、授業の時間帯を昼間に替えたりする。

気のせい?だいたい先生同士の情報交換の場があるらしく、スケベオヤジ・オジイの情報は一瞬にして

拡がるのだ。「わたしのこと、やらしい眼で見るのよ。リピしてきたのでキャンセルしてやったわ」

「私の時もあのオヤジ胸とかチラチラ見るの。こんど予約してきたら、キャンセルよ」と、再度の私の

予約を待っているのだ。そういう息づかいを感じた時は、もう予約しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

局のカウンターを撤去した。ハンマーとバールと電気チェーンソウを使った。

これで工房らしくなりそうだ。しばらく工房作りをしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »