« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月23日 (火)

チノパンツを買おうと、大仁のチクマへ行ったら、案の定、定休日だった。

明日また行く。長期の旅行には綿ぱんつがいい。がさばらない、洗濯しやすい。寒さにも暑さにも対応する

ように思う。

行けるうちに行っておく。スリランカ旅行は、27日出発だ。

英語の勉強だけは、もう1年以上倦まずたゆまずやっている。木彫りへの情熱より英語の学習意欲の方が

高い。近頃、英語では自分は4歳児だと気付いた。それと、いちいち気の利いたことをしやべらなくていい。

と思ったら、言葉が出てくるようになった。

スリランカは英語がわりに普及しているようなので使えそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

Utw_001

夜中に寝床で鉢に手の小指を刺された。蜂はどこへ行ったのか見えない。30分ほど痛みに耐えると、

楽になった。すると、体のあちこちがかゆくなった。

竜頭観音を今日も少し彫ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

彫りかけ・竜頭観音

Uui_001


Vgv_002

計算通りに進んでいる。ような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

竜頭観音を彫った。きょうは好調に手が動いた。できあがりそうな気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

Cocolog_oekaki_2017_05_16_22_04


上図が竜頭観音で、これをきょうヒノキで切り抜いたのだが、削っていて、なにやっているんだろうと

不安になってくる。こういう時、彫りあげるまで、信じる気持ちが必要だ。じゃないとまた失敗作を作る

ことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

Batou22_001_2


Batou22_002_2


馬頭観音彫りあがり。きょうは降ったりやんだりだった。

写真で見ると、首と手が粗いんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

切り抜きから始めて、だいたい彫れた。あした耳を付ける。

寒い。よく降った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬頭観音。馬の頭部に人の体というだけのものだ。今回も失敗。三つ連続で失敗している。

あすは、物にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

馬頭観音をバンドソーで切り抜いた。きのうやっていた地蔵は彫りあがった。

この地蔵のシンプルな造りを応用して、馬頭を彫りあげたい。バイクをバイク屋へ預けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

檜で小物を作っている。

柔らかい木で、単純な形を機械まで使って彫っているので、楽だ。ところで俺は、バンドソーを

使わんと彫れないからだになっとるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早く起きた。

お地蔵を彫り始めたがのこぎり入れる場所を間違え、中止した。今日新たに始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

近くの整形外科医へいき、診断書をもらった。

昨日バイクで交差点に入ったら、信号無視の車が目の前を横切り、急ブレーキをかけたら、スリップして

転倒した。バイクに片足を挟まれたまま、「その車とまれぇ!」と叫んだ。

警察の事故の検証は、目撃者が証言してくれたのでよかった。ともかく無事でよかった。

右の靴は編んだ紐が上から下まで、袈裟懸けにすべて断ち切られていた。

何が切ったのかわからない。無事だったのはラッキーだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

馬頭観音は、すいすい進んでいる。

材のヒノキが柔らかい上、電動彫刻刀を導入して、使用しているため疲れない。出来はあまり

気にしない。何か作っていりゃ、それでいい。

いい天気だった。80歳を過ぎて、自分の農園で毎日仕事している人がいる。散歩の途中であいさつする。

耕したり、グラインダーで火花をとばしていたり、篩をつくっていたり、きょうは、板材を大釜にいれて、茹でていた。

何に使うのかなと思ったが聞きそびれた。

もへじ氏のブログを見た。早朝の千曲川で目撃した鴨の群れが螺旋状に飛び立ってゆくさま。上昇気流を

利用した鴨の北帰の光景だ。見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »